山形県酒田市の歯医者│沢田歯科医院│予防に重きを置き地域の皆様のお口の健康を守ります

TEL0234-26-4448

休診日:日曜、祝日

山形県酒田市の歯医者|沢田歯科医院ブログでタグ「出血」が付けられているもの

歯周病とは(症状編)

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

今回は歯周病の症状についてお話します。

歯周病は、Silent Disease(サイレントディジーズ)"静かなる病気"だといわれます。
サイレントディジーズといわれる所以は、「歯周病は痛みなどの自覚症状が出にくい」という特徴からです。


では歯周病になるとどのような症状が出るのでしょうか?

早期発見、早期治療を行うためにはぜひ症状を知っておきましょう。

歯周病には3つの段階があります。


歯周病の段階1 歯肉炎の症状

歯茎が赤く腫れた状態になります。

歯茎を指で軽く押すとブヨブヨとしていたり、歯を磨くと血が出るという症状もこの初期段階で表れてきます。

また、起床時に口の中のねばつきが気になることもあります。


歯周病の段階2 歯周炎の症状

歯肉炎の症状がさらに進行すると、歯茎が下がり歯周炎を引き起こします。

歯茎が下がると歯が長くなったように見えたり、歯が浮いているような感じがします。

また、食べ物が詰まりやすくなったり、歯周病独特の強烈な口臭がするようになります。


歯周病の段階3 歯槽膿漏の症状

歯茎を指で押すと膿が出る状態です。

歯周組織の感染が進むため歯がぐらぐらするようになります。

今挙げた段階別の症状以外にも、硬いものを噛むと痛みを感じたり、歯茎にムズムズとしたかゆみを感じたり、歯茎が赤紫色っぽい場合なども歯周病の疑いがあります。


痛みが出るようになる頃には、歯周病が重度にまで進行している可能性が高く、場合によっては、歯を残す事が難しい場合もあります。
歯を失うような事にならないためには、歯や歯ぐきに少しの異常や違和感を感じたら、早めに受診をする事が大切です。
自覚症状が出にくい歯周病ですが、よく注意するようにすれば、歯周病初期のわずかな異常に早めに気がつき、早めに治療を開始する事ができます。

そのためにも定期的に来院していただき、検査をしてしっかりと管理し、予防することが大切です。


こんにちは!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

歯と歯肉の健康な状態について、今回は「プロービング」についてお話します。

歯医者さんで歯周病かどうかを調べたり、歯石取りをする前に「歯と歯ぐきの検査」をしたことはありませんか?
専門用語でいうと、プロービング、とういう検査です。

プロービングとは、プローブという先端に目盛りがついている器具を使って歯周ポケットの深さを測る事を言います。

1本の歯に対して1ヶ所、4ヶ所、または6ヵ所の歯周ポケットを調べます。(場合によります)

そもそも、歯周ポケットとは歯と歯ぐきの間の溝の深さの事でこの溝を測っていきます。

ちなみに、健康な場合は歯周ポケットとは言わず「歯肉溝」「サルカス」と呼びます。

この検査で健康な場合は3mm以下、出血や膿が出たりはしません。



「プロービングと...」の画像検索結果

プロービングでは7つの情報を得られます。
・歯周ポケットの深さ・形態
・歯周組織の抵抗力・炎症の存在
・歯肉の質、形態
・歯根の形態(歯根の湾曲や 根面のグルーブ)
・歯肉縁下プラーク、歯肉縁下歯石の有無と程度
・アタッチメントレベル
・根分岐部病変の有無と程度

と、専門的な言葉で言うと上のようになりますが、
要は「歯ぐきは悪くなっていないかな?」という検査です。


クリックすると新しいウィンドウで開きます

健康な歯肉の場合、歯と歯肉は「付着」というものによってくっついており、このプローブを適正な力で挿入すると、その付着の部分(上皮性付着の部分)で止まります。

また、健康な歯ぐきはピンク色で、炎症も起こしていないため、このプロービングを行っても痛くもありませんし、出血もありません。


歯周病になると、この付着が壊れ、炎症が起こるため、同じ力でプロービングを行ってもお痛みがあったり、出血があったりします。


健康な場合の歯と歯ぐきの関係はこの程度にして、次回から歯周病について細かくお話していきますね。



タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

↑ PAGE TOP