山形県酒田市の歯医者│沢田歯科医院│予防に重きを置き地域の皆様のお口の健康を守ります

TEL0234-26-4448

休診日:日曜、祝日

山形県酒田市の歯医者|沢田歯科医院ブログでタグ「インプラント」が付けられているもの

抜歯した後に補う方法(インプラント)

|
こんばんは。

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。


前回までは保険で行える方法の、ブリッジと入れ歯についてお話ししました。

今回はインプラントについてお話しします。

インプラントとは、顎の骨に歯の根の代わりになる金属を埋め込み、その上に土台を立てて被せる方法です。

最大のメリットは、周りの歯に影響することなく、歯を抜いた部分を補えるということです。

保険で行うブリッジの場合は、隣の歯が健康だとしても削る必要があり、その歯の虫歯のリスクや歯周病のリスクが上がります。
入れ歯の場合も、違和感が大きかったり、隣の歯にバネをかけるため、悪影響が出てしまいます。

また、自分の歯のように違和感がなく噛める、というのもメリットです。

インプラントのデメリットは、
保険が使えないため、高額になること。
治療期間が長くなること。
治療後のケアができていないとインプラント歯周炎になってしまうこと
などがあげられます。


沢田歯科医院では、インプラントの専門のドクターにお願いしているため、そのあたりの心配も少なく済むと思います。


インプラントができない場合もあるため、なにかご質問などあれば、専門の先生に治療相談することもできます。

なにか聞きたいことなどあれば、お声掛けください。



抜歯した後に補う方法

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

前回は、歯を抜いた後に放置したらどうなるかをお話ししました。

では、歯を抜いた後はどのようにその部分に歯をつくっていくでしょうか?


保険で治すとすると2つ方法があり、
・ブリッジ
・入れ歯
があります。

自費(一般)で治す場合は3つ方法があり、
・ブリッジ
・入れ歯
・インプラント
があります。

抜いた(無い)本数によってもブリッジができなかったり、
顎の骨の状態や身体的な問題があり、インプラントができない場合もあるため、
細かくはドクター、スタッフへ聞いてみてください。

まずはブリッジについてお話します。

ブリッジとは、抜歯した歯の両隣の歯を削り、型取りをして作り、セメントでつけるものです。


メリットは、入れ歯に比べて、違和感が小さいことです。
セメントでくっつけるため、食事後や夜間に外す、という必要もありません。

デメリットは、抜いた両隣の歯を削らなければいけないことです。
神経のある歯を削ると麻酔が切れた後に冷たいものがしみることが多く起こり、
症状がきつい場合は神経をとらなければいけない場合もあります。
また、削っていない歯と比べると、虫歯や歯周病になるリスクが上がります。

見た目が銀歯になるか、白いものになるかは、歯の位置によっても変わります。
また、自費の場合いは素材もいろいろ種類があるためそれによってもお値段は変わってきます。

次回は入れ歯についてお話します。



おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

今回は残せない歯を抜歯した後に放置した場合はどうなるか、ということについてお話します。

親知らずなど、噛み合わせに関わっていない歯を抜いた場合はそのまま放置する場合がほとんどです。
噛み合わせに関わっている歯の場合は、抜いた後は、
ブリッジ、入れ歯、インプラントなどで補います。

この違いは「噛み合わせに関わっているかどうか」ですが、なぜでしょうか?

「噛みにくくなるから、」もちろんその理由もあります。
意外と1本くらいは無くてもても噛めるんです。

歯は、上下の歯が噛むことによってその高さにとどまっています。
抜歯をして噛む歯がなくなると、歯が下がってきます。
見た目は歯が長くなってしまったように見えます。

そうなると
・噛み合わせに影響が出るため、他の歯の噛み合わせも悪くなる。
・歯が下がり、将来的に入れ歯やインプラント、ブリッジなど入れるスペースがなくなる。
・歯が下がることによって隣の歯との隙間が大きくなり、虫歯や歯周病のリスクが上がる。

などがあり、抜歯して何年かは問題ないかもしれませんが、将来的にみるとしっかりと噛み合わせを作ってあげることが大切になります。


次回から、抜歯した部分を補う方法についてお話しますね。

虫歯の治療8

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。


前回までは歯を残せる場合の治療についてお話してきました。
今回からは、残念ながら抜歯が必要になった場合のお話をします。

抜歯の原因にはいろいろありますが、
・歯周病が進んでしまった
・虫歯が深くまで進んでしまった
・歯が折れてしまった

主にはこのような原因があげられます。


以前もお話した通り、歯周病は症状なく経過するため、噛んで痛かったり、ぐらぐらするのがひどくなった時には抜歯せざるを得ない、ということが多いです。

虫歯が原因で抜歯となる場合は、ほとんどが神経をとった歯でおこります。
神経をとった歯は虫歯になってもしみたり、痛みが出ることが少ないため、気づくことなく進行してしまうことが多くあります。

このように、ご自身で普通に生活をしていても気づかなく歯を失ってしまうこともあるため、
定期的な検診が歯を守ることに繋がります。


歯を失ってしまった場合は、その部分を補うために、
・ブリッジ
・入れ歯
・インプラント
があります。

もし、歯を失ってそのまま放置した場合はどうなってしまうのでしょうか。

次回、またお話しします。



歯根膜とは

|
こんにちは。

沢田です。

今回は「歯根膜」についてお話します。

歯の中にある神経(歯髄)とはまた別に、歯の根っこの周りには歯根膜という組織があります。
神経をとった歯であっても、歯根膜に細菌が感染したり、機械的な刺激や強い力が加わると、炎症反応が起こり、歯根膜炎になって痛みが出ることがあります。


歯根膜は歯槽骨(歯を支えている骨)と歯根のセメント質との間にある薄い膜のことです。
歯と歯槽骨をつなぐという役割のほかに、硬さや柔らかさを判断し、かみごたえを感じる役割や、歯に伝わる咬合力を調整する役割もあります。 
歯は噛むことでかなりの衝撃を受けますが、この歯根膜がクッションのような役割をして歯や周りの骨を守ってくれているのです。


最近ではインプラントの症例も多くなってきていますが、インプラントにはこの歯根膜はないため、天然歯(自分の歯)に勝るものはないといえます。


歯根膜はとても敏感で髪の毛のような細い糸が口に入っただけの小さな刺激すら感じ取ることができます。
それほど敏感な歯根膜なので、炎症を起こすと、噛むと痛い、歯が浮いた感じがする、といった症状が出てきます。

「歯根膜」の画像検索結果



タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

↑ PAGE TOP