山形県酒田市の歯医者│沢田歯科医院│予防に重きを置き地域の皆様のお口の健康を守ります

TEL0234-26-4448

休診日:日曜、祝日

コロナウイルスのワクチン接種と歯科治療のタイミング

| | トラックバック(0)
こんにちは!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

新型コロナワクチンが少しずつ進んできました。
医療関係者から始まり、現在は高齢者にも接種が進んできていますね。

そのため、「ワクチン接種後の抜歯に関してのタイミング」を聞かれる機会があります。

本日はワクチン接種と歯科治療についてお話します。

現在接種されている、ファイザー、モデルナワクチンはmRNAワクチンという種類です。

コロナウイルスの情報のみを取り出し、ヒトの細胞にその情報を読み込ませて抗体を作らせるという、新しい技術が使われています。



通常の歯科治療(抜歯などお薬をのむ必要のない治療)

ワクチン接種後でも、通常の歯科治療は可能です。
麻酔をする場合でも、局所麻酔がほとんどなので、全身に影響を及ぼすことは少ないかと思います。
しかし、ワクチン接種後の副作用による発熱、だるさがある方もいらっしゃると思います。
その心配があったり、実際そのような場合はキャンセルしていただいたほうがいいかと思います。
その場合は早めのご連絡をお願いいたします。


抜歯やお薬が必要となる治療

抜歯を行うと、身体の免疫系が働き、細菌の侵入を防ぐ働きをします。
また、ワクチン接種当日は、抗菌薬や鎮痛薬を服用していない方が望ましい、といわれています。

日本口腔外科学会の「mRNA COVID-19ワクチン接種と口腔外科手術のタイミングについて」を参考にすると、

ワクチン接種1週間前は局所麻酔による抜歯はしないほうが好ましい。
ワクチン接種後は3日以上あけて抜歯を行うのが好ましい。

とあります。

エビデンスはなく、緊急性のある治療に対しては上記に関係なく行うべき、とも書いてありました。


また質問などありましたらいつでもご連絡お待ちしております。

お口のお掃除もしっかりして、感染対策をしっかり行い、気を付けましょう!






トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: コロナウイルスのワクチン接種と歯科治療のタイミング

このブログ記事に対するトラックバックURL: https://sawadadental.net/mt/mt-tb.cgi/117


このブログ記事について

このページは、sawadadental.netが2021年8月16日 17:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「歯周病と関節リウマチ2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

↑ PAGE TOP