山形県酒田市の歯医者│沢田歯科医院│予防に重きを置き地域の皆様のお口の健康を守ります

TEL0234-26-4448

休診日:日曜、祝日

山形県酒田市の歯医者|沢田歯科医院ブログでタグ「全身」が付けられているもの

歯周病と関節リウマチ1

|
こんにちは!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

今回は「関節リウマチと歯周病」についてお話しします。

関節リウマチは免疫の異常が背景にあって起こる全身疾患です。
関節リウマチと歯周病とは双方の関係性があり、歯周病の人は関節リウマチを発症しやすく、関節リウマチの人は歯周病になりやすいことがわかっています。

関節リウマチは免疫の異常が背景にあって起こる全身疾患です。
免疫とは細菌やウイルスなど外から入ってくる異物から体を守る、非常に重要な生体防御システムです。
その働きの基本は自分(自己)と自分でないもの(非自己)を見分けることにあり、非自己と判断したものを攻撃します。
ところが、何らかの原因で自分の中にもともとあるもの(自己)を異物(非自己)だと見誤って攻撃してしまうことがあります。
これを自己免疫異常と言い、関節リウマチの場合では関節を取り巻いている「滑膜」がその標的になります。
異物だと間違って認識された滑膜には炎症細胞が集まり、攻撃が始まります。
滑膜に炎症が起こると、関節は赤く腫れあがって熱を持ち、痛みを生じます。
これが関節の炎症です。
炎症のかたまりが関節を構成している軟骨や骨をむしばんでいくと関節は本来の形が壊れ、変形していしまいます。
こうした関節破壊が進行すれば、元の状態に戻すことはできなくなります。
このような免疫の働きが自分自身を攻撃してしまう全身性の自己免疫疾患には、関節リウマチのほかに、シェーグレン症候群や全身エリトマトーデスなど、比較的若い女性に多く発症する病気もあります。
一般にこれらを総称して「膠原病」と呼んでいます。

関節リウマチの症状は、手の指や足の指のような小さな関節から起こることが一般的です。
女性の場合は、炎症を起こしている関節が腫れて指輪が入りにくくなったり、朝の家事や身支度の時に手のこわばりや痛みが続いて気付くことも多く、はじめは1か所だけだったのが、徐々に複数の関節に症状が及ぶようになります。
必ずということではありませんが、典型的な関節リウマチの患者さんでは関節症状は左右対称に現れます。
このほか微熱、倦怠感、貧血、骨がもろくなる(骨粗鬆症)といった全身症状を伴うことがあります。
微熱や気だるさが長く続いて、色々と検査をしたら関節リウマチだったということも少なくありません。
さらに肺や皮膚、目、心臓、血管、腎臓、消火器など様々な臓器に関節外病変が現れることもあります。

また日々の生活での注意として、痛みが強い場合には痛みのある関節に負荷をかけないことが大切です。
例えば、日常的にパソコンを使うなら手関節に負荷がかからないようにクッションをおく、荷物を持つときには手で持つよりも、大きな関節である肘や方にかけるといった工夫をするといいでしょう。
ただし、痛みがあるからと言って関節を動かさないでいると、筋肉が弱まるだけでなく、筋肉と骨を結び付けている腱も短縮してしまい、関節の可動域が損なわれて動かなくなってしまいます。
炎症が悪化しない程度のストレッチなどで関節の動く範囲を保たせ、筋肉の衰えを予防することも大事です。

次回続きをお話しします。

口腔ケアと糖尿病

|
こんにちは!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

だんだん暑くなってきましたね。
体が疲れると、歯ぐきが腫れたり症状が出てくることがありますので、
なにか気になることがあればいつでもご連絡ください。

今回は、前回の続きで、糖尿病についてお話しします。



糖尿病の予防や改善はできるの?

糖尿病の予防には、肥満を解消させることが大切です。
まずは食事や運動習慣を見直してみましょう。
基本は、脂肪を控え、多様な食品をバランスよく、腹八分目に食べること、日常生活の活動量を増やすことです。
なお、欠食は次の食後の高血糖につながりやすくなります。
例えば、朝食を抜くと昼食後の血糖値が、朝食と昼食を抜くと夕食後の血糖値が急上昇します。
夕食だけ食べた場合の上がり方は特に顕著に上がります。
欠食することで1日の摂取カロリーは減るかもしれませんが、食事は一日三食摂取するのがおすすめです。

血糖値スパイクとは?
食後の血糖値は、健康な人の場合、食後30分くらいでピークになり、2時間くらいでまたもとに戻る動きをします。
ところが、食後一気に血糖値が急上昇した後、短時間で降下することがあります。
この状態を「血糖値スパイク」と呼びます。
問題なのは血糖値スパイクが糖尿病の人に限らず、正常型の人でも起きている可能性があるということです。
検診時の空腹時血糖値やHbA1cだけでは、血糖値スパイクの有無は把握できないからです。
こうした血糖値スパイクを繰り返していると、血管を傷める物質が作られ血管が傷ついて、動脈硬化や2型糖尿病の発症などのリスクを高めます。
食後に強い眠気や集中力の低下、頭痛などがみられる場合には、もしかすると血糖値スパイクが生じているのかもしれません。
大切なのは、血糖変動のクス内良質なHbA1cを保つということです。


口腔ケアと糖尿病
歯周病は糖尿病の重大な合併症の一つです。
これは高血糖によって感染を防御する力などが低下し、歯周病原因菌の増殖を制御できなくなるためです。
血糖コントロールがうまくできないことが歯周病を悪化、重症化しやすくします。
実際、糖尿病の人は歯周病に2倍以上かかりやすくなることがわかっています。
逆に、歯周病が重症であるほど血糖コントロールの状態も悪くなります。
歯周病の治療で歯周組織の慢性炎症が改善するとインスリンの働きがよくなり、HbA1cが0.4-0.7%低下すると報告されています。
定期的をに受けるお口のクリーニングを受けることは、糖尿病の人や糖尿病予備軍の人にとってとても大切なことです。

全身の健康のためにも、定期的にクリーニングを受けましょう!


オーラルケアと全身疾患

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

今回から、お口のケアに関係する全身の病気についてお話します。

・脳卒中
・糖尿病
・認知症
・メタボリックシンドローム
・狭心症、心筋梗塞
・関節リウマチ

についてお話しします。


今回は「脳卒中」についてお話しします。

脳卒中は、突然発症する脳血管の病気の総称です。
歯周病との関連も注目されており、歯周病やう蝕(むし歯)を放置することで、感染性心内膜炎を招いたり、細菌性脳槽脈瘤を作ることがあります。
細菌性脳動脈瘤は、脳内の細い血管にできやすく、脆く破裂して、くも膜下出血を起こしやすくなります。

脳卒中にはいくつかタイプがあり、
?血管が詰まる「脳梗塞」
?血管が切れる「脳出血」
?主に脳動脈瘤が破裂して起こる「くも膜下出血」の大きく3つに分けられます。

その主な原因になるのが「動脈硬化」です。
動脈硬化とは、動脈内壁に傷がつき、それを修復しようと炎症細胞が集まることで、血管の壁が厚みを増していく現象をいいます。
動脈硬化が起こると、おかゆのような物質や血管の内側が徐々に細くなったり、血管が詰まりやすくなったりします。
また、血管の壁が厚く硬くなって血液が流れにくくなるため、それに打ち勝とうとして心臓が頑張り、血圧を上げます。

この状態で、
髪の毛より細い血管がつまってしまうと→脳梗塞
血圧の上昇に血管が耐え切れなくなると→脳出血
が起こります。
ただし、動脈硬化は血管壁に均一に起こるわけではありません。
ところどころ血管の壁に薄い部分ができ、そこに血流の圧力がかかると風船のように膨らんで動脈瘤という「こぶ」ができます。
この脳の動脈瘤が破裂すると→くも膜下出血 となります。

脳卒中の代表的な症状には次のようなものがあります。

脳梗塞の場合
片側の手足の麻痺やしびれ、ろれつが回らない、言葉が出ないなどの症状が多く、痛みが出ることはほとんどありません。

脳出血の場合
脳梗塞と同じような症状がみられたりしますが、症状がより重度で、意識障害を伴うことも。収縮期血圧gあ200mmHgを超える高血圧や、嘔吐、けいれん発作などの随伴症状が現れることもあります。

くも膜下出血の場合
ハンマーで殴られたような突然の激しい頭痛が最大の特徴で、嘔吐したり、意識がもうろうとしたりすることも多いです。頭痛や嘔吐を伴い、食欲が落ちて食事がとれない場合は要注意です。

以下のような脳梗塞の「前兆」にも注意が必要です。
脳梗塞の場合、一次的に症状が現れ、多くは数分から数十分で元に戻る前触れ発作がおこることがあります。これを「一過性脳虚血発作」といいます。
放っておくとそのあとに脳梗塞を発症する危険が高いので、できるだけ速やかに病院を受診しましょう。

長くなりましたので、次回もう少し脳卒中についてお話しします。


お口のケアと病気の関係

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

新型コロナウイルスが流行っていますがいかがお過ごしですか?

沢田歯科医院では、患者さんに受付時に手のアルコール消毒にご協力いただいたり、口腔外バキュームを使用したり、スリッパやチェア、器具の消毒方法も以前以上にしっかりしています。

前よりも仕事は増えますが、安全が一番ですね。


以前、お口のケア(オーラルケアと言います)と新型コロナウイルス予防の関係についてお話ししましたが、今回は全身的なお話をしていきたいと思います。


オーラルケアに力を入れると、口腔内だけでなく、体全体の不調も改善されることがわかってきています。

人は1日に平均1?1.5Lの唾液を飲み込んでいます。

その中には約1兆個の細菌が含まれており、もし口腔内の環境が劣悪で、歯周病の原因となる悪玉菌が1%でもいれば、かなりの量が体内に取り込まれていることになります。

メカニズムはまだはっきりわかっていませんが、歯周病菌が腸まで運ばれた結果、体に悪い影響を与えていると考えられます。

オーラルケアと糖尿病の関係も明らかになっており、韓国の梨花(イフア)女子大学が行った研究によれば1日3回、定期的に歯磨きをしている人は、2型糖尿病発症リスクが低く、反対に歯周病の人や歯の本数が少ない人はリスクが高まると言われています。

歯肉炎がひどくなって歯周病菌が繁殖すると、細菌が毛細血管内に侵入して全身に回ります。

細菌は体内で死滅しますが、細菌に含まれる毒物は残り、血糖値を下げるインスリンの働きを阻害するといわれています。

また、認知機能を低下させる可能性も指摘されている。

歯周病の原因菌の1つ『ジンジバリス菌』が、アルツハイマー型認知症患者の脳から検出されたという報告もあります。

また2019年には、九州大学の研究グループが、歯周病患者の歯茎にアルツハイマー病の原因といわれる『アミロイドβ』が生じていることを明らかにしました。

 恐ろしいのはそれだけではなく、2人に1人が罹患し、いまや国民病といわれるがんもまた、口腔内の環境と無関係ではないと言われています。

歯周病がある人ほど口腔内のがんが増加するという報告は、いくつもあります。加えて、最新の研究によれば大腸がんと歯周病の関係も明らかになりつつあります。

歯周病の原因菌が大腸がんの腫瘍から発見されたという報告もあります。

唾液とともに飲み込まれた菌が、がんを引き起こしている可能性も指摘され始めています。

このように、歯周病は体の様々な病気と関係していることが最近わかってきています。

全身の健康を保つためにも定期的な口腔ケアをしませんか?



歯周病の全身への影響2

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

前回に続き、歯周病が全身に及ぶ影響についてお話します。

・狭心症、心筋梗塞
・脳梗塞
・糖尿病
・誤嚥性肺炎
・骨粗しょう症
・早産、低体重児出産 の後半のお話をしていきます。

<誤嚥性肺炎>
気管に入った唾液中の細菌などが肺に感染して起こる肺炎が「誤嚥性肺炎」です。
高齢者に多く見られる病気の一つです。
特に、要介護の高齢者などは飲み込む力や咳をする反射が低下しているため、唾液やプラークなどが気管に入りやすく誤嚥を起こします。
そのように入り込んだ歯周病原性細菌などのお口の中の細菌が、肺炎を起こしやすくすると考えられています。
実際、この病気の多くの患者さんから歯周病原性細菌が見つかっています。
そのため、高齢者に口腔ケアを行い、歯周病原性細菌等の口内細菌が減少すると肺炎の発症率が下がることが報告されています。

<骨粗しょう症>
骨量が減少して海綿状(骨がスカスカな状態)になり、もろく折れやすくなった状態が「骨粗しょう症」です。
高齢の女性に多く見られる病気として知られています。
まだ充分に解明はされていませんが、歯周病になった歯肉で産生されるサイトカインには、骨代謝に影響を及ぼすものがあり、歯の喪失と骨密度の減少には関連があるという研究報告があります。
逆に、骨粗しょう症の人が歯周病に罹患すると、歯周組織の歯槽骨が急速に吸収されることで症状が進行しやすくなる可能性が知られています。

<早産、低体重児出産>
妊婦さんで歯周病に関連するのが、「早産・低体重児出産」です。
妊娠中はホルモンの変化などにより歯ぐきの炎症が起こりやすくなり、歯周病になる人も少なくありません。
これが「早産・低体重児出産」の危険度を高めている、と言われています。
歯肉の血管から侵入した歯周病原性細菌やサイトカインが血流に乗って子宮に達すると、子宮筋の収縮を引き起こして早産や低体重児出産になる可能性があります。
最近の報告によると、歯周病にかかった妊婦さんに低体重児出産が起きるリスクは健常者の4.3倍程度と言われているのです。
妊婦さんと歯周病との関わりについては、また詳しくお話します。


このように、歯周病はお口の中の問題なだけではなく、全身にも影響を及ぼすと言われています。
直接的に全身に関わらなくても、歯周病になり歯が抜けて放置しまうと食べ物をしっかり噛むことが難しくなります。
食べ物をしっかりと噛むことができないと栄養の吸収にも関わるため、歯周病への意識を高く持っていただけると嬉しいです。
歯周病は症状なく経過する病気なため、定期的に歯医者さんに通っていただき、予防していくことが大切です。
今後も健康な身体で過ごしていくために、お口の中は綺麗にしていきましょう。

「歯周病 全身 フ...」の画像検索結果


歯周病の全身への影響

|
おはようございます!

酒田の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

今回は、歯周病が全へ及ぼす影響についてお話します。

歯周病にかかると、歯茎から血が出たり、口臭がするようになったり、歯がグラグラするようになったりすることは、以前の回でお話したとおりですが、実は歯周病の症状というのは、お口のなかだけに留まりません。
歯周病が進行すると、血液を介して歯周病菌が各臓器に運ばれ、全身疾患に悪影響を及ぼすことが明らかになっています。

現在、歯周病と関わりの大きいものは

・狭心症、心筋梗塞
・脳梗塞
・糖尿病
・誤嚥性肺炎
・骨粗しょう症
・早産、低体重児早産

などがあります。
少し詳しくみていきましょう。

狭心症、心筋梗塞>
心臓に血液を供給する冠状動脈で血液の流れが悪くなり、心臓に障害が起こる病気の総称を「冠状動脈性心疾患」と呼びます。
中でも、心筋梗塞や狭心症の虚血性心疾患は、心臓の冠状動脈にアテローム性プラーク(血管沈着物)が形成され閉塞されていくことで生じる病気です。
血管内に侵入した歯周病原性細菌やその病原因子などが、血流に乗って冠状動脈に達すると、アテローム形成が加速化します。
その結果、心血管の病気が発症しやすくなります。
歯周病に罹患していると、心血管疾患の発症リスクは1.15〜1.24倍高まると言われています。

<脳梗塞>
歯周病菌などの刺激により動脈硬化を誘導する物質が出て血管内にプラークができ、血管が細くなります。
プラークがはがれて血の塊ができるとその場で血管がつまったり、細いところでつまります。
脳梗塞は、このように脳血管がつまる病気です。
歯周病の人はそうでない人の2.8倍脳梗塞になりやすいといわれています。

<糖尿病>
糖尿病には網膜症・腎症・神経障害・末梢血管障害・大血管障害などの合併症があり、歯周病はこれらに続く第6の合併症と捉えられています。
そのため糖尿病患者さんの多くに重度の歯周炎が見られます。
また、歯周病の炎症の場で産生されるサイトカインのうち、ある種のものが血糖値を低下させる作用を持つインスリンの効きを阻害する(インスリン抵抗性)ため、歯周病患者は血糖コントロールが改善しにくくなります。
したがって、歯周病治療を行うことで炎症が収まり、サイトカイン濃度が低下すれば血糖コントロールの改善に影響を与えると考えられています。

糖尿病についてはまた詳しくお話します。

次回は続きをお話していきますね。



タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

↑ PAGE TOP