山形県酒田市の歯医者│沢田歯科医院│予防に重きを置き地域の皆様のお口の健康を守ります

TEL0234-26-4448

休診日:日曜、祝日

山形県酒田市の歯医者|沢田歯科医院ブログでタグ「前歯」が付けられているもの

被せ物の種類(前歯)

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。


今回は、前歯(犬歯を含む)の被せ物についてお話します。


沢田歯科医院では、前歯の被せ物の種類は5種類から選んでいただけます。

自費のもの
・オールセラミック(ジルコニアレイヤリング)
・オールセラミック
・メタルセラミック
・メタルハイブリッド

保険のもの
・硬質レジン前装冠

の5種類です。



特徴をお話していきます。


・オールセラミック(ジルコニアレイヤリング)
丈夫で白いジルコニアにセラミックを焼き付けたもの
長所
  • 自然の歯に近い美しい色で変色しない
  • 磨耗に強く耐久性に優れている
  • 清潔感が高く、プラーク(細菌)がつきにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
短所
  • かみ合わせによっては欠けることがまれにある
  • 高価

・オールセラミック(e-max)
上のものに比べると透明感(白さ)は強いセラミック
長所
  • 自然の歯に近い美しい色で変色しない
  • 磨耗に強く耐久性に優れている
  • 清潔感が高く、プラーク(細菌)がつきにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 上のもの(ジルコニアレイヤリング)に比べ安価
短所
  • かみ合わせによっては欠けることがまれにある
  • 高価
  • 土台の色が反映されることがある

・メタルセラミック
金属にセラミックを焼き付けたもの
長所
  • 自然の歯に近い美しい色で変色しない
  • 磨耗に強く耐久性に優れている
  • 清潔感が高く、プラーク(細菌)がつきにくい
  • 金属を使っているため、ある程度の耐久性がある
短所
  • 欠けることがまれにある
  • 金属アレルギーになる可能性がある

・メタルハイブリッド
セラミックとプラスチックを混ぜたものを金属につけたもの
長所
  • 保険の前装冠より変色しにくい
  • オールセラミック、メタルセラミックより安価
  • 裏側に金属を使っているため、ある程度の耐久性がある
短所
  • 多少の変色がある
  • 欠けることがまれにある

・硬質レジン前装冠
金銀パラジウム合金の表面にプラスチックを貼り付けたもの
長所
  • 保険適用なため経済的
短所
  • 変色する
  • 歯ブラシでも削れてしまうことがある
  • プラーク(細菌)がつきやすく歯周病になりやすい
  • 金属アレルギーになる可能性がある

このように、同じかぶせ物でも長所、短所があり、見た目も保険のものと自費のものでは全然違います。

詳しくは、またいつでも質問してください。

前歯のはえかわり

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

今回は、「上の前歯のはえかわり」についてお話します。



上の前歯は6歳くらいに、乳歯(こどもの歯)から永久歯(おとなの歯)に生え変わりはじめます。

 歯科医師の間ではこの時期を「みにくいアヒルの子の時期」と呼びます。

今までの乳歯は、小さくて白いかわいい歯でした。

その乳歯が抜けて、しばらくしてようやく生えてきた永久歯は、サイズはかなり大きくなって、色も少し黄色味がかっています。

そして、少し外開きの八の字のように生えてきて、真ん中に隙間があることがあります。

 

この隙間は、異常なことではありません。

真ん中2本のとなりに、永久歯が生えてくると、少し隙間の量が減ります。

そして、犬歯が生えてきて、安定します。

ほとんどの場合、前歯4本生え変わって、犬歯が生えてくることで、自然に治っていきます。

なので、前歯が生えそろうまで、何年かの辛抱です。



 

しかし、自然に治っていかないこともあります。

・余分な歯が、骨の中に埋まっている。

・粘膜の筋が、間に入り込んでいる。

・舌を出すなど、悪習癖がある。

など、他に原因があると、自然に隙間が閉じていかない場合もあります。

 

お子さんの前歯に隙間はあいていませんか?

気になる方は、ぜひ気軽にご相談ください。


奥歯(臼歯)の働き

|
こんにちは。

歯の働き、最後は奥歯、「臼歯」についてです。


臼歯とは奥歯のことをいいます。
臼歯は「臼(うす)」と書くだけあって、食べ物を噛み砕いたり、すりつぶしたりする役割を担っています。
臼歯には小臼歯と大臼歯があり、小臼歯は上下左右それぞれ2本ずつの計8本、大臼歯は上下左右それぞれ3本ずつの計12本あります(親知らずがない場合は8本あります)。
歯列の一番奥にある3番目の大臼歯(第三大臼歯)は、いわゆる「親知らず」です。
最近では顎の大きさが小さくなってきているため、この親知らずはまっすぐにしっかりはえてきてきている方は珍しく感じます。

小臼歯は噛み合わせにおける重要な役割も果たしています。
食べ物を噛んだ時、下顎は後方へ若干ずれるのですが、そのとき唯一噛み合うのが小臼歯です。
下顎が後方へ下がり過ぎないようにくい止める役割を担っています。

大臼歯は、第一大臼歯・第二大臼歯・第三大臼歯とあり、この3つの歯が上下の歯を噛みしめたときの歯の高さを決め、維持する役割を担っています。
そのため、奥歯の高さをしっかりと確保する前に前歯の治療をすると、前歯への負担が大きく、長持ちしない傾向があります。
とくに第一大臼歯は噛み合わせの安定のために重要な歯といわれています。
しかし、第一大臼歯は「6歳臼歯」とも呼ばれ、生えてくる時期が6歳前後と早い永久歯であり、虫歯になりやすい歯でもあるため、注意して日々のケアを行うことが大切です。
(ちなみに第二大臼歯は「12歳臼歯」と呼ばれます)


このように歯には形によって色々な役割をもっています。

1本でも大切にすることが、お口の健康を保つのには大切です。

これからも歯を長持ちさせ、体を健康に保つサポートをさせていただけると嬉しいと思います。

なにか疑問などありましたら、一度ご来院ください☆


前歯の役割

|
前回の記事では、歯の形が違うからには歯の役割も違うというお話をしました。

今回から詳しくみていきたいと思います。

歯の種類は役割で分類すると、大きく分けて3種類あります。(形は4種類あります)

「前歯」「犬歯」「臼歯(小臼歯、大臼歯)」です。

では、それぞれどのような働きをもつのでしょうか?

「前歯」
前歯とは、歯列の中央にある、お口の前のほうにある歯のことをいいます。
上下左右でそれぞれ2本ずつ、計8本あります。
先天欠如といい、生まれつき歯の本数が少なかったり、癒合歯、癒着歯という2本が1本になっている場合は本数の少ない方もいます。
正中にある2対の前歯は中切歯(ちゅうせっし)、その隣の前歯を側切歯(そくせっし)と呼びます。
薄く平べったい形で、上下の歯を噛み合わせることで食べ物を噛み切ったり、ちぎったりする役割があります。

そして前歯は一番目立つ位置にあるため、顔の印象に大きな影響を与える歯でもあります。
歯の大きさ、形、歯並びによって、人の印象派大きく変わります。
アメリカでは歯並びは出世に大きく影響するといわれています。

また、発音においても重要な役割を担っています。
前歯がなくなると、お口の空気が抜け発音しづらくなります。
前歯の歯並びが悪い場合、「た行」や「な行」、「ら行」など舌先を上の前歯の裏側に当てて発音する言葉が不明瞭になります。

このように、歯には形が違うと役割が変わってきます。

次回は犬歯についてお話します。

タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

↑ PAGE TOP