山形県酒田市の歯医者│沢田歯科医院│予防に重きを置き地域の皆様のお口の健康を守ります

TEL0234-26-4448

休診日:日曜、祝日

山形県酒田市の歯医者|沢田歯科医院ブログでタグ「付着」が付けられているもの

こんにちは!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

歯と歯肉の健康な状態について、今回は「プロービング」についてお話します。

歯医者さんで歯周病かどうかを調べたり、歯石取りをする前に「歯と歯ぐきの検査」をしたことはありませんか?
専門用語でいうと、プロービング、とういう検査です。

プロービングとは、プローブという先端に目盛りがついている器具を使って歯周ポケットの深さを測る事を言います。

1本の歯に対して1ヶ所、4ヶ所、または6ヵ所の歯周ポケットを調べます。(場合によります)

そもそも、歯周ポケットとは歯と歯ぐきの間の溝の深さの事でこの溝を測っていきます。

ちなみに、健康な場合は歯周ポケットとは言わず「歯肉溝」「サルカス」と呼びます。

この検査で健康な場合は3mm以下、出血や膿が出たりはしません。



「プロービングと...」の画像検索結果

プロービングでは7つの情報を得られます。
・歯周ポケットの深さ・形態
・歯周組織の抵抗力・炎症の存在
・歯肉の質、形態
・歯根の形態(歯根の湾曲や 根面のグルーブ)
・歯肉縁下プラーク、歯肉縁下歯石の有無と程度
・アタッチメントレベル
・根分岐部病変の有無と程度

と、専門的な言葉で言うと上のようになりますが、
要は「歯ぐきは悪くなっていないかな?」という検査です。


クリックすると新しいウィンドウで開きます

健康な歯肉の場合、歯と歯肉は「付着」というものによってくっついており、このプローブを適正な力で挿入すると、その付着の部分(上皮性付着の部分)で止まります。

また、健康な歯ぐきはピンク色で、炎症も起こしていないため、このプロービングを行っても痛くもありませんし、出血もありません。


歯周病になると、この付着が壊れ、炎症が起こるため、同じ力でプロービングを行ってもお痛みがあったり、出血があったりします。


健康な場合の歯と歯ぐきの関係はこの程度にして、次回から歯周病について細かくお話していきますね。


歯肉について

|
おはようございます。

沢田です。

今回は「歯肉」についてお話します。

一般的には歯茎(はぐき)と呼ばれているもので、歯を取り巻いている歯周組織の1つです。

健康な歯肉はピンク色をしていて、スティップリングという丸くて小さな陥凹が確認されます。

  

以前書きましたが、歯肉は3つに分類されています。

「歯間乳頭」「遊離歯肉」「付着歯肉」です。クリックすると新しいウィンドウで開きます



「歯間乳頭」は歯と歯と間に存在している歯肉です。

この部分の歯肉がなくなってしまうと歯と歯の間に大きく隙間ができたように感じ(ブラックトライアングルといいます)、食べ物がつまったり、発音しにくくなったりすることもあります。


「遊離歯肉」とは、歯と付着していない(くっついていない)辺縁の歯肉を指します。

 辺縁歯肉と呼ばれることもあり、歯肉の最も端の 0.5-2.0mm の部分です。

 付着歯肉とは異なり、歯と歯肉の間に隙間があるため、歯肉溝と呼ばれる構造が形成されています。


「付着歯肉」とは、歯や歯槽骨にしっかりと付着している(くっついている)歯肉を指します。

 歯や歯槽骨に付着していない遊離歯肉とは異なり、非可動性の歯肉です。

唇を動かすと動く部分は、粘膜になります。

「遊離歯肉」と「付着歯肉」の部分は角化しており(粘膜より硬く丈夫です)、角化歯肉とも呼ばれます。

この付着歯肉は歯周組織の健康を維持する上で一定の幅が必要です。

少ない場合、歯のすぐ近くに粘膜がきていることになり、歯ブラシを当てると痛いため、汚れのたまりやすい歯と歯肉の間を綺麗に磨くのが難しくなる場合も多く、プラークコントロールが難しくなります。


歯肉、と一言で言っても、場所によって特徴があるなんて面白いですよね。



タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

↑ PAGE TOP