山形県酒田市の歯医者│沢田歯科医院│予防に重きを置き地域の皆様のお口の健康を守ります

TEL0234-26-4448

休診日:日曜、祝日

山形県酒田市の歯医者|沢田歯科医院ブログでタグ「違い」が付けられているもの

虫歯と歯周病の違い

|
こんにちは!
酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

先日、読んだ記事にこんなことが書いてありました。

サンスターが全国の30代・40代の男女500人に対して行なった歯周病に関する調査によれば、歯周病の認知率は9割以上の92.0%だった。
 しかし、歯周病認知者460名を対象に、歯周病とむし歯の違いに関して質問したところ、約6割の56.0%の人が、違いを理解していないと回答。
ほとんどの人が、歯周病という言葉そのものは知っているにも関わらず、歯周病について正しく理解されていないことがわかった。

こんな記事でした。



ということで、今回は「むし歯と歯周病の違いについて」お話します。 


歯周病もむし歯も細菌が原因で起こることは同じですが、それぞれ異なる細菌が主原因となります。

むし歯の原因となる菌は歯の表面で酸を出し,歯を溶かしていくのに対し、
歯周病は歯周プラーク(歯垢)の中の歯周病菌が歯と歯のすき間に入り込み、歯周病菌が増殖することで、ハグキに炎症を起こし、徐々にその炎症が歯の周りの組織を破壊していきます。
歯周病菌は多かれ少なかれすべての人のお口の中に存在しますが、すべての人が歯周病にかかっているというわけではありません。
歯周病が発症するかどうかは、歯周病菌と、歯周病菌から身体を守ろうとする生体防御機能とのバランスが関わっています

むし歯の場合は、神経が残っていれば、冷たいものがしみたり、何かしらの症状があることが多いです。
それに対し、歯周病は痛みなどの自覚症状がなく進行するので、別名Silent Disease(静かに進行する病気)と呼ばれ、症状が進行すると歯を支える骨(歯槽骨)を溶かし、やがて歯が抜けてしまう原因にもなります。
つまり、無自覚のうちに進行し、症状を自覚したころに、歯医者に駆け込んでも手遅れ、歯を抜かざるを得ない状況に。なってしまうことが多いのです。
歯が抜けると好きな食べ物が食べにくくなり、生活の質(Quality of Life)が低下します。
手遅れになる前に予防することが大切です。
歯が抜け始めるのが50 代から急増するのは30 代?40 代で歯周病にかかっていることに気づかずに、見過ごしてしまうことが影響していると考えられます


歯周病は単にお口の中だけの病気ではありません。
現在では、歯周病と全身の関連性が注目されており、特に歯周病と糖尿病の関係性はよく知られています。
そのほかにも、動脈硬化、関節リウマチや誤嚥性肺炎や低体重児出産への影響、また骨粗しょう症、認知症と歯周病との関連も報告されています。
このように、歯周病は、口内だけの問題ととらえず、全身の健康を守るためにも重要であるという認識が必要です

歯周病を予防する際に、最も大切なことは日々のプラーク(歯垢)除去です。
ハブラシによるブラッシングだけでなく、歯間清掃具を使ったプラーク(歯垢)の除去が効果的です。
歯間のプラークの除去率は、ブラッシングだけでは61%ですが、フロス、歯間ブラシを追加すると85%にまで高まるとも言われています。

歯みがきの際は、殺菌効果や、抗炎症効果、血行促進効果のある歯磨剤を用いることも有効です。
また、自宅でのセルフケアに加え、定期的に歯科医院で専門的なクリーニングを受けることも極めて重要です

50代以降の方にとったアンケートによると、日ごろからケアしておけばよかったと思う体の部位の第一位が「歯」なのです。
手遅れになる前に、普段からのケアで健康な日々を目指しましょう。

沢田歯科医院では、保険治療で毎月クリーニングを受けたり、フッ素を塗ってただくことが可能です。(できない場合もあります。)
もしご興味をお持ちでしたら、ご連絡ください。

抜歯した後に補う方法(ブリッジ編)

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

抜歯をして歯がなくなった部位に歯を補う方法として
・ブリッジ
・入れ歯
・インプラント
があることは以前お話ししました。


今回はブリッジについてお話しします。

ブリッジとは、歯がなくなってしまった部位の隣在歯(両隣の歯)を削り、橋渡しのような形で補う方法です。


保険で歯がないところを補うには、ブリッジと入れ歯があります。

入れ歯に比べてブリッジのメリットは
・違和感が少ない
・取り外しの必要がない
・バネがないため見た目がいい
 ことです。

入れ歯に比べてのデメリットは
・両隣りの歯を削らなければならなく、場合によってはしみるようになったり、神経をとらないといけなくなる

ことです。



ブリッジには保険のもの、自費のものがあり、素材が違います。
また、保険でも作る部位によっては見える部分を白く作ることができます。

自費のものでは、セラミックやジルコニアなど、見た目がきれいなものも選んでいただけます。

ブリッジの場合は、歯がない部分が大きいと対象外となる場合もあるため、もしご興味があればご連絡ください。

こんにちは!

 

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

 

本日は入れ歯の種類についてお話しします。

 

以前、保険で作る

 

・全部床義歯(フルデンチャー)

・部分床義歯(パーシャルデンチャー)

のお話はしました。

 

今日は自費(一般)治療で作ることのできる入れ歯についてお話しします。

 

歯が1本もなくなってしまった場合の全部床義歯(フルデンチャー)の場合、

当院で自費(一般)で作る入れ歯は「金属床」というものです。

 

フルデンチャーは上顎を覆う形になり、プラスチックで作るのですが、

その顎を覆う部分を金属で作ります。

 

金属のメリットとしては

・丈夫で壊れにくい

・丈夫なため薄く作ることができ違和感が少ない

・食べ物の温度を伝えるため、より美味しくお食事をとれます。

・違和感が少ないため、お話しするときに保険のものに比べてお話ししやすい。


などです。


金額は使う金属により違ってきます。

また詳しくはスタッフにお声掛けください。


 

永久歯と乳歯の違い

|
おはようございます。

沢田です。

今までは歯の構造についてお話しました。

今回は「乳歯」と「永久歯」の違いについてです。

大きく違うところは、色、大きさ、歯の構造の大きさ、の違いです。

「永久歯 乳歯」の画像検索結果


まず、色は乳歯のほうが、永久歯に比べ、白い色をしています。
たまに「大人の歯の色が黄色い」と質問されますが、それが正常です。
ちなみに、大人の歯は象牙質がだんだん厚くなってくるため、徐々に色は黄色っぽくなっていきます。

大きさは、おわかりだと思いますが、乳歯のほうが小さいです。
そのため、乳歯の時期には歯と歯の間には隙間があったほうが、大人の歯が並ぶスペースを確保しやすいため、歯並びがよくなる傾向があります。

最後に、歯の構造の違いです。
乳歯も永久歯と同じようにそれぞれのパーツの名前も構造もほぼ同じです。
しかし、乳歯のエナメル質・象牙質の厚みは永久歯の半分程度と薄くなっています。
また、乳歯は永久歯にくらべ石灰化が不十分であるため、歯は虫歯に対してとても弱い構造をしています。
そして歯の大きさに対して歯髄腔(歯髄の部屋)の大きさの割合が大きくなっているため、虫歯は神経に到達するスピードも速いと言えます。


また「歯の生え変わり」について詳しくお話しますが、子供の歯は抜けるから虫歯になっていいという考えは間違っています。
乳歯の頃から虫歯を作らないことが、将来のお子さんのお口の健康につながります。


お子さんのお口の中のことで気になることがあれば、ぜひご来院ください。


タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

↑ PAGE TOP