山形県酒田市の歯医者│沢田歯科医院│予防に重きを置き地域の皆様のお口の健康を守ります

TEL0234-26-4448

休診日:日曜、祝日

山形県酒田市の歯医者|沢田歯科医院ブログでタグ「リスクファクター」が付けられているもの

歯周病のリスクファクター2

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

前回は歯周病のリスクファクターの中でも、局所的(口腔内)のものについてお話しました。
歯周病には全身の健康状態も関わっているため、今回は全身的なリスクファクターについてお話します。

全身的なリスクファクター(生活習慣)にはどのようなものがあるのでしょうか?


・喫煙
タバコの中に入っているニコチンは、血管も収縮し血行不良を引き起こし、免疫力が低下します。
そのため炎症を起こしていても、炎症がわかりにくいうえ、出血も少なく発見が遅れがちです。
さらに免疫力が低下するので歯周病を重症化させます。
また歯周病治療でも喫煙者は禁煙者に比べ、治りが悪いことが証明されています。


ストレス
ストレスが多いと食習慣や歯磨きの習慣が変わってしまうことがあります。

また、歯ぎしりやくいしばりに繋がることもあります。歯ぎしりやくいしばりは歯に過剰な力を加えるため、歯周病の進行を促進してしまうといわれています。

さらにストレスが原因で体の抵抗力が弱まり、歯周病が悪化しやすくなることもあります。


食生活
甘い食べ物、やわらかい食べ物は歯について、とどまりやすく、歯垢が増える原因になります。

さらに不規則な食生活や栄養バランスを欠いた食事は歯や歯ぐきにも悪影響を及ぼします。


糖尿病
糖尿病になると、浸透圧の関係で尿が多く出るため体内の水分が減少して口の中が乾燥しやすくなります。
さらに細菌に抵抗する力が弱まっているので感染症になりやすく、組織を修復する力が低下するため歯周病の進行が速くなると考えられています。
糖尿病に関しては、また詳しくお話します。

以上が全身的なリスクファクターです。

歯周病の直接的な原因はプラーク(細菌)であるため、その細菌を除去することが一番大切ですが、それに加えリスクファクターを無くしていくことも歯周病の治療につながります。

もしわからないこと、ご心配などあればいつでもお聞きください。


「歯周病 フリー ...」の画像検索結果

歯周病のリスクファクター

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

今回は、歯周病のリスクファクターについてお話します。
リスクファクターとは危険因子のことです。

以前もお話したように、歯周病の直接的な原因は歯垢(プラーク)の中の細菌です。
そして歯周病を悪化させてしまう原因として他にも多くの要素が関わっており、それらをリスクファクター(危険因子)と呼びます。


歯周病のリスクファクターには局所的なリスクファクター(口腔内環境)と全身的なリスクファクター(生活習慣)があります。


<局所的なリスクファクター(口腔内環境)>

・歯石
歯垢(プラーク)に唾液中のカルシウムやリン酸などが沈着すると2日程度で歯石になります。

歯石は表面がザラザラしていたり無数の穴があり、歯垢(プラーク)がさらにつきやすくなってしまうため、歯石の周りに細菌が増えていき、歯周病の症状が悪化しやすくなります。

・歯並び
歯並びが悪い部分は歯ブラシが届きにくく、清掃が不十分になりやすいため、歯垢(プラーク)が溜まりやすく炎症が起こりやすくなります。

矯正で歯並びを改善することでセルフケアがしやすくなります。

また、磨き方を工夫したり磨きやすい道具を使用していただきプラークをたまりにくくすることが大切です。


・不良習癖(口呼吸、歯ぎしり、くいしばり)

〈口呼吸〉
口で呼吸するくせがある方は、口の中が乾燥し歯垢(プラーク)が付着しやすくなります。

また、抗菌の役割のある唾液も少なくなるため細菌数が多くなってしまい、さらに歯ぐきの抵抗力も弱くなってしまうため炎症が起こりやすくなります。


〈歯ぎしり、くいしばり〉
歯ぎしりやくいしばりをしているとき、歯には強い力がかかっています。

このような強い力により歯周組織がダメージを受けることを咬合性外傷といいます。

細菌の感染による歯周組織の破壊はこの咬合性外傷によりさらに助長されてしまいます。

歯の周りの組織に過度な負担がかかり歯周病が進行することも防ぐ必要があります。。


・不適合な冠
歯に合っていない詰め物やかぶせものは、適合が悪いため隙間が生じています。

その歯との境目や段差に歯垢(プラーク)が溜まりやすく、炎症が起こりやすくなります。

そのため、不適合な冠は新しくやり直していただいたほうが、プラークのたまりにくい環境に改善することができます。


・唾液量が少ない
唾液が少ないと口の中が乾燥し歯垢(プラーク)がつきやすくなります。

また、唾液の抗菌作用も減少するためお口の中の細菌が増えてしまいます。


以上が、局所的なリスクファクター(口腔内環境)になります。

矯正で歯並びを改善するとプラークがたまりにくくなるため、虫歯や歯周病の予防に大きく関わってきます。

このようにお口の中の環境を変えることも、歯周病の予防に有効です。

次回は全身的なリスクファクター(生活習慣)についてお話します。



「歯周病 フリー」の画像検索結果

タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

↑ PAGE TOP