山形県酒田市の歯医者│沢田歯科医院│予防に重きを置き地域の皆様のお口の健康を守ります

TEL0234-26-4448

休診日:日曜、祝日

院内設備の最近のブログ記事

滅菌とは

| | トラックバック(0)
おはようございます!
 
酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

前回、医院の滅菌についてお話しました。

そもそも、「滅菌」とはどのようなものでしょうか?

菌を滅すると書きますが、このような言葉には 
滅菌・殺菌・消毒・除菌・抗菌・減菌 という種類があります。

それぞれ、実際に何が違うのでしょうか?


<滅菌>
ここでの「滅」は、「全滅」の滅であり、滅菌といえば意味的には菌に対しては最も厳しい対応、ということになります。
つまり、すべての菌(微生物やウイルスなど)を、死滅させ除去することで、日本薬局方では微生物の生存する確率が 100万分の1以下になることをもって、滅菌と定義しています。
?しかし、これは現実的には、人体ではあり得ない状況(たとえばヒトの手を滅菌するには、人体の細胞ごと殺さなければならないことになる)で、器具などの菌に対しての用語だと考えられています。

<殺菌>
これは、文字通り「菌を殺す」ということを指しています。
細菌を死滅させる、という意味ですが、この用語には、殺す対象や殺した程度を含んではいません。
?このため、その一部を殺しただけでも殺菌といえる、と解されており、厳密にはこの用語を使う場合は、有効性を保証したものではない、ともいえます。
?また、この「殺菌」という表現は、薬事法の対象となる消毒薬などの「医薬品」や、薬用石鹸などの「医薬部外品」で使うことはできますが、洗剤や漂白剤などの「雑貨品」については、使用できないことになっています。

<消毒>
物体や生体に、付着または含まれている病原性微生物を、死滅または除去させ、害のない程度まで減らしたり、あるいは感染力を失わせるなどして、毒性を無力化させること、をいいます。
?消毒も殺菌も、薬事法の用語です。
一般に「消毒殺菌」という慣用語が使われることもあり、消毒の手段として殺菌が行なわれることもあります。
ただし、病原性をなくする方法としては殺菌以外にもあるので、滅菌とも殺菌とも違うという意味で、使い分けがされています。

<除菌>
物体や液体といった対象物や、限られた空間に含まれる微生物の数を減らし、清浄度を高めることをいう、とされています。
これは、学術的な専門用語としてはあまり使われていない言葉ですが、法律上では食品衛生法の省令で「ろ過等により、原水等に由来して当該食品中に存在し、かつ、発育し得る微生物を除去することをいう」と規定されています。
?いろいろな商品で、この性能を訴求する商品もたくさん出てきており、除菌の方法も洗浄やろ過など、各分野でさまざまな意味づけが行なわれたり、それぞれ程度の範囲を示している、と考えられます。
?たとえば、洗剤・石鹸公正取引協議会が定義する除菌とは、「物理的、化学的または生物学的作用などにより、対象物から増殖可能な細菌の数(生菌数)を、有効数減少させること」で、この細菌にはカビや酵母などの真菌類は含まれません。

<抗菌>
これも、近頃では幅広い商品に謳われるようになりましたが、「抗菌」とは「菌の繁殖を防止する」という意味です。
経済産業省の定義では、抗菌の対象を細菌のみとしています。
JIS 規格でその試験法を規定していますが、抗菌仕様製品では、カビ、黒ずみ、ヌメリは効果の対象外とされています。
?菌を殺したり減少させるのではなく、繁殖を阻止するわけですが、これも対象やその程度を含まない概念です。

<減菌>
微生物を特に限定せずその量を減少させる、という意味で、「消毒」と同じように器具・用具などについて使われることがあります。

歯科医院で言われる「滅菌」はこの中でも一番基準の厳しいものです。
歯医者さんである、オートクレーブ、という機械でも滅菌は可能ですが、患者さんの歯を削るときやクリーニングのときに使用するタービン、コントラ、ストレートハンドピースの機械の中までしっかりと滅菌できるものではありません。
沢田歯科医院で導入している「DAC ユニバーサル」であれば、内部までしっかりと滅菌可能で、
患者さんに安心で安全な治療を提供できます。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

医院の滅菌対策

| | トラックバック(0)
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

今回は、患者さんの歯を削るときに使う器具の滅菌についてお話します。

2014年5月の新聞記事や様々なマスコミの報道により、日本の歯科における感染対策、滅菌について関心が高まってきていると感じています。

そのときの記事では、安心で安全な医療を提供してほしいという国民の要求が非常に高まっている、歯を削るときに使う道具(タービン、ハンドピース)の滅菌を行っている歯科医療機関は3割しかないという調査結果でした。

沢田歯科医院では、歯科用の最新型のオートクレーブ滅菌器であるドイツ製シロナ社の
「DAC Universal」 [ダック・ユニバーサル]を導入しています。

歯を削るときや歯のクリーニングに使う道具(タービン、ハンドピース)を完全に滅菌できる優れものです。
この滅菌器のすごい所は「DAC Universal」一台で、タービン、コントラ、ストレートハンドピース(歯を削る機械)を、精製水や電解水を用いて、機械の内部、外部の洗浄し、内部まで完全滅菌し、しかもオイル注油ができること。
これは世界初です。

さすがに、滅菌対策では、日本よりも遙かに厳しいヨーロッパ基準の滅菌器です。

さらにはバックフラッシュというこの器械独自の工程があり、機械内部にいたるまでの厳密な滅菌(完全にすべての菌を死滅させる滅菌)を一気に行えるという優れものです

現在、日本の多くの歯科医院で使用されているオートクレーブでは、コントラやタービンに入り込んだ血液や唾液の除去や滅菌を完全に行うことができません。

ダックユニバーサル当医院では「DAC Universal」を使用することにより、より安心な歯科治療を受診していただけるようになりました。


カートリッジに、滅菌するタービン類を差し込んで、スイッチを押すと、自動でスーと沈んでいきます。
そして、洗浄から、滅菌、注油まで、約17分程度。
その後、自動で、スーと上がってきます。
これなら、患者さんの治療が終わった後、すぐに滅菌作業に入れます。

一般的なオートクレーブだと、洗浄、滅菌、注油で一時間以上かかってしまいます。
しかも、内部まではきれいにならない。

大きな違いです。


患者さんの治療ごとに、内部まで綺麗になった必要な器具を使用できます。

驚くほど、タービンの表面もきれいに洗浄、滅菌されています。 

電解水を作り出す機械もあり、その電解水を用いて、DACユニバーサルにで滅菌を行っています。

精確な調査はありませんが、現在の日本では、患者さんごとにタービンの滅菌を行っている歯科医院は、10数パーセントしかありません。

しかも、タービンの内部まで、完全に滅菌できる機械は限られていて、通常の滅菌器具では性能的に無理でした。


滅菌しているかどうかは、目に見えるものではありませんし、手間とコストばかりかかってしまいますが、何より大切なのは、「安心、安全な治療をおこなうこと」「自分が受けたい治療をすること」です。


安心して治療を受けに来てくださいね。



滅菌処理と衛生管理

| | トラックバック(0)

2014年、読売新聞の記事で「歯を削る機器7割使いまわし、院内感染懸念」という記事が掲載されました。とても悲しい記事でした。


沢田歯科医院では、歯ブラシも含めた医療用品はディスポーザブル(使い捨て)を使用し、それ以外の器具に関しても、薬液処理後、オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)を使用しての滅菌処理を行っております。院内感染を防止するための徹底した滅菌対策を実施しています。歯科用の最新型のオートクレーブ滅菌器であるドイツ製シロナ社の「DAC Universal」 [ダック・ユニバーサル]を導入しています。タービン(歯を削る機械)を完全に滅菌できる優れものです。滅菌対策では、日本よりも遙かに厳しいヨーロッパ基準の滅菌器です。

u7865.jpg

患者さんに安心して通っていただけるよう、沢田歯科医院では、徹底した衛生管理体制を整えています。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち院内設備カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはその他です。

次のカテゴリは矯正治療です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

↑ PAGE TOP