お口の健康

セラミック

奥歯のつめもの(型どりするもの)

おはようございます!
酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

前回までは、被せるタイプのものについてお話ししました。

今回は、神経を残せている歯で、一部分の型どりが必要なものについてお話します。

種類は
・e-max
・ジルコニア
・ゴールド
・銀歯

から選んでいただけます。

保険でできるものは 銀歯
自費のものは e-max、ジルコニア、ゴールド です。

それぞれの特徴です。

<銀歯>
保険の銀歯。
長所
・健康保険が適用できる
短所
・プラーク(歯の汚れ)が つきやすく虫歯の再発・歯周病 になりやすい
・金属レルギーになる可能性が ある
・色が目立つ

<e-max>
白いセラミックのもの。
長所
・ツルっとしていてプラーク(歯の汚れ)がつきにくい
・金属アレルギーにならない
・自然で透明感のある色
短所
・欠けることがまれにある

<ジルコニア>
白くて丈夫なジルコニアという材料のもの。
長所
・ツルっとしていてプラーク(歯の汚れ)がつきにくい
・金属アレルギーにならない
・硬い
短所
・欠けることがまれにある(白いものの中では一番丈夫です)

<ゴールド>
金合金でつくられるもの。
長所
・歯によくなじむので虫歯の再発の 可能性が低い
・金は薄くても割れる恐れが少ない ため歯を削る量が少なくてすむ
・金属アレルギーになりにくい
短所
・色が目立つ (銀歯と同じくらいです)

かみ合わせの強い方、金属アレルギーの方、残っている歯の量、によっても
おすすめするものは変わってきます。

なにかありましたら、ご相談にのりますので、ご連絡ください。

関連記事

  1. 臼歯

    奥歯(臼歯)の働き

  2. セラミック

    被せ物の種類(奥歯)

  3. 口臭

    口臭について4

  4. 口呼吸

    口呼吸の影響1

  5. 口臭について1

  6. 歯根膜

    歯根膜とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP