山形県酒田市の歯医者│沢田歯科医院│予防に重きを置き地域の皆様のお口の健康を守ります

TEL0234-26-4448

休診日:日曜、祝日

山形県酒田市の歯医者|沢田歯科医院ブログでタグ「歯肉炎」が付けられているもの

お口のケアと病気の関係

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

新型コロナウイルスが流行っていますがいかがお過ごしですか?

沢田歯科医院では、患者さんに受付時に手のアルコール消毒にご協力いただいたり、口腔外バキュームを使用したり、スリッパやチェア、器具の消毒方法も以前以上にしっかりしています。

前よりも仕事は増えますが、安全が一番ですね。


以前、お口のケア(オーラルケアと言います)と新型コロナウイルス予防の関係についてお話ししましたが、今回は全身的なお話をしていきたいと思います。


オーラルケアに力を入れると、口腔内だけでなく、体全体の不調も改善されることがわかってきています。

人は1日に平均1?1.5Lの唾液を飲み込んでいます。

その中には約1兆個の細菌が含まれており、もし口腔内の環境が劣悪で、歯周病の原因となる悪玉菌が1%でもいれば、かなりの量が体内に取り込まれていることになります。

メカニズムはまだはっきりわかっていませんが、歯周病菌が腸まで運ばれた結果、体に悪い影響を与えていると考えられます。

オーラルケアと糖尿病の関係も明らかになっており、韓国の梨花(イフア)女子大学が行った研究によれば1日3回、定期的に歯磨きをしている人は、2型糖尿病発症リスクが低く、反対に歯周病の人や歯の本数が少ない人はリスクが高まると言われています。

歯肉炎がひどくなって歯周病菌が繁殖すると、細菌が毛細血管内に侵入して全身に回ります。

細菌は体内で死滅しますが、細菌に含まれる毒物は残り、血糖値を下げるインスリンの働きを阻害するといわれています。

また、認知機能を低下させる可能性も指摘されている。

歯周病の原因菌の1つ『ジンジバリス菌』が、アルツハイマー型認知症患者の脳から検出されたという報告もあります。

また2019年には、九州大学の研究グループが、歯周病患者の歯茎にアルツハイマー病の原因といわれる『アミロイドβ』が生じていることを明らかにしました。

 恐ろしいのはそれだけではなく、2人に1人が罹患し、いまや国民病といわれるがんもまた、口腔内の環境と無関係ではないと言われています。

歯周病がある人ほど口腔内のがんが増加するという報告は、いくつもあります。加えて、最新の研究によれば大腸がんと歯周病の関係も明らかになりつつあります。

歯周病の原因菌が大腸がんの腫瘍から発見されたという報告もあります。

唾液とともに飲み込まれた菌が、がんを引き起こしている可能性も指摘され始めています。

このように、歯周病は体の様々な病気と関係していることが最近わかってきています。

全身の健康を保つためにも定期的な口腔ケアをしませんか?



妊婦さんと歯科治療2

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

前回に引き続き、妊婦さんと歯科治療についてお話します。

今回は「妊婦さんでできる治療」についてお話します。

前回もお話したように、基本的な治療であれば妊娠中でも問題なく行うことができます。


<歯を削ったり詰め物、被せものをする治療>

妊娠中であっても、歯を削って詰め物をしたり、かぶせ物をしたりする虫歯の治療は普通の人と同じようにできます。

虫歯を放っておくと、どんどん進行して痛みが強くなり、出産と歯の痛みが重なることは身体的にも精神的にも辛いので、妊娠中でも虫歯を見つけたら治すことをおすすめします。

ただし、時期によっては治療を控えた方が良い時期もあるので、その場合は応急処置をするにとどめます。


<神経をとる治療>

虫歯がひどい場合には神経の治療が必要になることがあります。

妊娠中でも神経の治療をすることは問題ありません。

多くは麻酔をして行うことになりますが、後述するように麻酔は胎児への影響はないと考えて大丈夫です。


<抜歯>

治療の際必要であれば、妊娠中に麻酔しても、抜歯しても問題はありません。

ただし、親知らずの抜歯や、侵襲の大きな抜歯はしないほうがよいでしょう。

一般の人にとっても時間がかかる治療ですし、抜歯後に回復するまで時間がかかったり、長期間抗生物質や痛み止めの服薬が必要になったりする場合もあるからです。


<歯肉炎、歯周病の治療>

以前お話したように、妊婦さんはホルモンバランスの変化などにより、歯肉炎、歯周病になりやすい状態です。

妊娠中の歯ぐきの炎症は早産、低体重児出産などに関わりもあるため、赤ちゃんのためにもお口のクリーニングはしていただいたほうがいいと思います。 


このように、妊娠中でも基本的な歯科治療を受けることは可能ですが、診療中の体勢、投薬するお薬の内容など注意できることもあるため、妊娠中の方は治療前に、「妊娠何週目なのか」を必ずお伝えください。


「妊婦 歯の治療」の画像検索結果

歯肉炎とは

|
こんにちは!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

前回まで、健康な歯と歯ぐき、骨の関係についてお話しました。

今回からは、歯周病についてお話していきます。

まずは歯周病は色々な呼び方があります。
「歯周炎」「歯槽膿漏」これらはほぼ同じ意味です。

歯周病と離して考えなければいけないものに、「歯肉炎」があります。

大きな違いは、「歯を支えている骨(歯槽骨)が吸収してしまっているかどうか」です。

歯肉炎、歯周病、両方とも原因はプラーク(細菌の塊)です。
この細菌により歯肉は炎症を起こし、少しの刺激で出血したり、歯ぐきが腫れたりします。

歯肉炎の場合、歯を支える骨には異常はないため、しっかり歯ブラシや歯間ブラシ、フロスをあて、このプラークを取り除くことができれば、元の健康な歯肉に戻すことができます。

この歯肉炎を放っておくと、次の段階の「歯周病」に進んでしまします。

歯肉炎は歯周病の初期段階とも言えます。
この段階で歯周病を予防することはとても大切です。

次回は歯周病を詳しくお話していきます。

歯肉炎と歯周炎


タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

↑ PAGE TOP