山形県酒田市の歯医者│沢田歯科医院│予防に重きを置き地域の皆様のお口の健康を守ります

TEL0234-26-4448

休診日:日曜、祝日

山形県酒田市の歯医者|沢田歯科医院ブログでタグ「歯周病菌」が付けられているもの

歯周病(ポケット編)

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

今回は歯周ポケットについてお話します。

「歯周ポケット」の画像検索結果

歯と歯茎の境目には、「歯肉溝(しにくこう)」という1-2mmのすき間があり、歯周病菌はこの歯肉溝から奥へ奥へと潜り込んでいきます。

歯周病菌が歯と歯茎の境目から侵入すると、歯茎は炎症を起こして赤く腫れ、出血を起こします。

まだ骨の吸収を伴っていない段階、これが歯肉炎です。

これは、異物である歯周病菌を追い出そうとする防御反応です。

本来、歯肉溝は健康な状態のときには歯茎にぴったりと密着して細菌の侵入を防いでいますが、歯茎の炎症が深いところまで達すると、この密着が剥がされてしまい、ポケットのような袋状のすき間ができます。

これが「歯周ポケット」です。

こうしてできた歯周ポケットに汚れが溜まると、細菌の温床である歯垢(プラーク)が増えていきます。深くなった歯周ポケット内部の汚れや石灰化して固着した歯石は、歯ブラシだけでは取り除くことができません。

そのため、歯垢のなかで細菌がますます増殖・活性化し、歯周病の悪化を招くという悪循環に陥ってしまうのです。

歯周病が進行すると、歯周ポケットはどんどん深くなっていきます。

一般的には、軽度の歯周病で3-4mm、中度の歯周病だと4-6mm、重度の歯周病になると6mm以上になります。

人間の歯の根の長さ(歯根の長さ)は長くても2センチほど。そう考えると、歯周ポケットが6mm以上という状態がいかに危険な状態かお分かりいただけるでしょう。

では、なぜ歯周ポケットは深くなっていくのでしょうか? 
前回お話したように、口腔内の細菌には、空気が好きな「好気性菌(こうきせいきん)」と、空気が大嫌いな「嫌気性菌(けんきせいきん)」の2種類があります。

歯周病と関係があるとされる細菌(P.g菌など)は、後者の嫌気性菌に当たります。

歯周病菌は空気が届きにくい歯と歯茎のわずかなすき間に居場所を求め、そこからさらに奥へ奥へと入り込んで勢いを増し、歯周ポケットを深くしていくのです。

歯周病菌が歯周ポケットに入り込むと歯周組織に炎症が起き、放置していると歯周ポケットはどんどん深くなっていきます。

歯周病が進行するとやがて歯を支えている歯槽骨が溶かされ、歯がグラグラと動くようになり、歯を失うリスクが高くなっていきます。

吸収してしまった骨は元に戻りませんが、その状態でもポケットを浅くしておくことが大切です。(もちろん難しい場合もありますが,,,)

歯周ポケットが深くなる前に、予防していくことが大切です。

歯周病の原因(細菌編)

|
おはようございます!

酒田市の歯科医院、沢田歯科医院の沢田です。

前回、プラークには1mgの中に10億を超える細菌が棲みついている、とお話しました。
では、どんな種類の細菌がいるのでしょうか?

歯周病に関わっている細菌はたくさんいます。
その中で代表的なものは3種類です。


クリックすると新しいウィンドウで開きます

この「Red Complex」に入っている、

P.g.菌(Porphyromonas gingivalis)
T.f.菌(Tannerella forsythensis)
Td.菌(Treponema denticola)

です。

この中の、P.g菌が特に歯周病に大きく関わっています。
P.g菌は 偏性嫌気性菌 という種類で、酸素を嫌います。

以前もお話したように、虫歯の原因菌、ミュータンス菌は母子感染であることがわかっています。
しかし、P,g菌はどこから感染するのか、まだわかっていません。


この菌に感染したとしても、この菌は、細々と弱々しく生きています。
体に害を与えることもあまりありません。

ところが、お口の中が不潔になりミュータンス菌が歯に付着し始めるとプラークを形成し、
ある量に達すると、歯に接している歯肉に炎症が起こり、歯肉の内面に潰瘍(傷のようなものです)が形成され、血が出るようになります。
すると、餌を得たP,g菌は数百倍から数万倍までに増殖します。

そして、骨を破壊し歯周ポケットという歯と歯肉の間の溝をどんどん深くしていきます。
その溝が4mm以上になると、溝の深いところは酸素が減っていき、P.g菌の働きはますます活発になります。

一方、身体もP.g菌を攻撃し排除します。
しかしその結果、自らの歯の周りの骨を溶かしてしまうことになります。

これが歯周病です。

歯周病の予防は、
プラークを早めに除去し、
P.g菌に血液という餌を与えず、
酸素のない環境をなくす=歯周ポケットの深いところを減らしていく

ということが大切になります。


P.g菌などの細菌が0になることはありません。
歯周病は症状なく経過するため、自分のお口の中がどんな状態なのか、
P.g菌の増えやすい環境ではないか、
定期的に来院していただき、予防していくことが大切です。



歯周病の原因(プラーク編)

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

今回から歯周病についてお話します。

今回は歯周病の原因、プラークについてお話します。

歯周病の原因はプラーク(細菌の塊)が主な原因です。
この細菌の塊には、1mgの中に10億を超える細菌が棲みついていると言われており、この細菌の中には善玉の細菌と悪玉の細菌とがあります。

唾液成分の糖タンパクが歯の表面に薄い皮膜(ペリクル)を作ります。
その皮膜の上にくっついたミュータンス菌(虫歯菌)がショ糖を使ってグリコカリックスというネバネバした物質を作り自分の家づくりを始めます。

そして口の中の細菌たち、特に悪玉の細菌が家の中へ多量に侵入して、増えていきます。
この状態を細菌性プラーク(プラーク)またはバイオフィルムと呼んでいます

お風呂場や洗い場の排水溝の、ぬるぬるする、あれです。

この中は食べ物(栄養)や水も十分で温度も 37 ℃前後という細菌にとって大変よい環境で、悪玉細菌である歯周病菌は、産生する毒素で歯ぐきを腫らし、血や膿を出したり、歯の周りの骨を溶かしたりする原因となります。
このプラークは、外からの抗菌薬(化膿止め)や唾液中の抗菌成分の攻撃に抵抗し、薬が効きにくい構造となっています
このプラークが唾液や血液の無機質成分を吸って固まったものを、歯石と呼びます。

このバイオフィルムは残念ながら、うがいだけではとれません。
排水溝のぬるぬるも、水を流すだけではとれませんよね?

しかし、このバイオフィルムの段階では、歯ブラシなどでこすると除去できます。
これが、さきほど書いたように固まって歯石になってしまうと歯ブラシでとることはできなくなります。

歯周病に対し、うがいや飲み薬ではなく、歯ブラシや歯間ブラシ、フロスが有効なことがおわかりいただけるでしょうか?

歯ブラシは歯周病の治療道具、といった意識をもってしていただければ、少し丁寧にみがきたくなりませんか?


クリックすると新しいウィンドウで開きます

タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

↑ PAGE TOP