山形県酒田市の歯医者│沢田歯科医院│予防に重きを置き地域の皆様のお口の健康を守ります

TEL0234-26-4448

休診日:日曜、祝日

山形県酒田市の歯医者|沢田歯科医院ブログでタグ「抜歯」が付けられているもの

虫歯の治療8

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。


前回までは歯を残せる場合の治療についてお話してきました。
今回からは、残念ながら抜歯が必要になった場合のお話をします。

抜歯の原因にはいろいろありますが、
・歯周病が進んでしまった
・虫歯が深くまで進んでしまった
・歯が折れてしまった

主にはこのような原因があげられます。


以前もお話した通り、歯周病は症状なく経過するため、噛んで痛かったり、ぐらぐらするのがひどくなった時には抜歯せざるを得ない、ということが多いです。

虫歯が原因で抜歯となる場合は、ほとんどが神経をとった歯でおこります。
神経をとった歯は虫歯になってもしみたり、痛みが出ることが少ないため、気づくことなく進行してしまうことが多くあります。

このように、ご自身で普通に生活をしていても気づかなく歯を失ってしまうこともあるため、
定期的な検診が歯を守ることに繋がります。


歯を失ってしまった場合は、その部分を補うために、
・ブリッジ
・入れ歯
・インプラント
があります。

もし、歯を失ってそのまま放置した場合はどうなってしまうのでしょうか。

次回、またお話しします。



妊婦さんと歯科治療2

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

前回に引き続き、妊婦さんと歯科治療についてお話します。

今回は「妊婦さんでできる治療」についてお話します。

前回もお話したように、基本的な治療であれば妊娠中でも問題なく行うことができます。


<歯を削ったり詰め物、被せものをする治療>

妊娠中であっても、歯を削って詰め物をしたり、かぶせ物をしたりする虫歯の治療は普通の人と同じようにできます。

虫歯を放っておくと、どんどん進行して痛みが強くなり、出産と歯の痛みが重なることは身体的にも精神的にも辛いので、妊娠中でも虫歯を見つけたら治すことをおすすめします。

ただし、時期によっては治療を控えた方が良い時期もあるので、その場合は応急処置をするにとどめます。


<神経をとる治療>

虫歯がひどい場合には神経の治療が必要になることがあります。

妊娠中でも神経の治療をすることは問題ありません。

多くは麻酔をして行うことになりますが、後述するように麻酔は胎児への影響はないと考えて大丈夫です。


<抜歯>

治療の際必要であれば、妊娠中に麻酔しても、抜歯しても問題はありません。

ただし、親知らずの抜歯や、侵襲の大きな抜歯はしないほうがよいでしょう。

一般の人にとっても時間がかかる治療ですし、抜歯後に回復するまで時間がかかったり、長期間抗生物質や痛み止めの服薬が必要になったりする場合もあるからです。


<歯肉炎、歯周病の治療>

以前お話したように、妊婦さんはホルモンバランスの変化などにより、歯肉炎、歯周病になりやすい状態です。

妊娠中の歯ぐきの炎症は早産、低体重児出産などに関わりもあるため、赤ちゃんのためにもお口のクリーニングはしていただいたほうがいいと思います。 


このように、妊娠中でも基本的な歯科治療を受けることは可能ですが、診療中の体勢、投薬するお薬の内容など注意できることもあるため、妊娠中の方は治療前に、「妊娠何週目なのか」を必ずお伝えください。


「妊婦 歯の治療」の画像検索結果

セメント質とは

|
こんにちは。

沢田です。

今回はセメント質についてお話します。

セメント質は、歯根部の象牙質表面をおおう 薄い硬組織です。
骨と同程度の硬さで エナメル質と比べると柔らかい、黄味を帯びた白色の光沢がない組織です。
このセメント質の組成は、象牙質や骨組織とほとんど同じで、約65パーセントが ハイドロキシアパタイトという無機質からできています。
そして、残りの約23パーセントが 有機質(コラーゲン)です。

 

セメント質には歯根膜(歯周靱帯)と呼ばれる コラーゲンを主体とした 線維質のものが 束になって入り込んでおり、反対側にある 歯槽骨にも同じように歯根膜が入り込み、歯と歯槽骨をつなぎとめる役割をしています。

また、この歯根膜は クッションの役割も果たしており、歯に加わる 強い咬み合せの力から 歯をまもる働きもあります。

「セメント質 歯」の画像検索結果

セメント質の栄養は 象牙質や歯髄からではなく、歯根膜から栄養を受けています。

そのため、歯髄が死んでしまったり、抜髄されたりして 歯髄がなくなっても セメント質の機能は障害されず、歯はなんら不自由なく 使うことができます。


 このセメント質が「セメント質剥離」という状態になってしまうと、歯を支える周りの骨がなくなってしまうため、最悪の場合、抜歯せざるを得なくなることもあります。

セメント質は歯を支えるのにも大切な組織のひとつです。




タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

↑ PAGE TOP