山形県酒田市の歯医者│沢田歯科医院│予防に重きを置き地域の皆様のお口の健康を守ります

TEL0234-26-4448

休診日:日曜、祝日

山形県酒田市の歯医者|沢田歯科医院ブログでタグ「原因」が付けられているもの

口臭について4

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

前回の続きで、口臭の原因は「舌苔(ぜったい)」も関係しています。
今回は、舌のケアについてお話します。

鏡に向かって「ベーッ!」とやってみてください。

舌の表面が「うっすらと白っぽく見えるピンク色」でなければ要注意です。

「舌苔」という"臭いの素"がまとわりついている可能性があります。


一口に「口臭」といっても、種類は様々です。

歯や義歯の汚れ、歯周病などの歯茎の異常、唾液の分泌量の低下、扁桃腺炎や副鼻腔炎など耳鼻咽喉科領域の疾患、飲食物やタバコの影響などの他、実際には大した臭いが出ているわけでもないのに、「自分の口は臭い」と思い込んでしまう「精神的な口臭」というのもあります。

その中で口臭の原因として大きいものが「舌苔」です。

舌苔とは、舌の表面、特に舌の中央部から奥のほうに多く付着する粘り気のある物質です。

口の中の粘膜から剥がれ落ちた細胞や、食べ物のカス、白血球などの血液成分や細菌によって構成され、揮発性硫黄化合物という、卵が腐ったような悪臭を放つ物質を発生させます。


舌苔は、人によって「できやすさ」が異なります。

たとえば常に口を開けている癖のある人は、口腔内が乾燥するため舌の汚れがこびりついて落ちにくくなります。

ストレスなどによって唾液の分泌量が少ない人も同様です。

また、加齢などで舌の運動機能が低下したり、唾液の分泌が少なくなると、口の中の汚れを落としにくくなり、舌苔も増えてきます。

さらに舌の位置もポイントです。

通常の舌は上あごにくっついているため摩擦によって汚れが落ちていきますが、口呼吸の人や受け口の人などは舌の位置が低く、上あごに擦れることがないため、どんどん汚れが溜まっていきます。


口臭を抑えるためにも、舌をキレイにして舌苔を取り除いてあげましょう。

そのケア方法をご紹介します。


1.適度な舌磨き
専用の舌ブラシを使い、舌苔を落とします。

ポイントは優しく丁寧に行うこと。

まずは鏡を見ながら舌を突き出し、舌苔の範囲を確認しましょう。

そして水に浸した舌ブラシを舌苔の一番奥に当て、軽い力で手前に引いてください。

この時強い力をかけると舌を傷つけてしまい、逆に臭いの原因となるため、あくまで優しく行いましょう。

一度引くごとに舌ブラシを水で洗います。

これをブラシに汚れがつかなくなるまで繰り返しましょう。

キレイに舌苔を落とせるはずです。

ただし、磨きすぎには注意してください。

1日に1回、起床時のみで充分です。


2.薬用マウスウォッシュの使用
舌磨きの時間がない時や、より舌磨き後の仕上げのケアをしたい時などは、殺菌作用のある薬用マウスウォッシュの効果的な使用がおすすめです。

嫌な臭いの元となる細菌を殺菌することができます。

お口が渇きやすい方はアルコールが入っていないものを選ばれるといいと思います。

舌ブラシと併用する場合は、舌磨きの後に行うと効果的です。


このように、お口の中を清潔に保ち、口臭のない生活を送りましょう。

なにか気になることがあればご連絡ください。



口臭について2

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

前回に続いて、口臭についてお話します。

ひとくちに口臭と言っても、種類があります。

1、誰にでもある「生理的口臭」
2、飲食物、嗜好品による口臭
3、病的口臭

です。

1、生理的口臭

誰にでもあるにおいで、起床直後(起床時口臭)、空腹時(飢餓口臭)、緊張時(緊張時口臭)は特に口臭は強まります。
これは唾液の分泌が減少し、細菌が増殖して口臭の原因物質である揮発性硫黄化合物(VSC)がたくさん作られるためです。
しかし、歯みがきで細菌やVSCが減少し、食事をしたり、水分を積極的に補給するようにすることで唾液量が増加すれば急激に口臭は弱まります。
したがって生活習慣の改善でよくなり、治療の必要がありません。

また女性の生理・妊娠時などホルモンバランス変化に伴う口臭、乳幼児期、学童期、思春期、成人期、老齢期、それぞれの年代固有の臭気(加齢臭)、民族的な口臭もあります。


2、飲食物、嗜好品による口臭

ネギ、ニラ、ニンニクなとを食べた後の口臭は、口のなかに残った食べかすが直接に追う場合と、体内でしょうか吸収された臭い物質が血液によって運ばれ、やがて肺から呼気として排出されてにおう場合があります。
アルコールも体内で吸収され、肺から揮発性のアルコール成分が排出されるため、お酒を飲んだ人の吐く息はくさくなります。
たばこを吸う人の口のにおいは、主にタールやニコチンです。このような飲食物や嗜好品による口臭は、時間の経過とともに減少する一般的な口臭です


3、病的口臭

鼻やのどの病気、呼吸器系の病気、消化器系の病気、糖尿病、肝臓疾患などが原因で口臭が起こる場合もありますが、病的口臭の90%以上は口の中にその原因があり、歯周病、むし歯(う蝕)、歯垢(しこう)「歯の周りに付く細菌の固まり」、歯石、舌苔(ぜったい)「舌の表面に付くコケ状の細菌の固まり」、唾液の減少、義歯(入れ歯)の清掃不良などがあげられます。

病気の原因を治療することで口臭を減らしたり、治すことができますので歯科医院、病院の診断を受けてください。


このように、原因によって対処法が違います。


気になる方は一度ご相談ください。

口臭について1

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

今回からは口臭についてお話します。

みなさんは「日本人は口が臭い」と海外の人に思われていることはご存知ですか?

訪日外国人が増えていますが、なんと72%の外国人が「日本人の口臭にガッカリした経験がある」と回答しています。
さらに43%の外国人が、「エチケットの1つとして日本人は口臭の改善を試みるべき」と考えているとの結果も。

「欧州人は体臭がキツく香水もにおうけど、日本人は臭くない」というイメージを持たれる方もけっこういると思いますが、口腔(こうくう)内のケア、特に予防歯科に関しては、彼らはとても先進的です。
日本の予防歯科は、医療先進国の中でもかなり遅れをとっています。

この違いの要因は、欧米と日本では保う険制度が違うことがひとつにあると思います。
日本の場合は国民皆保険制度であるため、「病気になったら国が負担してくれる。歯科は虫歯になってから行けばいい」という考えが当たり前になってしまっています。

一方で、米国は一部の対象者以外は、私費で保険に加入しなくてはなりません。

高額な保険に入れない人も多く、入ってもカバーされないケースも多いから、虫歯を患うと治療費がとても高くついてしまいます。

ですから、治療をせざるをえない状態になる前に、予防のためにセルフケアすることが定着しています。

日本では「食べたらすぐに歯を磨く」ことを習慣にし、それだけで歯周病予防ができたと思っている方がとても多いのですが、それでは歯全体の6割ほどしか磨けていません。

そこで大切になってくるのが、歯間ケアです。

歯周病菌の原因となる歯垢(しこう)は、食べカスから生成され、最終的には8割が細菌で構成されるようになります。

これを歯周ポケットや歯間に作らないようにしなくてはいけません。そのためには、歯間ブラシやデンタルフロスを使って、こまめに食べカスを取り除く必要があります。

日本ではまだまだこういった道具を使うことが定着していないことが問題です。

「フリー素材 フ...」の画像検索結果




口呼吸の影響1

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。


今回は歯並び、虫歯、歯周病などにも関わる「口呼吸」についてお話します。

常に無意識に行っている、呼吸ですが、みなさんは口呼吸になっていませんか?

以下の項目で、一つでも当てはまるものがあれば、口呼吸になっている可能性があります。
セルフチェックしてみましょう!

□無意識のうちに口が半開きになっている
□口内炎ができやすい
□歯並びが悪い
□クチャクチャと音を立てて食べる
□唇がカサカサに乾燥する
□朝起きた時、のどが痛い
□唇を閉じると、顎の先にシワができて「梅干し」ができる
□片方の歯で噛む癖がある
□早食い
□いびきをかく

実は、日本人の半数以上が口呼吸をしているそうなのです。
小学生以下では、その8割が口呼吸とも言われています・・・


では、なぜ口呼吸になってしまうのでしょうか?

原因は諸説あると言われています。

もともと、人間は鼻呼吸なのです。
生まれたての赤ちゃんは、授乳中は鼻で呼吸をしていますよね?
言葉が出てくるようになると、口で息を吸うようになります。
それから、風邪をひいて鼻がつまると、口からも呼吸することになり、
徐々に口呼吸するようになっていきます。

私たちの生活スタイルも変わってきたので、昔と比べると、離乳食開始時期が早まり(乳離れが早まり)鼻呼吸が癖になる前に、
口呼吸を覚えてしまう、とも言われています。

それから、「おしゃぶり」。
日本では、おしゃぶりを長く使うことは良くないと考えられているので、
1歳を過ぎた頃には、おしゃぶりを取り上げることが多いようです。
しかし、外国では、なんと3〜4歳までおしゃぶりしていても、取り上げたりしないそうです。
幼少期に十分おしゃぶりをさせて、鼻呼吸する癖をつける、という話もあります。

また、柔らかいものばかり食べていると、噛む力が衰え、口周りの筋力も衰え、口が開く状態になり口呼吸になることもあります。

その他、鼻のトラブルや、歯並び、睡眠時の寝る姿勢の悪さ、肥満からも口呼吸になる原因だと思われます。

次回は口呼吸のデメリットについてお話します。



歯周病のリスクファクター

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

今回は、歯周病のリスクファクターについてお話します。
リスクファクターとは危険因子のことです。

以前もお話したように、歯周病の直接的な原因は歯垢(プラーク)の中の細菌です。
そして歯周病を悪化させてしまう原因として他にも多くの要素が関わっており、それらをリスクファクター(危険因子)と呼びます。


歯周病のリスクファクターには局所的なリスクファクター(口腔内環境)と全身的なリスクファクター(生活習慣)があります。


<局所的なリスクファクター(口腔内環境)>

・歯石
歯垢(プラーク)に唾液中のカルシウムやリン酸などが沈着すると2日程度で歯石になります。

歯石は表面がザラザラしていたり無数の穴があり、歯垢(プラーク)がさらにつきやすくなってしまうため、歯石の周りに細菌が増えていき、歯周病の症状が悪化しやすくなります。

・歯並び
歯並びが悪い部分は歯ブラシが届きにくく、清掃が不十分になりやすいため、歯垢(プラーク)が溜まりやすく炎症が起こりやすくなります。

矯正で歯並びを改善することでセルフケアがしやすくなります。

また、磨き方を工夫したり磨きやすい道具を使用していただきプラークをたまりにくくすることが大切です。


・不良習癖(口呼吸、歯ぎしり、くいしばり)

〈口呼吸〉
口で呼吸するくせがある方は、口の中が乾燥し歯垢(プラーク)が付着しやすくなります。

また、抗菌の役割のある唾液も少なくなるため細菌数が多くなってしまい、さらに歯ぐきの抵抗力も弱くなってしまうため炎症が起こりやすくなります。


〈歯ぎしり、くいしばり〉
歯ぎしりやくいしばりをしているとき、歯には強い力がかかっています。

このような強い力により歯周組織がダメージを受けることを咬合性外傷といいます。

細菌の感染による歯周組織の破壊はこの咬合性外傷によりさらに助長されてしまいます。

歯の周りの組織に過度な負担がかかり歯周病が進行することも防ぐ必要があります。。


・不適合な冠
歯に合っていない詰め物やかぶせものは、適合が悪いため隙間が生じています。

その歯との境目や段差に歯垢(プラーク)が溜まりやすく、炎症が起こりやすくなります。

そのため、不適合な冠は新しくやり直していただいたほうが、プラークのたまりにくい環境に改善することができます。


・唾液量が少ない
唾液が少ないと口の中が乾燥し歯垢(プラーク)がつきやすくなります。

また、唾液の抗菌作用も減少するためお口の中の細菌が増えてしまいます。


以上が、局所的なリスクファクター(口腔内環境)になります。

矯正で歯並びを改善するとプラークがたまりにくくなるため、虫歯や歯周病の予防に大きく関わってきます。

このようにお口の中の環境を変えることも、歯周病の予防に有効です。

次回は全身的なリスクファクター(生活習慣)についてお話します。



「歯周病 フリー」の画像検索結果

歯周病の原因(細菌編)

|
おはようございます!

酒田市の歯科医院、沢田歯科医院の沢田です。

前回、プラークには1mgの中に10億を超える細菌が棲みついている、とお話しました。
では、どんな種類の細菌がいるのでしょうか?

歯周病に関わっている細菌はたくさんいます。
その中で代表的なものは3種類です。


クリックすると新しいウィンドウで開きます

この「Red Complex」に入っている、

P.g.菌(Porphyromonas gingivalis)
T.f.菌(Tannerella forsythensis)
Td.菌(Treponema denticola)

です。

この中の、P.g菌が特に歯周病に大きく関わっています。
P.g菌は 偏性嫌気性菌 という種類で、酸素を嫌います。

以前もお話したように、虫歯の原因菌、ミュータンス菌は母子感染であることがわかっています。
しかし、P,g菌はどこから感染するのか、まだわかっていません。


この菌に感染したとしても、この菌は、細々と弱々しく生きています。
体に害を与えることもあまりありません。

ところが、お口の中が不潔になりミュータンス菌が歯に付着し始めるとプラークを形成し、
ある量に達すると、歯に接している歯肉に炎症が起こり、歯肉の内面に潰瘍(傷のようなものです)が形成され、血が出るようになります。
すると、餌を得たP,g菌は数百倍から数万倍までに増殖します。

そして、骨を破壊し歯周ポケットという歯と歯肉の間の溝をどんどん深くしていきます。
その溝が4mm以上になると、溝の深いところは酸素が減っていき、P.g菌の働きはますます活発になります。

一方、身体もP.g菌を攻撃し排除します。
しかしその結果、自らの歯の周りの骨を溶かしてしまうことになります。

これが歯周病です。

歯周病の予防は、
プラークを早めに除去し、
P.g菌に血液という餌を与えず、
酸素のない環境をなくす=歯周ポケットの深いところを減らしていく

ということが大切になります。


P.g菌などの細菌が0になることはありません。
歯周病は症状なく経過するため、自分のお口の中がどんな状態なのか、
P.g菌の増えやすい環境ではないか、
定期的に来院していただき、予防していくことが大切です。



虫歯の原因

|
おはようございます!

沢田です。

今日から虫歯についてお話します。

虫歯の原因にはいくつかあります。

たくさんの患者さんをみてきて、こう思うことがあります。

「けっこう汚れもついているお口なのに虫歯が少ないな」と。

患者さんの中にも、「頑張って歯ブラシしてても虫歯になる」という方もいらっしゃいます。
実際歯ブラシが当たっていなくて汚れもついている方もいらっしゃいますが、なぜでしょう?

これは虫歯に関係している要因がいくつかあるからです。

それは「歯質(歯の強さ)」「細菌(虫歯菌の数)」「食物」「時間」と言われています。
これを「カイスの輪」と専門的な用語で言います。
https://www.ohsakicity.dental/wp-content/uploads/2017/01/%E8%99%AB%E6%AD%AF%E3%81%AE4%E5%A4%A7%E8%A6%81%E5%9B%A0-300x225.jpg 
また次回から細かくみていきますが、たとえば、同じくらいの量の汚れ(プラーク)がついていると思っても、歯質が虫歯に対して強い人、弱い人では虫歯になりやすいかどうか、が違ってきます。

次回から詳しくお話していきますね。





タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

↑ PAGE TOP