歯の治療

虫歯の治療7

おはようございます!
酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

虫歯の治療の続きです。

前回は根管充填についてお話しました。
レントゲンで、神経に代わる材料がしっかりと入っていれば、根の治療は終わりです。

根の治療をした歯は歯の頭の部分(歯冠)に大きく穴を開けて治療しているため、
その部分を材料で置き換えなくてはいけません。

歯の根より上の部分の歯がどのくらい残っているかで、治療法は少し違います。

歯が少ない場合は、型取りをして技工士さんに土台となる部分を作ってもらいます。
この土台を「コア」と言います。

歯が多く残っている場合は、歯に直接土台の材料を入れることができるため、
回数も1回分減らすことができたり、歯を削る料を少なくすることができます。

この根の上の土台ができたら、最後のかぶせ物を作っていきます。

また次回お話しますね。

関連記事

  1. 歯科治療

    妊婦さんと歯科治療3(薬編)

  2. 虫歯

    虫歯に対して強い歯と弱い歯

  3. 無痛治療

    無痛治療・できる限り痛みの少ない歯の治療

  4. 抜歯

    歯を抜いて放置したらどうなるでしょうか?

  5. 虫歯の治療2

  6. 被せ物の種類(前歯)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP