山形県酒田市の歯医者│沢田歯科医院│予防に重きを置き地域の皆様のお口の健康を守ります

TEL0234-26-4448

休診日:日曜、祝日

小児歯科の最近のブログ記事

乳歯の隙間について2

| | トラックバック(0)
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

前回は乳歯の隙間はあったほうが、永久歯の歯並びがよくなりやすい、とお話しました。

しかし、気をつけていただきたい隙間もあります。

「上唇小帯異常」というものです。

上唇小帯とは、「上唇の真ん中から前歯の間に向かって伸びているすじ」をさします。

「上唇小帯」の画像検索結果

小さい頃は、歯に近い位置にありますが、成長とともに歯から離れた位置に移動していきます。

誰にでもありますが、
  • 前歯(主に乳歯)が磨きにくく、歯ブラシが あたると痛がる
  • 永久歯の間にすじが入り込み、前歯の隙間があいてしまう。

など、じゃまになるようなものを上唇小帯異常としています。


「上唇小帯」の画像検索結果 


このように、前歯の歯と歯の間まで伸びていて、隙間が空いている場合は注意が必要です。

乳歯の時期であれば、このような隙間が見られても、様子見で大丈夫です。

これからのからだの成長・発育に伴い顔の3次元的(たて、よこ、奥行き)な成長・発育もあり、小帯の付着位置が相対的に変化します。

つまり、鼻の下の歯槽骨のたての成長に伴い、小帯の長さは変わらないのでだんだんと上方(正常)に近い位置に変化することが多いので、直ちに切除して付着位置を修正しなければならないことはありません。

永久歯が萌出してくる6歳位まで様子を見て、それでも位置が歯に近い状態にあるときには、口腔外科で小帯を切除するか、相談していただいたほうが良いでしょう。



乳歯の時期の隙間について

| | トラックバック(0)
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

今回は患者さんに聞かれることのある「乳歯の時期の隙間は大丈夫か?」ということについてお話します。


生後半年くらいを過ぎると、乳歯が生え始めてきます。

大体始めに生えてくるのは下顎中切歯(一番前の歯)で、始めこの位置で大丈夫?と心配されることもありますが、他の歯がはえてくると揃ってきます。

2歳-3歳前後になると乳歯が生えそろい、大体隙間がなく揃ってきます。
乳歯列期に隙間がないと永久歯になると並ぶスペースが足りないため、叢生(デコボコ、乱ぐい歯、八重歯)になりやすいのですが、この時期はまだ揃っていても大丈夫です。

5歳を過ぎ、6歳くらいになり、永久歯に生え変わるころになると少し歯と歯の間に隙間が出てきます。

この隙間は必要な隙間で、顎の成長によるもので、永久歯の生える準備が進んでいることを意味しています。
この時期に全く隙間が出来てこないと、永久歯に生え変わった際に叢生になる可能性があります。


乳歯に比べ、永久歯の大きさは大きいため、この隙間がないと生えるスペースがなく、正常な位置に永久歯が生えることができず、歯並びが悪くなります。


「乳歯 歯並び 隙...」の画像検索結果


顎の骨が成長する時期は、しっかりと噛むことで顎の成長を促し、綺麗な歯並びを目指しましょう。


歯並びが綺麗であれば、汚れもたまりにくい環境をつくることができたり、歯に過剰な力をかける可能性を小さくすることもできます。

将来、虫歯や歯周病になりにくく、また歯の破折を防ぎやすくこともできます。

お子さんのお口の健康のためにも、しっかりと気をつけてあげましょう。



おはようございます! 

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

今回は、生え変わりの時期によくみられる歯ぐきの腫れについてお話します。

この時期に起こる腫れを「萌出性歯肉炎」と言います。

歯の生え始めに歯ぐきの形態が変化することで、歯垢(プラーク)が付着したり食べカスが残ってしまうために、歯ぐきが腫れたりむず痒くなったりしてしまう症状を起こします。
これは第一大臼歯(6歳臼歯)が生えてくる6?7歳でよく発症しますが、第二大臼歯(12歳臼歯)が生えてくる12歳頃にもみられることがあります。
歯は生え始めてから生え終わるまでに期間がかかり、その間は部分的に歯ぐきに被われている状態が続くことや、咬み合わせの面には深い溝があり、歯垢(プラーク)が残ることが原因となります。

この歯肉炎は一時的のことで、歯がしっかりと生えてくると自然に治まってきます。
治療は、基本的には歯の周りを洗浄をし、様子をみます。
症状を繰り返す場合もありますので、その際には盛り上がった歯ぐきを切除したり、抗生剤を投薬することもあります。

「萌出性歯肉炎 ...」の画像検索結果


しかし、炎症を起こさせないことが良いのはもちろんです。
これはいかに清潔に保つかが大事です。
歯ブラシが届きにくく、しかも歯ぐきに一部が被われている部位であり、しっかりと掃除するのはとても難しい環境です。
ぜひ、保護者の方が仕上げ磨きをしてあげてください。


なにかわからないことなどあれば、いつでも来院してください。


虫歯の予防(シーラント)

| | トラックバック(0)
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

前回、「生えたての永久歯は虫歯になりやすい」とお話しました。

なぜかというと生えてきたばかりの歯は

「溝が深いため、汚れがたまりやすい」
「歯の表面が粗いため歯垢がつきやすい」
「歯質が未成熟で酸に弱い」
「歯並びが凸凹しやすいためみがき残ししやすい」 からです。

今回お話する「シーラント」は「溝が深い」というリスクを減らすものです。

フッ素配合のレジン、グラスアイオノマーセメントという素材で歯の溝を埋めることで、食べカスや汚れが溝に入らないようにして虫歯を防ぎます。
この処置は保険適用です。

シーラントを行うタイミングは、奥の永久歯が生え始めた時が目安になります。
生えたばかりの永久歯は歯質や、背が低く磨きにくいため、初期虫歯になりやすいという特徴があるため、シーラントをすることで虫歯を遠ざけることができます。

しかし、歯の溝を埋めるシーラントですが、永久的に溝を埋めるものではありません。
そのため、まだ大人になる前に取れてしまうこともあります。
定期検診などでチェックしてもらい、必要があれば処置を施してもらうようにしましょう。


クリックすると新しいウィンドウで開きます


おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

乳歯が永久歯に生え変わるときに注意したほうがいいことについてお話します。



<乳歯の虫歯は放置しない>

「乳歯は抜けるから虫歯になっても大丈夫でしょう?」と言われることがあります。
たしかに、その歯のことだけを考えればそう考えられるかもしれません。
しかし乳歯が虫歯になり状態が悪くなると、通常の抜ける時期に比べ、早く抜けてしまいます。
乳歯が虫歯などで早期に抜くようなことになると、そのスペースに周りの歯が動いてきてしまい、後に生えてくる永久歯のスペースがなくなり、歯並びに影響する場合があります。
乳歯の虫歯もしっかり治療しておきましょう。


クリックすると新しいウィンドウで開きます

<生えたての永久歯は虫歯になりやすい>
生えかわり期にはお口の中に「乳歯」と「永久歯」が混在します。
「永久歯」は「乳歯」よりも黄色味を帯びていて、前歯の先端はギザギザしています。
また生えてきたばかりの「永久歯」は、奥歯のかみ合わせの溝が深いのも特徴です。
生えたての永久歯は、「歯の表面が粗いため歯垢がつきやすい」、「歯質が未成熟で酸に弱い」さらに、「歯並びが凸凹しやすいためみがき残ししやすい」という特徴があります。
生えてきたばかりの永久歯を虫歯にしないためにも、みがき残しには特に注意が必要です。
さらにフッ素配合ハミガキを使い、歯科医院でのフッ素塗布をするなど、積極的に虫歯予防を行いましょう。


<歯並びに影響するクセに注意する>

「頬づえ」や「爪かみ」のクセを長く続けると、歯並びに影響することがあるのをご存知でしょうか?

自分で改善できるものについては、教えてあげ、クセがなくなるようにしたほうが歯並びが悪くなる可能性を小さくすることができます。

また、片方の顎ばかり使って食べ物をかむ「片がみ」のくせは、顔の形や歯並びにも影響する場合があるため、これにも注意は必要です。


歯並びを綺麗にすることは、お口のお掃除をしやすくし、汚れがたまりにくい環境をつくることができます。

生え変わりの前の、乳歯の時期からしっかりと管理してあげることは大切です。

わからないことなどあれば、いつでもご相談ください。




このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち小児歯科カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは歯の病気です。

次のカテゴリは予防です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

↑ PAGE TOP