お口の健康

入れ歯

抜歯した後に補う方法(入れ歯)

こんばんは。
酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

前回はブリッジについてお話ししました。
今回は入れ歯についてお話しします。

入れ歯は大きく分けて二つに分かれます。
・全部床義歯(フルデンチャー)
・部分床義歯(パーシャルデンチャー)
です。

字の通り、全部床義歯は歯がすべてなくなってしまった場合に入れる入れ歯です。
部分床義歯は、歯(歯冠)が1本でも残っている場合に入れる入れ歯です。

ブリッジに比べた利点は
・抜いた歯の隣の歯を大きく削らなくてもすむ。
・長時間、お口を開けていなくても済む。

欠点は
・違和感が大きい。
・ブリッジに比べて噛みにくい。
・抜いた歯の隣の歯や反対側にバネが必要(保険外のものはバネなしにできる場合もあります)
・バネをかけている歯に負担がかかる。
・夜寝るときは基本的に外さなければならない。

です。

入れ歯にもいろいろ種類があるため、また詳しく説明しますね。

なにかわからないことがあれば、スタッフ、ドクターにお声掛けください。

次回はインプラントについてお話しします。

関連記事

  1. 犬歯

    犬歯の役割

  2. 口呼吸

    口呼吸の影響1

  3. 歯科治療

    妊婦さんと歯科治療3(薬編)

  4. デンチャー

    抜歯した後に補う方法(自費の総入れ歯)

  5. 治療

    虫歯の治療8

  6. 象牙質とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP