山形県酒田市の歯医者│沢田歯科医院│予防に重きを置き地域の皆様のお口の健康を守ります

TEL0234-26-4448

休診日:日曜、祝日

山形県酒田市の歯医者|沢田歯科医院ブログでタグ「免疫」が付けられているもの

歯周病と関節リウマチ2

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。
暑くなってきましたが体調はいかがですか?
暑くなり、体力が落ちると歯ぐきが腫れやすくなったりしやすくなります。
何か気になることがあればいつでもご連絡ください。

今回は、前回の続きで関節リウマチについてお話します。


関節リウマチの予防、改善はできるのでしょうか?

関節リウマチには、いまだこれが原因と特定されるものがなく、いくつもの要因から複合的に起こると考えられています。
その中でポイントとなるのが遺伝要因と環境要因です。
関節リウマチは遺伝病ではありませんが、両親、祖父母など血縁者に関節リウマチの人がいる場合、なりやすさを受けついている可能性があります。
ただし、それだけで決まってくるのではありません。
生まれてからのいろいろな刺激(環境因子)が加わって免疫異常を起こしてしまうのです。
現在では、喫煙習慣、歯周病のある人は関節リウマチになりやすいことがわかっており、それらが重なることでさらに発症のリスクが高まると考えたほうがよさそうです。
このほか、細菌やウイルスの感染、腸内細菌の構成にもかかわりがあるといわれており、今なお盛んに研究されています。

口腔ケアと関節リウマチ
関節リウマチと歯周病とは双方の関係性があり、歯周病の人は関節リウマチを発症しやすく、関節リウマチの人は歯周病になりやすいことがわかっています。
歯周病原因菌のPg菌はアルギニンというもともと体内にある蛋白をシトルリンという物質に変化させることで知られています。
それを異物と認識して作られる抗体が、関節リウマチの診断に有用な抗CCP抗体です。
この抗体が体のあちらこちたで、シトルリン化蛋白に対してどんどん炎症反応や免疫異常の反応を引き起こします。
つまり歯周病が原因で免疫異常が引き起こされて、それが関節の炎症に結びついてしまうのです。
逆に、関節リウマチの人が治療薬などで免疫力が低下していれば、容易に歯周病を併発しやすくなります。
また、関節症状が進行すれば歯磨きなどが難しくなり、口腔内の清潔が保たれずに歯周病が悪化することもあります。
さらに関節リウマチではシェーグレン症候群という唾液分泌を低下させる膠原病を合併することもしばしばあり、口腔内衛生が一層保ちにくくなります。
悪循環に陥らないように歯周病は悪化させず、きちんと管理することが大事です。

普段からのメンテナンスをしっかり行い、健康に過ごしましょう!

歯周病と関節リウマチ1

|
こんにちは!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

今回は「関節リウマチと歯周病」についてお話しします。

関節リウマチは免疫の異常が背景にあって起こる全身疾患です。
関節リウマチと歯周病とは双方の関係性があり、歯周病の人は関節リウマチを発症しやすく、関節リウマチの人は歯周病になりやすいことがわかっています。

関節リウマチは免疫の異常が背景にあって起こる全身疾患です。
免疫とは細菌やウイルスなど外から入ってくる異物から体を守る、非常に重要な生体防御システムです。
その働きの基本は自分(自己)と自分でないもの(非自己)を見分けることにあり、非自己と判断したものを攻撃します。
ところが、何らかの原因で自分の中にもともとあるもの(自己)を異物(非自己)だと見誤って攻撃してしまうことがあります。
これを自己免疫異常と言い、関節リウマチの場合では関節を取り巻いている「滑膜」がその標的になります。
異物だと間違って認識された滑膜には炎症細胞が集まり、攻撃が始まります。
滑膜に炎症が起こると、関節は赤く腫れあがって熱を持ち、痛みを生じます。
これが関節の炎症です。
炎症のかたまりが関節を構成している軟骨や骨をむしばんでいくと関節は本来の形が壊れ、変形していしまいます。
こうした関節破壊が進行すれば、元の状態に戻すことはできなくなります。
このような免疫の働きが自分自身を攻撃してしまう全身性の自己免疫疾患には、関節リウマチのほかに、シェーグレン症候群や全身エリトマトーデスなど、比較的若い女性に多く発症する病気もあります。
一般にこれらを総称して「膠原病」と呼んでいます。

関節リウマチの症状は、手の指や足の指のような小さな関節から起こることが一般的です。
女性の場合は、炎症を起こしている関節が腫れて指輪が入りにくくなったり、朝の家事や身支度の時に手のこわばりや痛みが続いて気付くことも多く、はじめは1か所だけだったのが、徐々に複数の関節に症状が及ぶようになります。
必ずということではありませんが、典型的な関節リウマチの患者さんでは関節症状は左右対称に現れます。
このほか微熱、倦怠感、貧血、骨がもろくなる(骨粗鬆症)といった全身症状を伴うことがあります。
微熱や気だるさが長く続いて、色々と検査をしたら関節リウマチだったということも少なくありません。
さらに肺や皮膚、目、心臓、血管、腎臓、消火器など様々な臓器に関節外病変が現れることもあります。

また日々の生活での注意として、痛みが強い場合には痛みのある関節に負荷をかけないことが大切です。
例えば、日常的にパソコンを使うなら手関節に負荷がかからないようにクッションをおく、荷物を持つときには手で持つよりも、大きな関節である肘や方にかけるといった工夫をするといいでしょう。
ただし、痛みがあるからと言って関節を動かさないでいると、筋肉が弱まるだけでなく、筋肉と骨を結び付けている腱も短縮してしまい、関節の可動域が損なわれて動かなくなってしまいます。
炎症が悪化しない程度のストレッチなどで関節の動く範囲を保たせ、筋肉の衰えを予防することも大事です。

次回続きをお話しします。


タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

↑ PAGE TOP