お口の健康

口臭

口臭について4

おはようございます!
酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

前回の続きで、口臭の原因は「舌苔(ぜったい)」も関係しています。
今回は、舌のケアについてお話します。

鏡に向かって「ベーッ!」とやってみてください。
舌の表面が「うっすらと白っぽく見えるピンク色」でなければ要注意です。

「舌苔」という”臭いの素”がまとわりついている可能性があります。

一口に「口臭」といっても、種類は様々です。

歯や義歯の汚れ、歯周病などの歯茎の異常、唾液の分泌量の低下、扁桃腺炎や副鼻腔炎など耳鼻咽喉科領域の疾患、飲食物やタバコの影響などの他、実際には大した臭いが出ているわけでもないのに、「自分の口は臭い」と思い込んでしまう「精神的な口臭」というのもあります。

その中で口臭の原因として大きいものが「舌苔」です。

舌苔とは、舌の表面、特に舌の中央部から奥のほうに多く付着する粘り気のある物質です。

口の中の粘膜から剥がれ落ちた細胞や、食べ物のカス、白血球などの血液成分や細菌によって構成され、揮発性硫黄化合物という、卵が腐ったような悪臭を放つ物質を発生させます。

舌苔は、人によって「できやすさ」が異なります。

たとえば常に口を開けている癖のある人は、口腔内が乾燥するため舌の汚れがこびりついて落ちにくくなります。

ストレスなどによって唾液の分泌量が少ない人も同様です。

また、加齢などで舌の運動機能が低下したり、唾液の分泌が少なくなると、口の中の汚れを落としにくくなり、舌苔も増えてきます。

さらに舌の位置もポイントです。

通常の舌は上あごにくっついているため摩擦によって汚れが落ちていきますが、口呼吸の人や受け口の人などは舌の位置が低く、上あごに擦れることがないため、どんどん汚れが溜まっていきます。

口臭を抑えるためにも、舌をキレイにして舌苔を取り除いてあげましょう。

そのケア方法をご紹介します。

1.適度な舌磨き


専用の舌ブラシを使い、舌苔を落とします。

ポイントは優しく丁寧に行うこと。

まずは鏡を見ながら舌を突き出し、舌苔の範囲を確認しましょう。

そして水に浸した舌ブラシを舌苔の一番奥に当て、軽い力で手前に引いてください。

この時強い力をかけると舌を傷つけてしまい、逆に臭いの原因となるため、あくまで優しく行いましょう。

一度引くごとに舌ブラシを水で洗います。

これをブラシに汚れがつかなくなるまで繰り返しましょう。

キレイに舌苔を落とせるはずです。

ただし、磨きすぎには注意してください。

1日に1回、起床時のみで充分です。

2.薬用マウスウォッシュの使用


舌磨きの時間がない時や、より舌磨き後の仕上げのケアをしたい時などは、殺菌作用のある薬用マウスウォッシュの効果的な使用がおすすめです。

嫌な臭いの元となる細菌を殺菌することができます。

お口が渇きやすい方はアルコールが入っていないものを選ばれるといいと思います。

舌ブラシと併用する場合は、舌磨きの後に行うと効果的です。

このように、お口の中を清潔に保ち、口臭のない生活を送りましょう。

なにか気になることがあればご連絡ください。

関連記事

  1. フッ素

    フッ素の効果

  2. 前歯

    前歯の役割

  3. デンタルフロス

    歯の予防と正しい歯の磨き方

  4. エナメル質とは

  5. 臼歯

    奥歯(臼歯)の働き

  6. 乳歯

    乳歯の生え変わりの仕組み

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP