山形県酒田市の歯医者│沢田歯科医院│予防に重きを置き地域の皆様のお口の健康を守ります

TEL0234-26-4448

休診日:日曜、祝日

山形県酒田市の歯医者|沢田歯科医院ブログでタグ「妊娠」が付けられているもの

妊婦さんと歯科治療3(薬編)

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

今回は妊婦さんと歯科治療に関わるお薬についてお話します。

歯科で使われる薬は麻酔薬・根管治療薬・消炎鎮痛剤・抗菌剤が代表的なものですので、それぞれについて要点をお話します。


<妊婦さんに対する麻酔>
麻酔薬は微量ですが胎盤を通過します。
他の薬と同じように妊婦さんに対する安全性は確立されていませんが、2%エピネフリン含有リドカインを使用する限り、妊婦さんと非妊婦を区別する科学的根拠もありません。
局所麻酔薬は世界中で使われている歴史ある安全な部類に入る薬です。
妊婦さんに対する人体実験は倫理上行われていないものの、その安全性は歴史によって証明されています。
長年の統計から 少量の麻酔薬を使用する限り「影響なし」と考えていいと思います。

<根管治療薬>
歯の根の治療の際、根の中に使われる薬で、使用量はほんの微量であり、しっかりと仮封(ふたをする)するため、「影響なし」と考えていただいていいと思います。

<消炎鎮痛剤>
いわゆる「痛み止め」です。
代表的な鎮痛薬にロキソニンやボルタレン、バファリン、カロナールなどがあります。
カロナールは他の薬剤に比べると鎮痛効果はやや劣りますが一番安全性が高い薬です。
妊婦さんに対してはファーストチョイスになります。

<抗菌剤>
数ある抗生物質の中でも、ペニシリン系・セフェム系抗生物質は短期間の服用であれば比較的安全性は高いと言われています。
キノロン系は禁忌です。

このように、妊娠中でも薬の種類をしっかり選べば基本的に影響はありません。
しかし、薬を使用しなくてすむのであれば、使用しないほうがいいことは明らかです。

妊娠する前に、定期的に歯医者さんに通っていただき、虫歯、歯肉炎、歯周病を予防していくことが大切です。


「妊娠 薬 フリー」の画像検索結果

妊婦さんと歯科治療3(レントゲン編)

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

今回は、妊婦さんとレントゲンについてお話します。

レントゲンの放射線は、赤ちゃんに影響はないのですか?というご質問を受けることがあります。

基本的に、妊娠中のレントゲンでの放射線は心配有りません。

放射線のエネルギーが人体にどれくらい被曝したのかを表す単位はシーベルト(Sv)で表されます。放射線と言うと、広島、長崎、チェルノブイリなどを思い出させ恐ろしい感じがしますが、私たちが普通に生活していても、地面や大気からも体に浴びています。
遮蔽はされていますが、テレビや電子レンジからも出ています。

妊娠中の赤ちゃんは当然、お母さんの下腹部に居るわけですから、そこへ何Svを被爆したかが問題になります。
妊娠の時期にもよりますが、一度に胎児に直接50-100ミリシーベルトを 浴びさせてしまうと、流産や小頭症などの奇形の危険が有ると言われてます。


この胎児に直接、50-100ミリシーベルトを浴びるとはどれくらいなのでしょうか?
歯のレントゲン撮影をした場合の胎児の浴びる放射線量はデジタルエックス線装置で 約 0.0008ミリシーベルト。
つまり62500枚-125000枚という枚数を取らない限り、胎児に影響はありません。
(胎児の浴びる放射線量はもっと低く0.0001ミリシーベルトと書いている本もありました。)

ちなみに、東京-ニューヨークを航空機で往復すると0.19ミリシーベルトです。



以上のデータは鉛の入ったプロテクターエプロンをしていない場合です。

鉛のプロテクターをしていた場合、胎児の居る下腹部への被爆は0だそうですので、尚更に心配する 必要は有りません。

よって鉛のエプロンはしなくても殆ど問題はありませんが、患者さんの安心のためにしているのが実情です。

そして、実際の胎児に対する被爆量はどれくらいかと言いますと、デンタルレントゲンを18枚を撮影した場合でも、自然界から 受ける放射線の36分程度にしか過ぎないそうです。

このデータは1969年のものですので、今では、レントゲンの装置の管電圧が高くなったり、フィルムの高感度化などで、もっと少ないと考えて良いと思われます。


このように、基本的にはレントゲンがおなかの中の赤ちゃんに影響を与える可能性は低く、歯の治療にとってレントゲン撮影は必要なものです。

しっかりとレントゲンを撮って現在の歯の状態をみてから治療をするほうが患者さんにとってもいいとは思いますが、ご心配があるようでしたら、スタッフにも一度確認ください。


「歯科 レントゲ...」の画像検索結果

妊婦さんと歯科治療1

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

妊婦さん関係で、妊婦さんと歯科治療についてお話します。

妊娠中の歯科治療において一番気がかりなのは、治療の際に使用する薬や麻酔薬がおなかの赤ちゃんに影響を与えるかどうか、だと思います。

妊婦さんはいくつかの注意点さえ守れば、妊娠中でも歯科治療をすることは可能です。

麻酔や飲み薬を使う場合は種類や量を選び、レントゲン撮影をする場合はしっかりと防護するなど、適切に管理すれば絶対にできないという訳ではありません。

もしそれでも少しでも不安がある場合は、安定期の時期を選んで治療をすると胎児への影響も少ないため、それまでは応急処置で我慢をした方がいい場合もあります。


<治療はなるべく妊娠中期に>

妊娠中は体調の変化が大きく変化しますので、できるだけ安定期に治療するようにします。

妊娠初期はつわりで気分が悪くなりやすい時期なため、なにか処置をするにしても、応急処置程度にとどめておくほうが望ましいです。

安定期は妊娠5〜7ヶ月(妊娠16〜27週頃)をさします。

この頃であれば、歯科での処置が胎児にも影響が出にくいので、妊娠中になにか治療が必要なのであれば適切な時期とされています。

妊娠8ヶ月以降は赤ちゃんが大きくなって母体に負担がかかる時期なので応急処置とし、出産後に改めて治療するほうがよいです。


<治療する際に気をつけたいこと>

虫歯の治療はできますが、妊娠中であることを考えていくつか注意点があります。

まず、治療前に妊娠第何週であるかを歯科医師にしっかりと伝えてください。

妊娠中であると分かれば、楽な体制で治療が受けられるよう座席を倒し過ぎないようにする、などの配慮ができます。

治療中は無理のない姿勢をとるように心がけることが大切です。

お腹が張るような動作は控え、辛いときは知らせてください。

急に起き上がったりすると、立ちくらみを起こすことがあり、危険です。


なにか気になることがあればスタッフに聞いてみてください。


次回はどのような治療ができるのか、などお話します。


「妊婦 フリー 歯...」の画像検索結果



妊婦さんと歯周病2

|
おはようございます!

酒田の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

前回は妊婦さんが歯周病になりやすいことはお話しました。
今回は歯周病が妊婦さんへ与える影響についてお話します。

「妊婦の方が歯周病にかかると、早産や低体重児出産のリスクが高まる」と言われています。

早産とは、妊娠36週6日以前の出産をいいます。

正期産に比較して早期に出産した場合、赤ちゃんの体重は軽く、新生児医療を必要とすることもしばしばあります。

また、あまりに小さく産まれた赤ちゃんには重篤な障害が現れる可能性があり、できるだけ早産にならないよう、適切な診断や予防が必要になります。

一方、低体重児とは、生まれたときの体重が2,500g未満の赤ちゃんのことです。

早産によって低体重児出産になることもありますが、妊娠期間が十分でも、子宮内胎児発育不全などの影響で、赤ちゃんが十分成長しないまま出産を迎える場合もあります。

早産や低体重児出産には前置胎盤や子宮頚管無力症、高齢出産など母胎が抱える疾患や問題が影響していることがわかっています。

また、細菌性膣炎などの感染症が原因となるケースも見られます。

さらに、母親の喫煙や飲酒といった生活習慣や疲労・ストレスなども無関係ではないようです。

妊娠している女性が何らかの歯周病にかかっている場合、早産や低体重児出産のリスクはなんと7倍にも跳ね上がると発表されている論文もあります。

これは喫煙や飲酒、高齢出産などよりもはるかに高い数値です。

歯周病と早産・低体重児出産とのあいだにどのような関連性があるのか、そのメカニズムはまだ完全に解明されたわけではありません。

しかし、歯周病菌によって口腔内で炎症が発生する際、サイトカインや、白血球の活性化、プロスタグランジンなど痛みによって生じる炎症性物質が多く放出され、それによって陣痛が早くなり、結果的に早産や低体重児出産が増えるのではないかという考え方が有力です。

また、胎盤などの出産に関わる器官が歯周病原細菌に感染することも、早産・低体重児出産に影響するのではないかと考えられています。


患者さんご自身だけでなく、赤ちゃんの将来のためにも、普段から歯周病のケアをし、予防していきましょう。

わからないことなどあれば、いつでも来院してください。


クリックすると新しいウィンドウで開きます

歯周病の全身への影響2

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

前回に続き、歯周病が全身に及ぶ影響についてお話します。

・狭心症、心筋梗塞
・脳梗塞
・糖尿病
・誤嚥性肺炎
・骨粗しょう症
・早産、低体重児出産 の後半のお話をしていきます。

<誤嚥性肺炎>
気管に入った唾液中の細菌などが肺に感染して起こる肺炎が「誤嚥性肺炎」です。
高齢者に多く見られる病気の一つです。
特に、要介護の高齢者などは飲み込む力や咳をする反射が低下しているため、唾液やプラークなどが気管に入りやすく誤嚥を起こします。
そのように入り込んだ歯周病原性細菌などのお口の中の細菌が、肺炎を起こしやすくすると考えられています。
実際、この病気の多くの患者さんから歯周病原性細菌が見つかっています。
そのため、高齢者に口腔ケアを行い、歯周病原性細菌等の口内細菌が減少すると肺炎の発症率が下がることが報告されています。

<骨粗しょう症>
骨量が減少して海綿状(骨がスカスカな状態)になり、もろく折れやすくなった状態が「骨粗しょう症」です。
高齢の女性に多く見られる病気として知られています。
まだ充分に解明はされていませんが、歯周病になった歯肉で産生されるサイトカインには、骨代謝に影響を及ぼすものがあり、歯の喪失と骨密度の減少には関連があるという研究報告があります。
逆に、骨粗しょう症の人が歯周病に罹患すると、歯周組織の歯槽骨が急速に吸収されることで症状が進行しやすくなる可能性が知られています。

<早産、低体重児出産>
妊婦さんで歯周病に関連するのが、「早産・低体重児出産」です。
妊娠中はホルモンの変化などにより歯ぐきの炎症が起こりやすくなり、歯周病になる人も少なくありません。
これが「早産・低体重児出産」の危険度を高めている、と言われています。
歯肉の血管から侵入した歯周病原性細菌やサイトカインが血流に乗って子宮に達すると、子宮筋の収縮を引き起こして早産や低体重児出産になる可能性があります。
最近の報告によると、歯周病にかかった妊婦さんに低体重児出産が起きるリスクは健常者の4.3倍程度と言われているのです。
妊婦さんと歯周病との関わりについては、また詳しくお話します。


このように、歯周病はお口の中の問題なだけではなく、全身にも影響を及ぼすと言われています。
直接的に全身に関わらなくても、歯周病になり歯が抜けて放置しまうと食べ物をしっかり噛むことが難しくなります。
食べ物をしっかりと噛むことができないと栄養の吸収にも関わるため、歯周病への意識を高く持っていただけると嬉しいです。
歯周病は症状なく経過する病気なため、定期的に歯医者さんに通っていただき、予防していくことが大切です。
今後も健康な身体で過ごしていくために、お口の中は綺麗にしていきましょう。

「歯周病 全身 フ...」の画像検索結果



タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

↑ PAGE TOP