山形県酒田市の歯医者│沢田歯科医院│予防に重きを置き地域の皆様のお口の健康を守ります

TEL0234-26-4448

休診日:日曜、祝日

奥歯のつめもの(型どりするもの)

| | トラックバック(0)
おはようございます!
酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

前回までは、被せるタイプのものについてお話ししました。

今回は、神経を残せている歯で、一部分の型どりが必要なものについてお話します。




種類は
・e-max
・ジルコニア
・ゴールド
・銀歯

から選んでいただけます。

保険でできるものは 銀歯
自費のものは e-max、ジルコニア、ゴールド です。

それぞれの特徴です。

<銀歯>
保険の銀歯。
長所
・健康保険が適用できる 
短所
・プラーク(歯の汚れ)が つきやすく虫歯の再発・歯周病 になりやすい
・金属レルギーになる可能性が ある
・色が目立つ 

<e-max>
白いセラミックのもの。
長所
 ・ツルっとしていてプラーク(歯の汚れ)がつきにくい
 ・金属アレルギーにならない
 ・自然で透明感のある色 
短所
・欠けることがまれにある 

<ジルコニア>
白くて丈夫なジルコニアという材料のもの。
長所
 ・ツルっとしていてプラーク(歯の汚れ)がつきにくい
 ・金属アレルギーにならない
・硬い
短所
・欠けることがまれにある(白いものの中では一番丈夫です)

<ゴールド>
金合金でつくられるもの。
長所
・歯によくなじむので虫歯の再発の 可能性が低い
・金は薄くても割れる恐れが少ない ため歯を削る量が少なくてすむ 
・金属アレルギーになりにくい 
短所
・色が目立つ (銀歯と同じくらいです)


かみ合わせの強い方、金属アレルギーの方、残っている歯の量、によっても
おすすめするものは変わってきます。

なにかありましたら、ご相談にのりますので、ご連絡ください。





トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 奥歯のつめもの(型どりするもの)

このブログ記事に対するトラックバックURL: https://sawadadental.net/mt/mt-tb.cgi/91


このブログ記事について

このページは、sawadadental.netが2019年8月29日 10:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「被せ物の種類(奥歯)2」です。

次のブログ記事は「虫歯の治療8」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

↑ PAGE TOP