山形県酒田市の歯医者│沢田歯科医院│予防に重きを置き地域の皆様のお口の健康を守ります

TEL0234-26-4448

休診日:日曜、祝日

山形県酒田市の歯医者|沢田歯科医院ブログでタグ「歯」が付けられているもの

被せもの(補綴物)の種類について 

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。


前回は土台までのお話をしました。
今回からは被せものちついてお話します。

被せ物にはいろいろな種類があります。

保険適用のもの、自費のもの。
部分によっても違ってきます。

まずは保険のものです。

保険のものには
・レジン前装冠
・プラスチックの被せもの
・FMC(銀の被せ物)

があります。

自費のものには
・オールセラミック
・メタルボンド
・ジルコニア
・ゴールド

があります。

この中に、色が単色のみで作るものや、何層も色を重ねることで歯の自然感を出せるもの、
があります。
それぞれお値段が変わってきます。




次回からまた詳しくお話します。

フッ素の効果

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。


今回はフッ素についてお話します。

「フッ素が虫歯予防に効果がある」ことはみなさんも聞いたことがあるかと思います。
今回はその仕組みについてお話します。

そもそもフッ素とはどんなものでしょうか?


フッ素とは・・・

自然界に存在する天然の元素で、実はあらゆるものの中に含まれているものです。
食べ物や飲み物の中にも、海の水や土の中にも、そして私たち人間の体の中にも存在します。
ちなみに、フッ素は元素名なので、食べ物や水の中のフッ素は「フッ化物」と呼ばれます。
では、フッ素はなぜ虫歯予防に効くのでしょう。


フッ素の虫歯予防の3つの作用


1.再石灰化を促進する

食事をするとお口の中の細菌が食べ物の糖分から酸を作り出し、それによって歯が溶けてしまいます(脱灰)。
それを唾液の働きで修復するメカニズムのことを再石灰化というのですが、唾液の中に適量のフッ素があると再石灰化のスピードが上がり、その分修復される量も多くなるのです。


2.歯を強くする

歯のエナメル質はハイドロキシアパタイトという結晶で出来ているのですが、フッ素はこの結晶をフルオロアパタイトというより硬い結晶へと作りかえられます。

これにより、虫歯になりにくい強い歯になります。


3.抗菌作用

フッ素は虫歯菌の働きを抑える働きもあるので、それによって虫歯になりにくくなります。


このように、フッ素には三つの大きな働きがあるので、虫歯の予防にとても効果的なのです。



次回はフッ素の予防法と、フッ素中毒についてお話します。


妊婦さんと歯科治療3(レントゲン編)

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

今回は、妊婦さんとレントゲンについてお話します。

レントゲンの放射線は、赤ちゃんに影響はないのですか?というご質問を受けることがあります。

基本的に、妊娠中のレントゲンでの放射線は心配有りません。

放射線のエネルギーが人体にどれくらい被曝したのかを表す単位はシーベルト(Sv)で表されます。放射線と言うと、広島、長崎、チェルノブイリなどを思い出させ恐ろしい感じがしますが、私たちが普通に生活していても、地面や大気からも体に浴びています。
遮蔽はされていますが、テレビや電子レンジからも出ています。

妊娠中の赤ちゃんは当然、お母さんの下腹部に居るわけですから、そこへ何Svを被爆したかが問題になります。
妊娠の時期にもよりますが、一度に胎児に直接50-100ミリシーベルトを 浴びさせてしまうと、流産や小頭症などの奇形の危険が有ると言われてます。


この胎児に直接、50-100ミリシーベルトを浴びるとはどれくらいなのでしょうか?
歯のレントゲン撮影をした場合の胎児の浴びる放射線量はデジタルエックス線装置で 約 0.0008ミリシーベルト。
つまり62500枚-125000枚という枚数を取らない限り、胎児に影響はありません。
(胎児の浴びる放射線量はもっと低く0.0001ミリシーベルトと書いている本もありました。)

ちなみに、東京-ニューヨークを航空機で往復すると0.19ミリシーベルトです。



以上のデータは鉛の入ったプロテクターエプロンをしていない場合です。

鉛のプロテクターをしていた場合、胎児の居る下腹部への被爆は0だそうですので、尚更に心配する 必要は有りません。

よって鉛のエプロンはしなくても殆ど問題はありませんが、患者さんの安心のためにしているのが実情です。

そして、実際の胎児に対する被爆量はどれくらいかと言いますと、デンタルレントゲンを18枚を撮影した場合でも、自然界から 受ける放射線の36分程度にしか過ぎないそうです。

このデータは1969年のものですので、今では、レントゲンの装置の管電圧が高くなったり、フィルムの高感度化などで、もっと少ないと考えて良いと思われます。


このように、基本的にはレントゲンがおなかの中の赤ちゃんに影響を与える可能性は低く、歯の治療にとってレントゲン撮影は必要なものです。

しっかりとレントゲンを撮って現在の歯の状態をみてから治療をするほうが患者さんにとってもいいとは思いますが、ご心配があるようでしたら、スタッフにも一度確認ください。


「歯科 レントゲ...」の画像検索結果

歯周病とは(健康な歯と骨の関係)

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

今回は、健康な場合の「歯と顎の骨(歯槽骨)」についてです。

歯は歯ぐきの中で、歯槽骨という骨に歯の根(歯根)がしっかりとうまっていることでしっかり噛むことができます。

歯ぐきをめくると、健康な場合は下のような状態です。


このような感じで、根っこの全体を骨が覆っている状態です。
骨の高さもだいたい水平で、汚れもたまりにくい(細菌も入りにくい)状態です。

歯の頭の部分(歯冠)と歯の根(歯根)の境目の色が変わっている部分を CEJ(セメントエナメルジャンクション)といいますが、健康な骨はこのCEJから約2mmのところにあります。

これが歯周病になると骨がなくなってしまうため、歯がぐらぐらしてきます。
下の写真が歯周病で骨がなくなっている状態です。


骨に支えられている部分が少なくなっていることがおわかりでしょうか?
骨は歯ぐきに覆われているため、見た目ではわかりませんが、歯肉の中では大変なことになっているかもしれません。
しかも症状がほとんどなく、このように進行してしまいます。

そのため、定期的に来院していただき、ご自身のお口の中の状態を知っておくことは大切です。

次回はもう少しだけ健康な状態についてお話します。


歯周病とは

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

今回からは「歯周病」についてお話します。

歯周病は、日本人の40歳以上の80%がかかっている生活習慣病であり、国民病と言えます。

中高年者の歯の喪失原因の第1位(全年齢での喪失原因の42%)です。

ちなみに虫歯が原因で抜けてしまうのは全体の32%です。


細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。

歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し(プラークが蓄積し)、歯肉の辺縁が炎症を起こし赤くなったり、腫れたりします。

歯周病の特徴は痛みはほとんどの場合出ない、ということです。

そして、進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、最後は抜歯をしなければいけなくなってしまいます。


歯周病の説明には、健康な場合との比較が必要になるため、

次回は健康な場合の歯と歯ぐき、骨との関係をお話しますね。クリックすると新しいウィンドウで開きます


歯の構造

|
おはようございます!

沢田です。

前回までは、歯のそれぞれの働きについて書きました。
今回は「歯の構造」についてお話します。



歯は、「歯冠」と「歯根」のふたつの部位に大きく分けられます。

「歯冠」とは歯ぐきから上に出ている部分のことです。「歯根」は、歯ぐきの中の、骨に埋まっている部分のことを指します。

また、歯は下の図のようにいくつもの組織から成り立っています。



「エナメル質」

歯冠の表面部をエナメル質と言います。

エナメル質は、人体で最も硬い組織であり、様々な刺激から歯の神経を守る役割をします。

エナメル質は小さな虫歯ができても症状なく経過することが多いです。


「象牙質(ぞうげしつ)」

エナメル質の内側にある組織であり、歯冠から歯根まで歯の大部分を占めています。

エナメル質よりも柔らかい組織であるため、虫歯が象牙質まで進むと、進行が早くなります。

また、象牙質に刺激が加わると痛みを感じるようになります。


「歯髄(しずい)」

象牙質の内側で歯の中心部にある組織です。

「歯の神経」とよく表現される部分です。

この中には、血管、リンパ管、神経線維などがあり、歯の痛みを感じるのは主にこの歯髄です。

歯に栄養を与えてたり、象牙質の形成をする役割があります。

「歯の神経を抜く」というのは、この「歯髄」を取り除くことをいいます。

神経をとる処置をすると歯の寿命は短くなるため、可能な限り神経をとらないように、

象牙質まで進んでしまった虫歯は早めの治療をしたほうがいいと考えられています。



「セメント質」

歯の歯根の表面を覆い、歯根膜線維がくっつく部分をセメント質といいます。

セメント質は、歯根面の大部分を覆っており、無機質で主成分であるハイドロキシアパタイトが約60%、その他に有機物が25%、そして15%の水で構成されています。



「歯根膜(しこんまく)」

歯と歯を支えている骨の間には、「歯根膜」という組織があります。
この中には強い歯根膜繊維が存在し、この繊維の両端はしっかりと歯と歯槽骨に入り込んで両者をつなげています。
歯がこの骨から抜けないのは、この繊維のおかげです。
また、この膜は歯に加わる力に対するクッションの役目も担っており、脳の神経で最大の三叉神経の枝が多く分布しています。
噛んだときに歯根膜に加わった力は、この神経を伝わり脳に伝わります。
すなわち口腔と脳をつなぐセンサーです。
歯根膜からのセンサーは、脳の中で意欲、思考、記憶などに関係する部分に伝わり、脳を刺激することがわかっています。


「歯肉(しにく)」

歯冠の下にあるピンク色の粘膜で、一般的に「歯ぐき」と呼ばれる部位です。

歯肉は、顎の骨を覆うことで保護する役割があります。

歯肉にも、遊離歯肉、付着歯肉など分類されています。詳しくはまた後日書かせていただきます。


「歯槽骨(しそうこつ)」

歯を支えている顎の骨のことです。

歯周病が進行すると、この歯槽骨が破壊されるために歯を支えることができなくなり、歯が抜けてしまうことがあります。


このように、歯はとても複雑な構造をしています。
次回から少し詳しくお話していきますね。


歯は何本ありますか?

|

こんにちは。

突然ですが、みなさんのお口の中に、歯は何本ありますか?

お子様がいる方は、お子さんのお口の中に、何本あるでしょう?

虫歯や歯周病で抜歯した、乳歯が抜けた、癒合歯、癒着歯、先天欠損、このようなことがなければ
通常の歯の本数は

永久歯 28本(親知らずが全部あれば32本)
乳歯   20本

です。

当たりましたか?

意外と多いね、と患者さんに言われたことがあります。

確かに、数だけ見れば28本もあれば1本くらいなくても噛めそうですね。

しかし、歯の形が全部違うからには全部に違う役割があります。
(大きく分けると4つの形があります。)1本ないだけでも他の歯にも影響してきます。

次回から、歯の形や役割についてお話していきます。



20171215_02.jpg




タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

↑ PAGE TOP