歯の治療

治療

虫歯の治療8

おはようございます!
酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

前回までは歯を残せる場合の治療についてお話してきました。
今回からは、残念ながら抜歯が必要になった場合のお話をします。

抜歯の原因にはいろいろありますが、
・歯周病が進んでしまった
・虫歯が深くまで進んでしまった
・歯が折れてしまった

主にはこのような原因があげられます。

以前もお話した通り、歯周病は症状なく経過するため、噛んで痛かったり、ぐらぐらするのがひどくなった時には抜歯せざるを得ない、ということが多いです。

虫歯が原因で抜歯となる場合は、ほとんどが神経をとった歯でおこります。
神経をとった歯は虫歯になってもしみたり、痛みが出ることが少ないため、気づくことなく進行してしまうことが多くあります。

このように、ご自身で普通に生活をしていても気づかなく歯を失ってしまうこともあるため、
定期的な検診が歯を守ることに繋がります。

歯を失ってしまった場合は、その部分を補うために、
・ブリッジ
・入れ歯
・インプラント
があります。

もし、歯を失ってそのまま放置した場合はどうなってしまうのでしょうか。

次回、またお話しします。

関連記事

  1. 入れ歯

    抜歯した後に補う方法(入れ歯)

  2. ブリッジ

    抜歯した後に補う方法(ブリッジ編)

  3. 歯周病

    虫歯と歯周病の違い

  4. 虫歯の治療3

  5. 抜歯

    抜歯した後に補う方法

  6. 歯科治療

    妊婦さんと歯科治療3(薬編)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP