山形県酒田市の歯医者│沢田歯科医院│予防に重きを置き地域の皆様のお口の健康を守ります

TEL0234-26-4448

休診日:日曜、祝日

山形県酒田市の歯医者|沢田歯科医院ブログでタグ「隙間」が付けられているもの

前歯のはえかわり

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

今回は、「上の前歯のはえかわり」についてお話します。



上の前歯は6歳くらいに、乳歯(こどもの歯)から永久歯(おとなの歯)に生え変わりはじめます。

 歯科医師の間ではこの時期を「みにくいアヒルの子の時期」と呼びます。

今までの乳歯は、小さくて白いかわいい歯でした。

その乳歯が抜けて、しばらくしてようやく生えてきた永久歯は、サイズはかなり大きくなって、色も少し黄色味がかっています。

そして、少し外開きの八の字のように生えてきて、真ん中に隙間があることがあります。

 

この隙間は、異常なことではありません。

真ん中2本のとなりに、永久歯が生えてくると、少し隙間の量が減ります。

そして、犬歯が生えてきて、安定します。

ほとんどの場合、前歯4本生え変わって、犬歯が生えてくることで、自然に治っていきます。

なので、前歯が生えそろうまで、何年かの辛抱です。



 

しかし、自然に治っていかないこともあります。

・余分な歯が、骨の中に埋まっている。

・粘膜の筋が、間に入り込んでいる。

・舌を出すなど、悪習癖がある。

など、他に原因があると、自然に隙間が閉じていかない場合もあります。

 

お子さんの前歯に隙間はあいていませんか?

気になる方は、ぜひ気軽にご相談ください。


乳歯の隙間について2

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

前回は乳歯の隙間はあったほうが、永久歯の歯並びがよくなりやすい、とお話しました。

しかし、気をつけていただきたい隙間もあります。

「上唇小帯異常」というものです。

上唇小帯とは、「上唇の真ん中から前歯の間に向かって伸びているすじ」をさします。

「上唇小帯」の画像検索結果

小さい頃は、歯に近い位置にありますが、成長とともに歯から離れた位置に移動していきます。

誰にでもありますが、
  • 前歯(主に乳歯)が磨きにくく、歯ブラシが あたると痛がる
  • 永久歯の間にすじが入り込み、前歯の隙間があいてしまう。

など、じゃまになるようなものを上唇小帯異常としています。


「上唇小帯」の画像検索結果 


このように、前歯の歯と歯の間まで伸びていて、隙間が空いている場合は注意が必要です。

乳歯の時期であれば、このような隙間が見られても、様子見で大丈夫です。

これからのからだの成長・発育に伴い顔の3次元的(たて、よこ、奥行き)な成長・発育もあり、小帯の付着位置が相対的に変化します。

つまり、鼻の下の歯槽骨のたての成長に伴い、小帯の長さは変わらないのでだんだんと上方(正常)に近い位置に変化することが多いので、直ちに切除して付着位置を修正しなければならないことはありません。

永久歯が萌出してくる6歳位まで様子を見て、それでも位置が歯に近い状態にあるときには、口腔外科で小帯を切除するか、相談していただいたほうが良いでしょう。



乳歯の時期の隙間について

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

今回は患者さんに聞かれることのある「乳歯の時期の隙間は大丈夫か?」ということについてお話します。


生後半年くらいを過ぎると、乳歯が生え始めてきます。

大体始めに生えてくるのは下顎中切歯(一番前の歯)で、始めこの位置で大丈夫?と心配されることもありますが、他の歯がはえてくると揃ってきます。

2歳-3歳前後になると乳歯が生えそろい、大体隙間がなく揃ってきます。
乳歯列期に隙間がないと永久歯になると並ぶスペースが足りないため、叢生(デコボコ、乱ぐい歯、八重歯)になりやすいのですが、この時期はまだ揃っていても大丈夫です。

5歳を過ぎ、6歳くらいになり、永久歯に生え変わるころになると少し歯と歯の間に隙間が出てきます。

この隙間は必要な隙間で、顎の成長によるもので、永久歯の生える準備が進んでいることを意味しています。
この時期に全く隙間が出来てこないと、永久歯に生え変わった際に叢生になる可能性があります。


乳歯に比べ、永久歯の大きさは大きいため、この隙間がないと生えるスペースがなく、正常な位置に永久歯が生えることができず、歯並びが悪くなります。


「乳歯 歯並び 隙...」の画像検索結果


顎の骨が成長する時期は、しっかりと噛むことで顎の成長を促し、綺麗な歯並びを目指しましょう。


歯並びが綺麗であれば、汚れもたまりにくい環境をつくることができたり、歯に過剰な力をかける可能性を小さくすることもできます。

将来、虫歯や歯周病になりにくく、また歯の破折を防ぎやすくこともできます。

お子さんのお口の健康のためにも、しっかりと気をつけてあげましょう。




タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

↑ PAGE TOP