山形県酒田市の歯医者│沢田歯科医院│予防に重きを置き地域の皆様のお口の健康を守ります

TEL0234-26-4448

休診日:日曜、祝日

山形県酒田市の歯医者|沢田歯科医院ブログでタグ「再石灰化」が付けられているもの

虫歯の原因 時間について2

|
おはようございます。

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

今回は「歯が溶けている時間」についてお話します。

食事のコントロールについてです。

この「歯が溶けている時間」について必要な「ステファンカーブ」についてお話します。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

クリックすると新しいウィンドウで開きます



これがステファンカーブと呼ばれるグラフです。

朝・昼・夜に規則正しく食事をとった場合の、口腔内(歯についているプラーク)のph( 酸性、アルカリ性の程度を示す値)の移り変わりを表すと、上のようなグラフになります。

最初は弱アルカリ性(正常値)だった口腔内が、朝食事をとると急激に酸性になり、お昼になるにしたがってまた弱アルカリへと戻す。そしてまた昼食をとると酸性になり、また時間とともに弱アルカリに戻るといった具合になっていると思います。 

つまり食事をとると口腔内は急激に酸性になります。だいたいpH5.4以下になると歯が溶け始めると言われていますので、食事をとった後しばらくの間、口腔内は酸で歯が溶けている状態ということになります。

しかし唾液にはこの酸性環境を弱アルカリ性(正常な状態)に戻す働きがあり、溶けはじめた歯の表面を再石灰化する力も持ち合わせています。

グラフを見ると唾液の力により時間とともに酸性になった口腔内がアルカリ性へと戻っていくのがわかりますね。

ちなみにこの唾液の作用は緩衝能(かんしょうのう)と呼ばれています。

緩衝能の力にも個人差があり、また唾液の量が多い人ほど虫歯にもなりにくいと言われています。


しかし、朝・昼・夜の決まった食事以外に間食をしてしまうなど、規則正しい食生活ではない人のステファンカーブは、下のグラフがそれを表しています。

このように、間食をたくさんすることで、歯を溶かしている時間を長く作っていることになり、
歯は再石灰化をする間もなく溶けている→虫歯になる
といったことになります。

虫歯予防に、食事のコントロールも大切なことがおわかりいただけたでしょうか?


このように虫歯になりやすいかどうかは、色々な原因が関係しています。

一度削ってしまった歯は戻りません。
予防がとても大切です。

定期的に検診を受け、予防を大切にしていただくことが、将来歯を長く持たせる方法です。

ぜひ定期的にご来院ください。

虫歯に対して強い歯と弱い歯

|
こんにちは。

沢田です。

今回からは、虫歯へのなりやすさの要因についてみていきます。
 
虫歯のメカニズムは簡単に説明すると、虫歯菌が酸を作り出し、その酸によって歯が溶かされて穴があいてしまう、というものです。

この酸に対して歯が強いか弱いかにより、溶けやすいかどうかは変わってきます。
歯の一番外側のエナメル質、その下の象牙質が生まれつき、うまく石灰化せず、歯質が弱い方がいらっしゃいますが、このような場合は特に注意が必要です。
通常よりも歯が弱く、虫歯になりやすいと言えます。

そして、虫歯になりにくい歯を作るということで今注目されているものがあります。
それはフッ化化合物、一般的に「フッ素」と呼ばれているものです。

世界中でフッ化物が使用されており、最も有効性が確立されているのが、虫歯予防の目的なのです。

1990年の調査で、アメリカなどの口腔保健の先進国では90%を超える普及率を誇り、日本でも近年になってフッ素が含まれている歯磨き粉やスプレーなどのケア用品のシェアが上昇しています。

しかし、どのケア用品も日本の薬事法によりフッ化物の濃度は1500ppm以下に規制されています。(2018年現在)

また、歯科医院でしっかり歯の汚れを落とし、フッ化化合物を直接歯の表面に塗布することにより、効果の高い虫歯予防を行うことができます。
歯科医院で使用できるフッ化化合物は市販されているケア用品と比べて濃度が高くなっているので、より良い効果が期待されます。

では、フッ化物を使用することの有効性はどのようなものでしょうか?

フッ化化合物を使用することによる虫歯予防のメカニズムは、エナメル質にフッ化物が沈着することによる歯の再石灰化の促進と、歯垢中へのフッ化物の蓄積により抗菌作用を与えます。
そしてフッ化物の蓄えとして機能することよって、虫歯菌が歯への侵襲時に脱灰の抑制とともに再石灰化を促進させます。

このように、フッ素は使わない場合に比べ、虫歯になりにくい歯を作ってくれるのにとても有効です。


みなさんも、普段はフッ素入りの歯磨き粉を使い、何ヶ月かに一度は来院していただき、濃度の高いフッ素を塗っていただければと思います。



エナメル質の再石灰化

|
こんにちは。

前回はエナメル質について書きました。
今回はそのエナメル質に関係する、「再石灰化」についてお話します。

「再石灰化」とは、お口の中で常に起きている現象で、歯を脱灰(歯が溶けること)から守る唾液の自然治癒のメカニズムです。

歯は「溶ける→再石灰化」を常に繰り返し、硬さを保っています。
では、どんなときに溶けているのでしょうか?

歯には臨海pHという基準があります。
pHとはあの小中学校の理科でやった酸性アルカリ性、などのあれです。

臨界pHとは、歯質がミネラルの喪失を起こす(歯が溶け出している)もっとも高いpHの値で、象牙質でpH6.0?6.2、エナメル質でpH5.5以下です。
歯の表面は食後、酸性の脱灰の領域(pH値が低くなり歯がとける段階)に入ります。

このpHはどこのpHのことを言っているかというと、プラーク(歯垢)のpHです。
プラークについてはまた後日詳しくご説明しますが、歯についている細菌の塊のことです。

プラーク溶液中のpHが5.5以下に低下すると、エナメル質の構成成分であるハイドロキシアパタイトが唾液やプラーク溶液中に溶けだします。
この状態を「脱灰」と言います。

脱灰が起こると、唾液がカルシウムイオンとリン酸イオンを補給し、エナメル質の結晶(ハイドロキシアパタイト)を新しく形成し、元の健康な状態に戻す現象です。

再石灰化を促進するためには、プラーク(歯垢)をしっかり落とすこと、唾液が歯の表面に十分に接触するようにしておくことです。

また、お口の中ににフッ化物イオンが存在すれば、耐酸性の強いフルオロアパタイトが生成されます。
通常より歯が強くなるということです。

このようなことからもフッ素は虫歯に対し、とても有効だと言えます。

なお、食事回数の増加は、継続的なpHの低下を持続させてしまいます。
その結果、脱灰時間が延長して虫歯のリスクを増加させることから、規則正しい食生活習慣というものはとても大切になってきます。

この辺りは虫歯のメカニズムにも大きくかかわっています。
また後日、書いていこうと思います。

エナメル質とは

|
こんにちは。

前回は歯の構造についておおまかに説明しました。

今回から、少し細かくみていこうと思います。

最初は「エナメル質」です。

歯の頭(歯冠)の一番外側、表面を覆う部分をエナメル質といい、、人体の中でもっとも硬い組織です。

しかし、実は意外とデリケートです。

歯の外層であるエナメル質の97%はハイドロキシアパタイトというリン酸カルシウムの一種からできています。
滑らかに感じるエナメル質の表面も、電子顕微鏡で見ると実はつま楊枝の束のように無数の「エナメル小柱」というものからなっています。
この「エナメル小柱」は切歯や臼歯といった歯の種類によって異なりますが、およそ800万本?1,200万本あります。
エナメル質は実際には半透明ですが、歯が白く見えるのはその下の象牙質(乳白色)が透けて見えるからです。

歯の美しさと健康のカギはこのエナメル質です。
強すぎるブラッシングや硬い食べ物、歯ぎしりやくいしばり等でミクロの傷がついたり、ヒビが入ってしまったり、酸によりエナメル質内部のミネラル成分が溶け出したりと、日々微細なダメージにさらされています。
そうなるとエナメル質の表面は曇り、光の透過や屈折が鈍くなるため、透明感と輝きを失い、みずみずしく見えるはずの象牙質の白さは損なわれてしまいます。

さらに、エナメル小柱の隙間に虫歯菌が生産した酸が入り込むと、内部からハイドロシキアパタイトが溶け出し小柱構造が崩れ、初期むし歯、そしてやがて穴があく後戻りできない虫歯になってしまいます。
初期むし歯の段階では、溶け出したミネラルを戻す再石灰化がまだ可能なのです。



次回は再石灰化について書いていきます。


タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

↑ PAGE TOP