歯の病気

歯根嚢胞

歯根嚢胞 しこんのうほう という歯の病気

歯根嚢胞という歯の病気の名前を聞いたことがある人は少ないかもしれませんが、歯根嚢胞(しこんのうほう)とうい歯の病気は実際には比較的良くある口の中の病気です。

以前に歯の神経を抜いたことがあったり、根の治療をしたりと、治療経験のある人は、経過が悪いとkこの歯根嚢胞(しこんのうほう)が起こりやすい傾向があります。簡潔にまとめると歯根嚢胞(しこんのうほう)とは、歯の根に先に膿がたまる病気です。

また、この歯根嚢胞(しこんのうほう)という歯の病気は、もし放置すれば、細菌の感染が広がってしまい、我慢できないほどの激しい痛みに見舞われることもあるので、はやめに歯医者さんにご相談されてください。

関連記事

  1. リスクファクター

    歯周病のリスクファクター2

  2. 歯周病

    歯周病とは(治療編 番外編)

  3. 歯周病

    歯周病とは(健康な歯と骨の関係)

  4. 歯周病

    歯周病とは(治療編)

  5. 虫歯でなくても歯は溶ける?

  6. 妊婦と歯周病

    妊婦さんと歯周病1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP