山形県酒田市の歯医者│沢田歯科医院│予防に重きを置き地域の皆様のお口の健康を守ります

TEL0234-26-4448

休診日:日曜、祝日

山形県酒田市の歯医者|沢田歯科医院ブログでタグ「象牙質」が付けられているもの

セメント質とは

|
こんにちは。

沢田です。

今回はセメント質についてお話します。

セメント質は、歯根部の象牙質表面をおおう 薄い硬組織です。
骨と同程度の硬さで エナメル質と比べると柔らかい、黄味を帯びた白色の光沢がない組織です。
このセメント質の組成は、象牙質や骨組織とほとんど同じで、約65パーセントが ハイドロキシアパタイトという無機質からできています。
そして、残りの約23パーセントが 有機質(コラーゲン)です。

 

セメント質には歯根膜(歯周靱帯)と呼ばれる コラーゲンを主体とした 線維質のものが 束になって入り込んでおり、反対側にある 歯槽骨にも同じように歯根膜が入り込み、歯と歯槽骨をつなぎとめる役割をしています。

また、この歯根膜は クッションの役割も果たしており、歯に加わる 強い咬み合せの力から 歯をまもる働きもあります。

「セメント質 歯」の画像検索結果

セメント質の栄養は 象牙質や歯髄からではなく、歯根膜から栄養を受けています。

そのため、歯髄が死んでしまったり、抜髄されたりして 歯髄がなくなっても セメント質の機能は障害されず、歯はなんら不自由なく 使うことができます。


 このセメント質が「セメント質剥離」という状態になってしまうと、歯を支える周りの骨がなくなってしまうため、最悪の場合、抜歯せざるを得なくなることもあります。

セメント質は歯を支えるのにも大切な組織のひとつです。



象牙質とは

|
おはようございます。

沢田です。

先日、私たちの歯の表面は、硬いエナメル質で覆われているというお話をしました。
そして、そのエナメル質の中には、エナメル質よりも柔らかい「象牙質」という部分があります。
象牙質は、名前のとおり象牙に似たクリーム色を帯びた黄色をしていて、歯の大部分を占めています。
象牙質はおもに「ハイドロキシアパタイト」という成分とコラーゲン繊維とたんぱく質からなり、同じ歯の一部でありながら、エナメル質とはまったく違う組成になっています。


歯全体がエナメル質でできているとすると、硬くてもろいエナメル質は、強い衝撃を受けた際に割れてしまいます。
お皿などが割れるイメージです。

しかし、象牙質はエナメル質より柔らかく、衝撃を受けても割れにくいため、内側からエナメル質を支えることができるのです。
そのおかげで歯は簡単には割れないようになっています。

この象牙質の部分には神経の入り口のような「象牙細管」といものが存在するため、虫歯がここまで広がったり、冷たいもの熱いものなどの刺激がくると、しみたりといった症状が出てきます。

この部分まで虫歯が進んでしまった場合は自然に治ることは考えにくいため、早めの治療が必要となります。


次回は「セメント質」についてお話しますね。

歯の構造

|
おはようございます!

沢田です。

前回までは、歯のそれぞれの働きについて書きました。
今回は「歯の構造」についてお話します。



歯は、「歯冠」と「歯根」のふたつの部位に大きく分けられます。

「歯冠」とは歯ぐきから上に出ている部分のことです。「歯根」は、歯ぐきの中の、骨に埋まっている部分のことを指します。

また、歯は下の図のようにいくつもの組織から成り立っています。



「エナメル質」

歯冠の表面部をエナメル質と言います。

エナメル質は、人体で最も硬い組織であり、様々な刺激から歯の神経を守る役割をします。

エナメル質は小さな虫歯ができても症状なく経過することが多いです。


「象牙質(ぞうげしつ)」

エナメル質の内側にある組織であり、歯冠から歯根まで歯の大部分を占めています。

エナメル質よりも柔らかい組織であるため、虫歯が象牙質まで進むと、進行が早くなります。

また、象牙質に刺激が加わると痛みを感じるようになります。


「歯髄(しずい)」

象牙質の内側で歯の中心部にある組織です。

「歯の神経」とよく表現される部分です。

この中には、血管、リンパ管、神経線維などがあり、歯の痛みを感じるのは主にこの歯髄です。

歯に栄養を与えてたり、象牙質の形成をする役割があります。

「歯の神経を抜く」というのは、この「歯髄」を取り除くことをいいます。

神経をとる処置をすると歯の寿命は短くなるため、可能な限り神経をとらないように、

象牙質まで進んでしまった虫歯は早めの治療をしたほうがいいと考えられています。



「セメント質」

歯の歯根の表面を覆い、歯根膜線維がくっつく部分をセメント質といいます。

セメント質は、歯根面の大部分を覆っており、無機質で主成分であるハイドロキシアパタイトが約60%、その他に有機物が25%、そして15%の水で構成されています。



「歯根膜(しこんまく)」

歯と歯を支えている骨の間には、「歯根膜」という組織があります。
この中には強い歯根膜繊維が存在し、この繊維の両端はしっかりと歯と歯槽骨に入り込んで両者をつなげています。
歯がこの骨から抜けないのは、この繊維のおかげです。
また、この膜は歯に加わる力に対するクッションの役目も担っており、脳の神経で最大の三叉神経の枝が多く分布しています。
噛んだときに歯根膜に加わった力は、この神経を伝わり脳に伝わります。
すなわち口腔と脳をつなぐセンサーです。
歯根膜からのセンサーは、脳の中で意欲、思考、記憶などに関係する部分に伝わり、脳を刺激することがわかっています。


「歯肉(しにく)」

歯冠の下にあるピンク色の粘膜で、一般的に「歯ぐき」と呼ばれる部位です。

歯肉は、顎の骨を覆うことで保護する役割があります。

歯肉にも、遊離歯肉、付着歯肉など分類されています。詳しくはまた後日書かせていただきます。


「歯槽骨(しそうこつ)」

歯を支えている顎の骨のことです。

歯周病が進行すると、この歯槽骨が破壊されるために歯を支えることができなくなり、歯が抜けてしまうことがあります。


このように、歯はとても複雑な構造をしています。
次回から少し詳しくお話していきますね。



タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

↑ PAGE TOP