山形県酒田市の歯医者│沢田歯科医院│予防に重きを置き地域の皆様のお口の健康を守ります

TEL0234-26-4448

休診日:日曜、祝日

山形県酒田市の歯医者|沢田歯科医院ブログでタグ「治療」が付けられているもの

虫歯の治療5

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

前回は、「抜髄」についてお話しました。
今回は「感染根管処置」についてお話します。


感染根管処置とは、細菌が歯髄(神経)に到達後、根管壁の象牙質に及んでいる場合、その根管を感染根管と言います。
根の先まで細菌が進み、根の先に病巣ができる、根尖性歯周炎を伴う事が多いです。

感染根管の状態になるには、次の2つの経路が考えられます。
・歯髄が細菌に感染し、歯髄が死んでしまい(歯髄壊死)感染根管となる。
・根管治療が終わり、根管充填したが、一定期間後に再び根管が細菌感染する。

抜髄とは違い、感染が起きてしまっているため、治るのにも時間と回数がかかります。

また、感染根管治療は治療をして100%治るとも限らず、難しい治療となります。
治療をしても治りが悪い場合は抜歯となります。

神経をとる治療になる前に、定期的な検診で予防しましょう。

虫歯の治療3

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。


前回の続きからお話します。


C2
エナメル質の下の象牙質まで虫歯が進行した状態です。
冷たいものを飲んだり甘いものを食べたりした時に、歯がしみたり痛んだりします。
ここまで進んでいても、症状がなく気づかない場合もあります。

この段階では虫歯になった部分を削り、CR(プラスチックの白いつめもの)や、In(型取りをして金属やセラミックなどで作るもの)によって治療します。

CRになるか、In(型取りが必要)になるかは、虫歯の範囲や位置によって決まります。
CRですむ場合は1回で終わります。
歯に比べ、硬さは弱いため、また欠けたりすることはありますが、Inに比べ歯を削る量が少なくすみます。
Inの場合は型取りが必要になるため、型取り→作ったもののset と2回の治療となります。
Inは保険の銀色のもの、虫歯になりにくい金で作ったもの、審美性(見た目)に優れた白いセラミックから選んでいただきます。

実際、虫歯がどこまで進んでいるかは削ってみないとわからないため、
この虫歯が神経まで進んでいた場合は神経をとる処置となります。

次回は神経をとる処置についてお話します。


虫歯の治療2

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

前回は虫歯の段階(大きさ)についてお話しました。

今回からは虫歯の段階にわけて治療方法を詳しくお話します。



C0

虫歯になりかけの段階です。
この時点では、まだ削る治療はしなくても、フッ素塗布などによる再石灰化により進行を抑えることができる段階です。
詳しくは以前のブログに載せていますので、虫歯にならないような生活習慣を心掛けましょう。

C1

エナメル質が虫歯になっている状態です。
この段階であれば、虫歯の部分を削り、CR(コンポジットレジン)と呼ばれるプラスチックのような白いつめものをするだけで治療できることが多いです。
削っても痛みのない場合が多く、麻酔もせずに治療できます。
この小さい虫歯であれば1回で治療可能なことも多くなります。


次回からまた続きをお話します。


虫歯の治療

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。


今回からは虫歯の治療についてお話します。

よく、「歯医者の治療は回数がかかるのははんとかなりませんか」と言われることもありますが、虫歯の大きさ(程度)やできた場所にもよるのでなんとも言えません。

もちろん、虫歯の大きさが小さければ1回で終わることもあります。


そのため、まずは虫歯の大きさ(段階)についてお話します。

歯医者さんでの検査や診察の際、「C0・C1」などと早口で言っているのを耳にしたことはありませんか?

これは虫歯の段階を表す歯科用語です。

虫歯の段階はC0-C4まであります。

それぞれの段階と特徴について詳しくご紹介します。

C0

歯の表面のエナメル質だけが、わずかに脱灰している状態です。
歯に穴があいているわけでもなく、痛みもないかもしれませんが、それでも虫歯になりかけている状態ですので油断はできません。

適切な歯磨きやフッ素を塗るなどし、進行を予防しましょう。

C1

エナメル質が脱灰し、歯に浅い穴があいた状態です。
痛みはありませんが、ときどき甘いお菓子を食べた際にしみることがあります。

C2

虫歯がエナメル質を突き破り、象牙質まで達した状態です。
この段階までいくと、冷たい飲み物や甘いお菓子などでしみたり、痛みを自覚し始めます(しないこともあります)。

その部が色が変色していたり、歯がかけたりするため、見た目で虫歯であることが分かります。

C3

虫歯が象牙質を進行し、さらに奥の歯髄(神経)まで達した状態です。

神経が炎症しているため、何もしなくても激しい痛みを伴います。

ここまでくると、ひどい場合は痛み止めをのんでも効かないくらい痛みが続くことがあります。

C4

虫歯によってほとんど歯がなくなってしまっているだけでなく、歯の根っこまで侵されている虫歯の末期の状態です。

歯髄が完全に機能を失っていますので、痛みを感じないかもしれませんが、あくまで痛みを感じないだけであって治ったわけではありません。

状態はさらに悪化し、虫歯菌が血管を通って身体の内部に侵入し、心臓病や腎臓病など重大な病気を引き起こす恐れもあります。


このように、「虫歯」と言っても段階がいくつかあります。

次回から、段階によってどんな治療法がるのかお話していきます。



口臭について2

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

前回に続いて、口臭についてお話します。

ひとくちに口臭と言っても、種類があります。

1、誰にでもある「生理的口臭」
2、飲食物、嗜好品による口臭
3、病的口臭

です。

1、生理的口臭

誰にでもあるにおいで、起床直後(起床時口臭)、空腹時(飢餓口臭)、緊張時(緊張時口臭)は特に口臭は強まります。
これは唾液の分泌が減少し、細菌が増殖して口臭の原因物質である揮発性硫黄化合物(VSC)がたくさん作られるためです。
しかし、歯みがきで細菌やVSCが減少し、食事をしたり、水分を積極的に補給するようにすることで唾液量が増加すれば急激に口臭は弱まります。
したがって生活習慣の改善でよくなり、治療の必要がありません。

また女性の生理・妊娠時などホルモンバランス変化に伴う口臭、乳幼児期、学童期、思春期、成人期、老齢期、それぞれの年代固有の臭気(加齢臭)、民族的な口臭もあります。


2、飲食物、嗜好品による口臭

ネギ、ニラ、ニンニクなとを食べた後の口臭は、口のなかに残った食べかすが直接に追う場合と、体内でしょうか吸収された臭い物質が血液によって運ばれ、やがて肺から呼気として排出されてにおう場合があります。
アルコールも体内で吸収され、肺から揮発性のアルコール成分が排出されるため、お酒を飲んだ人の吐く息はくさくなります。
たばこを吸う人の口のにおいは、主にタールやニコチンです。このような飲食物や嗜好品による口臭は、時間の経過とともに減少する一般的な口臭です


3、病的口臭

鼻やのどの病気、呼吸器系の病気、消化器系の病気、糖尿病、肝臓疾患などが原因で口臭が起こる場合もありますが、病的口臭の90%以上は口の中にその原因があり、歯周病、むし歯(う蝕)、歯垢(しこう)「歯の周りに付く細菌の固まり」、歯石、舌苔(ぜったい)「舌の表面に付くコケ状の細菌の固まり」、唾液の減少、義歯(入れ歯)の清掃不良などがあげられます。

病気の原因を治療することで口臭を減らしたり、治すことができますので歯科医院、病院の診断を受けてください。


このように、原因によって対処法が違います。


気になる方は一度ご相談ください。

生え変わりの時期の歯ぐきの腫れ

|
おはようございます! 

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

今回は、生え変わりの時期によくみられる歯ぐきの腫れについてお話します。

この時期に起こる腫れを「萌出性歯肉炎」と言います。

歯の生え始めに歯ぐきの形態が変化することで、歯垢(プラーク)が付着したり食べカスが残ってしまうために、歯ぐきが腫れたりむず痒くなったりしてしまう症状を起こします。
これは第一大臼歯(6歳臼歯)が生えてくる6?7歳でよく発症しますが、第二大臼歯(12歳臼歯)が生えてくる12歳頃にもみられることがあります。
歯は生え始めてから生え終わるまでに期間がかかり、その間は部分的に歯ぐきに被われている状態が続くことや、咬み合わせの面には深い溝があり、歯垢(プラーク)が残ることが原因となります。

この歯肉炎は一時的のことで、歯がしっかりと生えてくると自然に治まってきます。
治療は、基本的には歯の周りを洗浄をし、様子をみます。
症状を繰り返す場合もありますので、その際には盛り上がった歯ぐきを切除したり、抗生剤を投薬することもあります。

「萌出性歯肉炎 ...」の画像検索結果


しかし、炎症を起こさせないことが良いのはもちろんです。
これはいかに清潔に保つかが大事です。
歯ブラシが届きにくく、しかも歯ぐきに一部が被われている部位であり、しっかりと掃除するのはとても難しい環境です。
ぜひ、保護者の方が仕上げ磨きをしてあげてください。


なにかわからないことなどあれば、いつでも来院してください。


授乳中の歯科治療

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

妊婦さんのお話をしたので、授乳中の歯科治療についてもお話します。


<授乳中のレントゲン撮影>
授乳中のレントゲン写真については全く心配ありません。
治療に必要なレントゲン写真は撮っていただいて治療したほうが有益です。

<授乳中のお薬>
母親が飲み薬を飲んでも、赤ちゃん(乳児)が生後3ヶ月を過ぎていれば、母乳の影響はほとんどありません。
赤ちゃん(乳児)が生後3ヶ月未満の場合でも、母親が飲み薬を飲んでから5時間を過ぎれば母乳の影響はまずないと言われています。
それでも心配な方は妊娠時と同じく、抗生物質ならセフェム系、鎮痛剤ならカロナールをお飲み下さい。
もしくは、お薬を飲んでいる期間だけはミルクにするのもひとつの方法です。

授乳中のお薬に関しては考慮できると思いますので、授乳中の方はドクターにご相談ください。


また、お母さんの歯科治療とは関係ありませんが、赤ちゃんが生まれてから気をつけていただきたいことは、赤ちゃんへ虫歯菌、歯周病菌をうつさない、ということです。

虫歯や歯周病は「感染(うつる)」する病気で、感染経路で最も多いとされるのが親から子への感染です。
生まれたての赤ちゃんは虫歯菌に感染しておらず、様々な外からの要因によって感染していくのですが、中でも母親が赤ちゃんに食事を与える時、噛んで柔らかくしたり、自分が使っている箸やスプーンで食べさせたり、といった行為によって感染してしまいます。

特に生後1歳7か月から2歳7か月の1年間が感染の危険性が高いとされています。
この時期に虫歯菌に感染しなければ、虫歯になりにくい、という報告があります。


このように、お母さんのお口のケアはお子さんへのお口のケアにもつながります。
普段から定期的に来院していただき、綺麗なお口で過ごしましょう。


「薬 歯 フリー」の画像検索結果

妊婦さんと歯科治療3(レントゲン編)

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

今回は、妊婦さんとレントゲンについてお話します。

レントゲンの放射線は、赤ちゃんに影響はないのですか?というご質問を受けることがあります。

基本的に、妊娠中のレントゲンでの放射線は心配有りません。

放射線のエネルギーが人体にどれくらい被曝したのかを表す単位はシーベルト(Sv)で表されます。放射線と言うと、広島、長崎、チェルノブイリなどを思い出させ恐ろしい感じがしますが、私たちが普通に生活していても、地面や大気からも体に浴びています。
遮蔽はされていますが、テレビや電子レンジからも出ています。

妊娠中の赤ちゃんは当然、お母さんの下腹部に居るわけですから、そこへ何Svを被爆したかが問題になります。
妊娠の時期にもよりますが、一度に胎児に直接50-100ミリシーベルトを 浴びさせてしまうと、流産や小頭症などの奇形の危険が有ると言われてます。


この胎児に直接、50-100ミリシーベルトを浴びるとはどれくらいなのでしょうか?
歯のレントゲン撮影をした場合の胎児の浴びる放射線量はデジタルエックス線装置で 約 0.0008ミリシーベルト。
つまり62500枚-125000枚という枚数を取らない限り、胎児に影響はありません。
(胎児の浴びる放射線量はもっと低く0.0001ミリシーベルトと書いている本もありました。)

ちなみに、東京-ニューヨークを航空機で往復すると0.19ミリシーベルトです。



以上のデータは鉛の入ったプロテクターエプロンをしていない場合です。

鉛のプロテクターをしていた場合、胎児の居る下腹部への被爆は0だそうですので、尚更に心配する 必要は有りません。

よって鉛のエプロンはしなくても殆ど問題はありませんが、患者さんの安心のためにしているのが実情です。

そして、実際の胎児に対する被爆量はどれくらいかと言いますと、デンタルレントゲンを18枚を撮影した場合でも、自然界から 受ける放射線の36分程度にしか過ぎないそうです。

このデータは1969年のものですので、今では、レントゲンの装置の管電圧が高くなったり、フィルムの高感度化などで、もっと少ないと考えて良いと思われます。


このように、基本的にはレントゲンがおなかの中の赤ちゃんに影響を与える可能性は低く、歯の治療にとってレントゲン撮影は必要なものです。

しっかりとレントゲンを撮って現在の歯の状態をみてから治療をするほうが患者さんにとってもいいとは思いますが、ご心配があるようでしたら、スタッフにも一度確認ください。


「歯科 レントゲ...」の画像検索結果

妊婦さんと歯科治療2

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

前回に引き続き、妊婦さんと歯科治療についてお話します。

今回は「妊婦さんでできる治療」についてお話します。

前回もお話したように、基本的な治療であれば妊娠中でも問題なく行うことができます。


<歯を削ったり詰め物、被せものをする治療>

妊娠中であっても、歯を削って詰め物をしたり、かぶせ物をしたりする虫歯の治療は普通の人と同じようにできます。

虫歯を放っておくと、どんどん進行して痛みが強くなり、出産と歯の痛みが重なることは身体的にも精神的にも辛いので、妊娠中でも虫歯を見つけたら治すことをおすすめします。

ただし、時期によっては治療を控えた方が良い時期もあるので、その場合は応急処置をするにとどめます。


<神経をとる治療>

虫歯がひどい場合には神経の治療が必要になることがあります。

妊娠中でも神経の治療をすることは問題ありません。

多くは麻酔をして行うことになりますが、後述するように麻酔は胎児への影響はないと考えて大丈夫です。


<抜歯>

治療の際必要であれば、妊娠中に麻酔しても、抜歯しても問題はありません。

ただし、親知らずの抜歯や、侵襲の大きな抜歯はしないほうがよいでしょう。

一般の人にとっても時間がかかる治療ですし、抜歯後に回復するまで時間がかかったり、長期間抗生物質や痛み止めの服薬が必要になったりする場合もあるからです。


<歯肉炎、歯周病の治療>

以前お話したように、妊婦さんはホルモンバランスの変化などにより、歯肉炎、歯周病になりやすい状態です。

妊娠中の歯ぐきの炎症は早産、低体重児出産などに関わりもあるため、赤ちゃんのためにもお口のクリーニングはしていただいたほうがいいと思います。 


このように、妊娠中でも基本的な歯科治療を受けることは可能ですが、診療中の体勢、投薬するお薬の内容など注意できることもあるため、妊娠中の方は治療前に、「妊娠何週目なのか」を必ずお伝えください。


「妊婦 歯の治療」の画像検索結果

妊婦さんと歯科治療1

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

妊婦さん関係で、妊婦さんと歯科治療についてお話します。

妊娠中の歯科治療において一番気がかりなのは、治療の際に使用する薬や麻酔薬がおなかの赤ちゃんに影響を与えるかどうか、だと思います。

妊婦さんはいくつかの注意点さえ守れば、妊娠中でも歯科治療をすることは可能です。

麻酔や飲み薬を使う場合は種類や量を選び、レントゲン撮影をする場合はしっかりと防護するなど、適切に管理すれば絶対にできないという訳ではありません。

もしそれでも少しでも不安がある場合は、安定期の時期を選んで治療をすると胎児への影響も少ないため、それまでは応急処置で我慢をした方がいい場合もあります。


<治療はなるべく妊娠中期に>

妊娠中は体調の変化が大きく変化しますので、できるだけ安定期に治療するようにします。

妊娠初期はつわりで気分が悪くなりやすい時期なため、なにか処置をするにしても、応急処置程度にとどめておくほうが望ましいです。

安定期は妊娠5〜7ヶ月(妊娠16〜27週頃)をさします。

この頃であれば、歯科での処置が胎児にも影響が出にくいので、妊娠中になにか治療が必要なのであれば適切な時期とされています。

妊娠8ヶ月以降は赤ちゃんが大きくなって母体に負担がかかる時期なので応急処置とし、出産後に改めて治療するほうがよいです。


<治療する際に気をつけたいこと>

虫歯の治療はできますが、妊娠中であることを考えていくつか注意点があります。

まず、治療前に妊娠第何週であるかを歯科医師にしっかりと伝えてください。

妊娠中であると分かれば、楽な体制で治療が受けられるよう座席を倒し過ぎないようにする、などの配慮ができます。

治療中は無理のない姿勢をとるように心がけることが大切です。

お腹が張るような動作は控え、辛いときは知らせてください。

急に起き上がったりすると、立ちくらみを起こすことがあり、危険です。


なにか気になることがあればスタッフに聞いてみてください。


次回はどのような治療ができるのか、などお話します。


「妊婦 フリー 歯...」の画像検索結果



おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。


今回は、フラップ手術のメリット、デメリットについてお話します。


<メリット>

歯肉を切開し、直視下で徹底的に歯石や細菌を取り除くことができるため、歯肉を開かない場合に比べ、取り残しが少なくなります。

手術により、歯周ポケットを改善することができるので、セルフケア(お家でのブラッシングなど)がしやすくなります。

歯周ポケットの奥深くまでしっかり掃除することができ、悪化した口腔内環境を改善できます。


<デメリット>

術後に歯肉が下がり歯が長く見えることがあります。

また、歯肉が下がるため、歯と歯の間に隙間ができる場合があります。

歯石を取ったことと、歯茎が下がり歯の根っこが見えてきてしまい、知覚過敏の症状が出てきてしみることがあります。

ホームケアがしっかりとできていない患者さんに適用してしまった場合、深すぎるポケットがある場合、歯周病の進行スピードを加速させてしまう。(そのため、このような場合は適応外となります)

手術後、麻酔が切れたときに痛みが生じることがある。

フラップオペをしても、術後のセルフケアができていないとポケットは再発する可能性がある。


このように、フラップオペにはメリットだけではなくデメリットもあるため、以上のことを説明しご納得いただいた上で治療を開始します。

「歯周病 フリー」の画像検索結果

歯周病の治療(Flap ope)

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

前回、歯周病の治療で Flap ope というものを簡単にご紹介しました。
SRP後の歯周病検査で、深いポケットが残っている場合、
歯ぐきの中の見えない部分に残っている歯石をできるだけ除去するために、
歯ぐきを切開して開き、直視下で歯石をとる、というものです。

フラップ手術は歯周ポケット内きれいにすることで、歯根面と歯ぐきの再付着をうながし、歯周ポケットを減少させる効果も期待できます。


<フラップオペの術式>

フラップ手術では、まず処置をおこなう歯茎に麻酔をします。
十分に麻酔が効いてから処置を始めるので術中に痛みを感じることはありません。

麻酔が効いたらメスで歯ぐきを切開し、歯茎を開いて歯根や歯槽骨の一部を露出します。

その後の処置は歯周基本治療でもおこなうSRP(スケーリング・ルートプレーニング)と同様で、歯根面に付着したプラークや歯石を、直視下で丁寧に取り除いていきます。

また、同時にポケット内に存在する炎症病巣を除去する処置や、歯槽骨が破壊されて形がいびつになっている部位を整える処置も、場合によってはおこなっていきます。

一通りの処置が終了した後、開いた歯茎を元の位置に戻して縫合すれば治療終了です。
次の日に傷口の確認や消毒に来院していただき、状態がよければ1週間ほどで縫合した糸を取っていきます。

また処置後は感染予防のための抗生物質や痛み止めなどが処方されます。
クリックすると新しいウィンドウで開きます


以上がフラップオペの術式になります。

このオペは患者さんの誰もができるわけではありません。
次回はどんな方が、このオペの適応なのか、メリット、デメリットなどをお話していきます。


歯周病とは(治療編4)

|
おはようございます!

酒田の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

SRP後の歯周病検査後に深いポケットが残った場合はどうするか、というお話の続きをしていきます。

来院していただいた時点で深いポケットがある場合、なくなってしまった骨は元に戻すことはほぼ難しいため、ポケットが残ってしまうことがあります。

その場合患者さんと相談させていただき3つの治療法に分かれます。
 
1.歯周外科(Flap ope)
フラップ(flap)とは「開閉する」という意味があり、歯肉を切開して歯周基本治療(SRPなど)では除去できなかった深い部分の歯石除去や炎症を起こしている組織の除去を行うことです。
ポケットが深くなってしまっている場合、歯ぐきの内側を触るため、外からは実際に見ながらSRPはできませんし、どうしてもキュレット(SRPの道具)が届かない部分が出てきます。
そのため、歯ぐきを切開して開き、実際に見ながら歯石を除去する、というのがフラップオペです。
詳しいことはまた後日お話します。

「歯周 フラップ ...」の画像検索結果

2.再SRP
多量の歯石がついていたり、炎症が強かった場合、一度のSRPだけでは歯石がとりきれない場合があるため、もう一度ポケットの深い部分のみSRPを行い、予後をみます。

3.メインテナンスでケアしていく
フラップオペを行えなかったり、オペをすることで今の状態よりも歯の状態が悪くなる場合、またオペにはデメリットもあるため患者さんが希望されない場合は、定期的に来ていただき、メインテナンスで今の状態よりも悪くならないようにしていく、といった方法です。

このように患者さんにそれぞれのメリットデメリットをご説明し、納得選択していただき、歯周病をこれ以上進行させないようにサポートさせていただければと思います。

歯周病とは(治療編 番外編)

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

前回、SRPについてお話しました。

SRPの治療後、出てくる症状などについてお話します。
歯ぐきが治る過程で出てくる症状になりますが、患者さんにとっては不快なものもあります。
治療前にそのことを知っていただくことで、治療後の症状が出ても安心していただければと思います。


1. 不快感とお痛み

SRP後に、不快感やお痛みが出てくることがあります。

術後の不快感や痛みの程度は患者さんによって異なりますが一時的なものであり、通常2-3時間で軽減し2-3日以内でほとんど消退します。

急性症状を伴った部位や、歯石が多量に沈着した深い歯周ポケットに対して治療を行った際には、術後のお痛みは出やすくなっています。


2. 知覚過敏

SRPを行い、腫れていた歯ぐきがひきしまると、歯肉が収縮、あるいは退縮し、歯の根の表面が口腔内に露出し、冷水、温水などの刺激に対してしみる症状が出ることがあります。

これが知覚過敏です。

術後に生じる知覚過敏は一時的なもので、プラークコントロールをしっかりしていくと徐々に軽減していくことが多いです。


クリックすると新しいウィンドウで開きます


3. 口腔清掃指導

歯周治療ではプラークコントロールが重要です。

SRP後もプラークコントロールの徹底が必要になります。

術後、歯肉に不快感や歯の知覚過敏が生じた場合は、弱い力でブラッシングを行うか、軟毛の歯ブラシを使用し、2-3日以内で日常のブラッシングを行うことが出来ます。


4. 食事

SRPは歯ぐきよりも下の部分を触るため、深い部分を行う場合は局所麻酔剤を使用することがあります。

知覚が戻るまで、お食事は極力避けていただいたほうが安心です。

歯石沈着が多量に見られ、かつ深い歯周ポケットのある部位にSRPを行う場合は、術後疼痛や、不快感、噛んだときのお痛みが出る場合もありますが、数日で治ります。


5. 出血

SRPは歯ぐきを触るため、ほぼ必ず出血します。
全身的な疾患のために血がサラサラになるお薬をのまれている場合、または術前の歯肉の炎症が強い場合、術後出血が起こることがあります。
もし、帰宅してから出血がある場合は出血部位を確認し、清潔なガーゼなどで患部を15分ほど圧迫していただくと、通常止まります。
それでも止血しない場合はご連絡いただければ対応いたします。


6. 歯肉膿瘍形成


多量の歯石沈着を伴った深い歯周ポケットのある部位や、糖尿病などの全身的因子のある患者さんに対しSRPをすると、術後に膿瘍が形成されることがあります。

これは歯ぐきが腫れて膿がたまる状態です。

そのような場合は連絡していただき、膿みを出す処置を行います。


7. 歯肉の外観的変化


SRP後に、腫れていた歯肉がひきしまると、歯間部歯肉、辺縁歯肉の収縮、あるいは退縮により隙間があき、歯の根の一部が露出することがあります。

特に、やわらかい浮腫性の歯肉はかたい線維性の歯肉と比較して、術後に生じる歯肉収縮の程度が大きく、外観の歯肉の変化や息漏れ、食物がつまったりする可能性があります。

歯がのびた感じをうけられる方も多いようです。



このように、SRP後は歯肉や症状の変化が出ますが、健康な歯肉に戻すためには必要な治療です。

このような症状が出にくくなるように、SRP前のブラッシングはとても大切になります。

歯周病は患者さんのブラッシング無しでは絶対に改善しません。

一緒にお口の健康を守るためにも、しっかりとしたブラッシングの仕方を聞きにきてくださいね。





歯周病とは(治療編3)

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

今回も治療編の続きです。

2回目検査の結果、骨の吸収がすでにあると、歯ぐきより上の部分のお掃除だけではポケットが深い部分が残ることがあります。
前回お話したように、歯石は縁上(歯ぐきの上)だけでなく、歯周ポケットの中(縁下)にも歯石は付着します。
そのため、2回目の検査を行っても深い部分が残っている場合は、深い部分に歯石が残っている場合が多く、治療の次のステップに進みます。


5.SRP(スケーリング、ルートプレーニング)

いわゆる「歯石取り」にあたる行為には、歯科の専門用語でいう「スケーリング」と「ルートプレーニング」があります。

スケーリング(scaling)
スケーラーと呼ばれる器具を使用して、主に歯の表面の歯石やバイオフィルム(細菌の塊)を除去する処置。
ルートプレーニング(root planing)
歯周ポケット内部の歯石や歯根表面の汚染されたセメント質を除去し、歯の根(root)を硬く滑らかに(planeに)する処置

ちなみに実際に治療する際には、両者に明確な境界はなく、スケーリングもルートプレーニングも一連の作業として行われます。

頭文字をとってSRPとも略されます。


歯石除去うに使用される「スケーラー」という道具を使って歯石やバイオフィルム(細菌の塊)を落としていきます。
スケーラーにも多くの種類があります。

超音波スケーラー、手用スケーラー、エアースケーラー、ロトソニックスケーラー...などなど。この中でも主に使用されるのは、手用スケーラーと超音波スケーラーです。
ちなみに手用スケーラーも、シックル型・キュレット型・チゼル型・ファイル型と分類されます。これらは歯石の付き具合によって使い分けられます。


歯根面にプラークが付着すると、細菌の内毒素がセメント質に浸透して「汚染セメント質」となります。この汚染セメント質があると、歯石を取り除いても歯肉が歯根の表面にくっつかず、歯周ポケットが改善しにくい状態を生み出してしまいます。

ですから、歯石を取り除いた後はルートプレーニングで汚染セメント質を除去して歯肉の付着を促し、かつ歯根表面をツルツルと滑らかな状態にして、歯垢が溜まりにくい状態にするのです。


このSRPを行う場合は、歯ぐきの中(歯周ポケット部分)を触るため、麻酔が必要になる場合があります。
そのため、基本的には全体的にSRPを行う場合は6回に分けて行います。

このSRPは歯ぐきの中の見えない歯石を取るため時間もかかります。
しかし、しっかりと歯石をとり、今後歯石がつかないように環境を変えていくことは、歯周病の進行を抑えるためにとても大切になります。

クリックすると新しいウィンドウで開きます


このSRPを行い、普段の歯ブラシもしっかり頑張っていただき、結果をまた検査します。


6.歯周検査
SRP後の検査でポケットが改善されていれば、定期的に来院していただき歯周病の予防をしていただくことが重要です。

次回から、この検査でも深いポケットが残っている場合についてお話します。

歯周病とは(治療編2)

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

今回は治療編の続きです。

ブラッシング指導を行い、患者さんに歯ブラシでとれる部分のプラークをとっていただくことができたら、
歯ブラシで取れない部分の細菌を減らすのは来院していただき、こちらの仕事です。


歯周病の治療(前回の続き)

3.スケーリング(歯石取り)
歯周病の治療では、主に「歯石取り」をしていきます。
歯石とは、歯垢(プラーク)が唾液中のカルシウムと結合して石灰化した硬いかたまりのことです。
個人差はありますが、歯垢(プラーク)が残ったまま放置すると2-3日で石灰化し始め、歯石へと変化していきます。
歯に強く付着しているため、歯ブラシでは取れず歯科の専用の器具を使用しないと除去ができません。
また、その歯石は表面が粗造であるため、その上にまたプラークが停滞しやすくなってしまいます。
そのため、この歯石をとり、歯周病の原因菌を減らすことが主な治療となります。

歯石は歯ぐきの上の歯の部分につく縁上歯石と、歯ぐき下(歯周ポケットの中)につく縁下歯石があります。
最初に縁上歯石を超音波スケーラーなどにより除去していきます。クリックすると新しいウィンドウで開きます

4.2回目歯周検査

歯石取りが終わり、歯ブラシを頑張っていただくと、炎症を起こして腫れていた歯肉は腫れがひき、ひきしまります。
まだ歯肉炎でとどまっている場合は、この処置のみで、健康な歯ぐきに戻ることも多いです。
1回目の検査から、1ヶ月ほど歯ブラシを頑張っていただき、歯ブラシと縁上の歯石取りをしてどれだけ改善したかを、この2回目の検査をして判断します。

元の健康な歯ぐきに戻せているようであれば、そのまま普段の歯ブラシを頑張っていただき、定期的に来院していただき、歯周病を予防していく、といった形になります。
 
この検査によってさらに治療が必要な場合は、また次回からお話していきます。

歯周病とは(治療編)

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

前回までに歯周病についてお話しました。

では、歯周病の治療はどのようなものでしょうか?


1.歯周検査(歯周ポケット検査)、レントゲン検査

まずは、今の患者さんのお口の状態がどんな状態なのか、それを確認します。
歯周病は症状が現れにくい上、歯肉の中の骨が吸収する病気なため、見た目ではわかりにくい部分があります。
そのため、実際にポケットをはかり、今歯を支えている歯ぐきと骨(歯槽骨)がどんな状態なのかを調べます。
また、歯周病は骨の病気であるため、レントゲン検査で今の骨の高さを確認することも大切になります。


2.ブラッシング指導(T.B.I)

歯周病の原因は細菌です。
プラークという細菌の塊を除去することが必要になります。
プラークは歯ブラシでもしっかりとれるため、普段の歯磨きは歯周病の予防にとても大切になります。
歯ぐきよりも上の部分の、歯ブラシが当てられる部分のプラークをとることは、「患者さんの仕事」です。
プラークは毎日ついてくるため、定期的に歯医者さんに来院していただいても、患者さんの協力なしには歯周病の進行は止められません。
意外と、歯をしっかり綺麗に磨くのは難しいです。
プラークがついている部分を染め出しをし(小学校でしたことのある、ピンク色になるやつです)、患者さんの歯ブラシで磨き残しのある部分を見ていただき、衛生士により歯ブラシの仕方を指導させていただきます。
また、歯ブラシだけではとりきれない部分もあるため、歯間ブラシやフロス(糸ようじ)の使い方やサイズなどアドバイスさせていただきます。


クリックすると新しいウィンドウで開きます

次回から続きをお話します。


沢田歯科医院のブログ

|
沢田歯科医院は患者さんのお口の健康を第一に考え、治療を行います。

タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

↑ PAGE TOP