山形県酒田市の歯医者│沢田歯科医院│予防に重きを置き地域の皆様のお口の健康を守ります

TEL0234-26-4448

休診日:日曜、祝日

山形県酒田市の歯医者|沢田歯科医院ブログでタグ「むし歯」が付けられているもの

歯周病と関節リウマチ1

|
こんにちは!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

今回は「関節リウマチと歯周病」についてお話しします。

関節リウマチは免疫の異常が背景にあって起こる全身疾患です。
関節リウマチと歯周病とは双方の関係性があり、歯周病の人は関節リウマチを発症しやすく、関節リウマチの人は歯周病になりやすいことがわかっています。

関節リウマチは免疫の異常が背景にあって起こる全身疾患です。
免疫とは細菌やウイルスなど外から入ってくる異物から体を守る、非常に重要な生体防御システムです。
その働きの基本は自分(自己)と自分でないもの(非自己)を見分けることにあり、非自己と判断したものを攻撃します。
ところが、何らかの原因で自分の中にもともとあるもの(自己)を異物(非自己)だと見誤って攻撃してしまうことがあります。
これを自己免疫異常と言い、関節リウマチの場合では関節を取り巻いている「滑膜」がその標的になります。
異物だと間違って認識された滑膜には炎症細胞が集まり、攻撃が始まります。
滑膜に炎症が起こると、関節は赤く腫れあがって熱を持ち、痛みを生じます。
これが関節の炎症です。
炎症のかたまりが関節を構成している軟骨や骨をむしばんでいくと関節は本来の形が壊れ、変形していしまいます。
こうした関節破壊が進行すれば、元の状態に戻すことはできなくなります。
このような免疫の働きが自分自身を攻撃してしまう全身性の自己免疫疾患には、関節リウマチのほかに、シェーグレン症候群や全身エリトマトーデスなど、比較的若い女性に多く発症する病気もあります。
一般にこれらを総称して「膠原病」と呼んでいます。

関節リウマチの症状は、手の指や足の指のような小さな関節から起こることが一般的です。
女性の場合は、炎症を起こしている関節が腫れて指輪が入りにくくなったり、朝の家事や身支度の時に手のこわばりや痛みが続いて気付くことも多く、はじめは1か所だけだったのが、徐々に複数の関節に症状が及ぶようになります。
必ずということではありませんが、典型的な関節リウマチの患者さんでは関節症状は左右対称に現れます。
このほか微熱、倦怠感、貧血、骨がもろくなる(骨粗鬆症)といった全身症状を伴うことがあります。
微熱や気だるさが長く続いて、色々と検査をしたら関節リウマチだったということも少なくありません。
さらに肺や皮膚、目、心臓、血管、腎臓、消火器など様々な臓器に関節外病変が現れることもあります。

また日々の生活での注意として、痛みが強い場合には痛みのある関節に負荷をかけないことが大切です。
例えば、日常的にパソコンを使うなら手関節に負荷がかからないようにクッションをおく、荷物を持つときには手で持つよりも、大きな関節である肘や方にかけるといった工夫をするといいでしょう。
ただし、痛みがあるからと言って関節を動かさないでいると、筋肉が弱まるだけでなく、筋肉と骨を結び付けている腱も短縮してしまい、関節の可動域が損なわれて動かなくなってしまいます。
炎症が悪化しない程度のストレッチなどで関節の動く範囲を保たせ、筋肉の衰えを予防することも大事です。

次回続きをお話しします。

口腔ケアとメタボリックシンドローム

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

今回はメタボリックシンドロームと口腔ケアについてお話しします。


メタボリックシンドロームとは、肥満をきっかけに動脈硬化のリスクが相乗的に高まっている状態をメタボリックシンドロームと言いいます。
メタボリックシンドロームの診断基準のうち、陽性項目が多い人は、歯周病のリスクが高まるという報告があります。

メタボリックシンドロームってなに?
 資質や糖質の多い食習慣、運動不足といった生活習慣を続けていると、徐々に内臓の周囲に脂肪(内臓脂肪)が蓄積していきます。
過剰となった内臓脂肪からは炎症物質などが放出されるようになり、その結果、インスリン抵抗性(インスリンの効きが悪くなり血糖値が下がりにくくなる)が引き起こされて血管の状態が悪化し、動脈硬化の危険因子となる糖尿病や脂質異常症、高血圧症などが重複して生じるようになります。
こうした内臓肥満をきっかけに動脈硬化のリスクが相乗的に高まったいる状態をメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)といいます。
 メタボリックシンドロームの診断基準は、内臓脂肪の蓄積の程度を見る「ウエスト(へその高さ)の周囲径」に加え、「血中脂質値」「血圧」「血糖値」のうち2つ以上が一定の数値を超えることが条件となります。

メタボリックシンドロームになるとどういう症状が出るの?
 メタボリックシンドロームはそれだけの状態であれば基本的には無症状です。
しかし、放置すると糖尿病や脂質異常症をはじめとした代謝性疾患や、高血圧症を発症し、ひいてはそれらを基盤として発症する冠動脈疾患(虚血性心疾患)、脳血管障害(脳卒中)などを引き起こす可能性が高くなります。
つまり、重症化するまで自覚症状がないことが一番の危険であり、症状がない間にも動脈硬化は着々と進んでいるのです。
・冠動脈疾患(狭心症、心筋梗塞など):運動負荷時の息切れ、胸痛
・脳血管障害(脳梗塞、脳出血など):四肢の麻痺、構音障害
・糖尿病の合併症:失明(糖尿病網膜症)、手足のしびれ(糖尿病神経障害)、むくみ全身倦怠感(糖尿病腎症)
・その他の血管の病気:歩行した時の足の痛み(抹消動脈疾患)激しい足先の痛みと腫れ(痛風)


このように、症状はなくても放っておくと様々な健康への害があります。

次回はメタボリックシンドロームの予防や、口腔ケアとの関連についてお話しします。



口腔ケアと認知症

|
こんにちは!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。


前回は認知症についてお話ししました。
今回もその続きについてお話しします。

認知症は予防できるのでしょうか?
認知症を予防するには、生活習慣病(糖尿病、高血圧、脂質異常症)の改善が大切です。
特に、糖尿病の有無は認知症との関連が大きいと言われています。
糖尿病の人は血管性認知症に約2.5倍、アルツハイマー型認知症に約1.5倍なりやすくなります。
このほか、バランスのとれた食事、適度な運動習慣、禁煙なども有効です。
アルコールの是非については意見が分かれるところですが、大量の飲酒やおつまみだけの食事になることでビタミンB1不足になると、ウェルニッケ脳症(意識障害や眼球運動の異常などが現れます)を発症して認知症になることがあります。
また、アルツハイマー型認知症の人が脳梗塞を併発した、肺炎になった、転倒して足を骨折したなど、病気やけがを合併すると認知症はどんどん悪くなります。
動けていた時は気付かなかった脳の変化が、骨折をきっかけに表面化しやすくなります。
日常の過ごし方としては、一人でぼんやりする時間を減らし、人と話したり、体を動かしたりすることが大事です。
刺激の多い生活をできるだけ心がけましょう。


◎口腔ケアと認知症
高齢になると歯や口の機能が低下し、それがさまざまな病気を引き起こす要因になります。
認知症もその一つです。
噛むことが脳の活性化につながることは知られていますが、歯の喪失はアルツハイマー型認知症のリスクを高めることも明らかになっています。
歯を失う主な原因は歯周病とう蝕です。
中でも歯周病は糖尿病と密接な相互関係にあることに注目です。
歯周病の人は糖尿病が重症かしやすく、逆に糖尿病の人は歯周病が重症化しやすくなります。
認知症と糖尿病も同じような関係性にあることを考えると、歯周病で糖尿病が悪化することによって認知症も増悪するという悪循環に陥る可能性があるのです。
最近では、国立長寿医療研究センター、名古屋市立大学などの研究グループによって、血液を介して脳内に入り込んだ歯周病原因菌がアルツハイマー型認知症の原因の一つであるアミロイドβ蛋白を増やし、認知症を悪化させることがわかってきました。
認知症においても歯周病予防や歯の喪失防止はとても重要なのです。


このように、口腔ケアは認知症への予防にも大きく関わります。

定期的な口腔ケアをご希望の方はご連絡お待ちしています。

口腔ケアと認知症

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

今回からは認知症についてお話しします。


認知症は、後天的な理由で起こる脳の機能障害です。
認知機能が不可逆的に低下し、生活がしづらくなります。
噛むことが脳の活性化につながることは知られていますが、歯周病やう蝕(むし歯)による歯の喪失は、アルツハイマー型認知症のリスクを高めることも明らかになっています。

認知症は後天的な理由で起こる脳の機能障害です。
生まれ変わった脳の発達障害などとは異なり、脳の神経細胞が死ぬことでそれまで正常に保たれていた認知機能が不可逆的(元に戻ることがない)に低下し、生活がしづらくなる状態をいいます。
認知症にはいくつかタイプがあり、「アルツハイマー型認知症」「血管性認知症」「レビー小体型認知症」「前頭側頭型認知症」が4大認知症といわれています。
このうち最も多いのが全体の7割り近くを占めるアルツハイマー型認知症です。
次いで約2割の血管性認知症、そしてレビー小体型認知症が含まれる例があることがわかり、その割合は変化しつつあります。
このほか、アルコール性認知症、正常圧水頭症、慢性硬膜下血腫などの疾患による認知症などがあります。

認知症になると、脳ではタイプによって下のような変化が起きています。

「アルツハイマー型認知症」
主な症状は、物忘れです。
脳内にアミロイドβなどのたんぱく質が蓄積して脳の神経細胞が壊れ、脳全体が萎縮する病気です。
緩やかに進行するのが特徴。
物忘れから始まり、徐々に介助を要したり意思を伝えられない状態になります。

「血管性認知症」
主な症状は、障害を受けた部位によって症状はさまざま。
脳梗塞や脳出血などの病気によって酸素が脳に運ばれなくなり、一部の神経細胞が死滅する。
脳血管に変化が起こるたびに急激に悪くなり、段階的に進行します。
中には脳全体の細かい血管が傷んでしまい、認知機能が徐々に低下するタイプ(ビンスワンガー病)もあります。

「レビー小体型認知症」
主な症状は、幻視、パーキンソン症状、睡眠時の異常行動
レビー小体というたんぱく質が大脳皮質に広がり、認知症や神経症状、幻視などさまざまな精神症状を引き起こします。
症状に変動性があり、調子が悪いときと悪い時の差が激しいです。
急激に進行することもあります。

「前頭側頭型認知症」
主な症状は、人格の変化、無関心、無気力、感情の抑制が効かない、などがあります。
タウやTDP-43などのたんぱく質の蓄積などによって、脳の前頭葉や側頭葉の神経細胞が徐々に萎縮していきます。
発症率は低いですが、万引きなどの反社会的行動や人格の変化から症状が始まることがあります。


次回は認知症の続きのお話をしていきます。

オーラルケアと全身疾患

|
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

今回から、お口のケアに関係する全身の病気についてお話します。

・脳卒中
・糖尿病
・認知症
・メタボリックシンドローム
・狭心症、心筋梗塞
・関節リウマチ

についてお話しします。


今回は「脳卒中」についてお話しします。

脳卒中は、突然発症する脳血管の病気の総称です。
歯周病との関連も注目されており、歯周病やう蝕(むし歯)を放置することで、感染性心内膜炎を招いたり、細菌性脳槽脈瘤を作ることがあります。
細菌性脳動脈瘤は、脳内の細い血管にできやすく、脆く破裂して、くも膜下出血を起こしやすくなります。

脳卒中にはいくつかタイプがあり、
?血管が詰まる「脳梗塞」
?血管が切れる「脳出血」
?主に脳動脈瘤が破裂して起こる「くも膜下出血」の大きく3つに分けられます。

その主な原因になるのが「動脈硬化」です。
動脈硬化とは、動脈内壁に傷がつき、それを修復しようと炎症細胞が集まることで、血管の壁が厚みを増していく現象をいいます。
動脈硬化が起こると、おかゆのような物質や血管の内側が徐々に細くなったり、血管が詰まりやすくなったりします。
また、血管の壁が厚く硬くなって血液が流れにくくなるため、それに打ち勝とうとして心臓が頑張り、血圧を上げます。

この状態で、
髪の毛より細い血管がつまってしまうと→脳梗塞
血圧の上昇に血管が耐え切れなくなると→脳出血
が起こります。
ただし、動脈硬化は血管壁に均一に起こるわけではありません。
ところどころ血管の壁に薄い部分ができ、そこに血流の圧力がかかると風船のように膨らんで動脈瘤という「こぶ」ができます。
この脳の動脈瘤が破裂すると→くも膜下出血 となります。

脳卒中の代表的な症状には次のようなものがあります。

脳梗塞の場合
片側の手足の麻痺やしびれ、ろれつが回らない、言葉が出ないなどの症状が多く、痛みが出ることはほとんどありません。

脳出血の場合
脳梗塞と同じような症状がみられたりしますが、症状がより重度で、意識障害を伴うことも。収縮期血圧gあ200mmHgを超える高血圧や、嘔吐、けいれん発作などの随伴症状が現れることもあります。

くも膜下出血の場合
ハンマーで殴られたような突然の激しい頭痛が最大の特徴で、嘔吐したり、意識がもうろうとしたりすることも多いです。頭痛や嘔吐を伴い、食欲が落ちて食事がとれない場合は要注意です。

以下のような脳梗塞の「前兆」にも注意が必要です。
脳梗塞の場合、一次的に症状が現れ、多くは数分から数十分で元に戻る前触れ発作がおこることがあります。これを「一過性脳虚血発作」といいます。
放っておくとそのあとに脳梗塞を発症する危険が高いので、できるだけ速やかに病院を受診しましょう。

長くなりましたので、次回もう少し脳卒中についてお話しします。


虫歯と歯周病の違い

|
こんにちは!
酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

先日、読んだ記事にこんなことが書いてありました。

サンスターが全国の30代・40代の男女500人に対して行なった歯周病に関する調査によれば、歯周病の認知率は9割以上の92.0%だった。
 しかし、歯周病認知者460名を対象に、歯周病とむし歯の違いに関して質問したところ、約6割の56.0%の人が、違いを理解していないと回答。
ほとんどの人が、歯周病という言葉そのものは知っているにも関わらず、歯周病について正しく理解されていないことがわかった。

こんな記事でした。



ということで、今回は「むし歯と歯周病の違いについて」お話します。 


歯周病もむし歯も細菌が原因で起こることは同じですが、それぞれ異なる細菌が主原因となります。

むし歯の原因となる菌は歯の表面で酸を出し,歯を溶かしていくのに対し、
歯周病は歯周プラーク(歯垢)の中の歯周病菌が歯と歯のすき間に入り込み、歯周病菌が増殖することで、ハグキに炎症を起こし、徐々にその炎症が歯の周りの組織を破壊していきます。
歯周病菌は多かれ少なかれすべての人のお口の中に存在しますが、すべての人が歯周病にかかっているというわけではありません。
歯周病が発症するかどうかは、歯周病菌と、歯周病菌から身体を守ろうとする生体防御機能とのバランスが関わっています

むし歯の場合は、神経が残っていれば、冷たいものがしみたり、何かしらの症状があることが多いです。
それに対し、歯周病は痛みなどの自覚症状がなく進行するので、別名Silent Disease(静かに進行する病気)と呼ばれ、症状が進行すると歯を支える骨(歯槽骨)を溶かし、やがて歯が抜けてしまう原因にもなります。
つまり、無自覚のうちに進行し、症状を自覚したころに、歯医者に駆け込んでも手遅れ、歯を抜かざるを得ない状況に。なってしまうことが多いのです。
歯が抜けると好きな食べ物が食べにくくなり、生活の質(Quality of Life)が低下します。
手遅れになる前に予防することが大切です。
歯が抜け始めるのが50 代から急増するのは30 代?40 代で歯周病にかかっていることに気づかずに、見過ごしてしまうことが影響していると考えられます


歯周病は単にお口の中だけの病気ではありません。
現在では、歯周病と全身の関連性が注目されており、特に歯周病と糖尿病の関係性はよく知られています。
そのほかにも、動脈硬化、関節リウマチや誤嚥性肺炎や低体重児出産への影響、また骨粗しょう症、認知症と歯周病との関連も報告されています。
このように、歯周病は、口内だけの問題ととらえず、全身の健康を守るためにも重要であるという認識が必要です

歯周病を予防する際に、最も大切なことは日々のプラーク(歯垢)除去です。
ハブラシによるブラッシングだけでなく、歯間清掃具を使ったプラーク(歯垢)の除去が効果的です。
歯間のプラークの除去率は、ブラッシングだけでは61%ですが、フロス、歯間ブラシを追加すると85%にまで高まるとも言われています。

歯みがきの際は、殺菌効果や、抗炎症効果、血行促進効果のある歯磨剤を用いることも有効です。
また、自宅でのセルフケアに加え、定期的に歯科医院で専門的なクリーニングを受けることも極めて重要です

50代以降の方にとったアンケートによると、日ごろからケアしておけばよかったと思う体の部位の第一位が「歯」なのです。
手遅れになる前に、普段からのケアで健康な日々を目指しましょう。

沢田歯科医院では、保険治療で毎月クリーニングを受けたり、フッ素を塗ってただくことが可能です。(できない場合もあります。)
もしご興味をお持ちでしたら、ご連絡ください。


タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

↑ PAGE TOP