山形県酒田市の歯医者│沢田歯科医院│予防に重きを置き地域の皆様のお口の健康を守ります

TEL0234-26-4448

休診日:日曜、祝日

2019年2月アーカイブ

おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。



今月より、当医院は、「かかりつけ歯科機能強化型診療所(か強診)」に厚生労働省より認定されました。

かかりつけ歯科機能強化型診療所(か強診)とは、
平成28年4月より新設された制度で、特定の基準や条件を満たし、厚生労働省の認定を受けた歯科医院のことです。


認定を受けた歯科医院では、今まで保険適応外となっていた予防のための処置を保険内で行えるようになりました。
それにより、患者さんの費用負担が大きく軽減され、長期的に継続した口腔メンテナンスを行いやすくなりました。
費用負担軽減=継続して通いやすくなったということです。


かかりつけ歯科機能強化型診療所(か強診)になったことで、患者さんへのメリットは
・軽度の虫歯(Ce)へのフッ素塗布を、毎月保険で行える。
  →か強診でない場合、3ヶ月に1回しか保険ではできませんでした。
   酒田市の中学生までのお子さんは毎月無料で行えます。
保険診療での歯周病のメインテナンスが毎月できるようになりました。
  →か強診でない場合、3ヶ月に1回しか保険ではできませんでした。




かかりつけ歯科機能強化型診療所(か強診)になるための施設基準は

・歯科医師が複数名いる、または予防やメンテナンスを常勤の歯科衛生士が1名以上いる
・医療安全対策・高齢者の口腔機能管理に係る研修を受けた常勤の歯科医師がいる
・今まで、訪問歯科診療、歯周炎のメンテナンス、補綴物の維持管理を行った実績がある
・AEDや酸素、血圧計、救急蘇生薬剤などの対応できる設備や体制が整備されている
・地域の、保健医療サービスや福祉サービス、緊急時の連携している保険医療機関がある
・感染症等の防止のため、十分な衛生管理体制や設備が整っている
(滅菌機器、使い捨て器具・空気洗浄機(口腔外バキューム)など)

この基準を満たし、かかりつけ歯科機能強化型診療所(か強診)として認定されている医院は全国でも10%ほどと言われています。

当院では、これからも地域の皆様の、かかりつけ歯科医院としてお口の健康を守っていきたいと思います。
痛くなる前の定期検診・ケアを推奨しています。お気軽にご相談下さい。



虫歯の治療6

| | トラックバック(0)
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

今回も前回の続きのお話をします。

抜髄、感染根管治療ともに、神経が入っていた管を綺麗にする処置が終わった後は、
根管充填を行います。

根管充填とは、神経の変わりになる材料を、神経が入っていた管に入れる治療です。

この材料自体に抗菌性などはありませんが、この材料を入れていない場合に比べ、
また細菌の感染が起こりにくくなります。


根管充填後は、材料がしっかり入っているかを確認しするためにレントゲンを撮り、
問題がなければ根の治療が終わりとなります。


以前もお話しましたが、根の治療を始めると、痛みは消えることが多くなり、
治療の途中で来院の途絶える方がいますが、
根の治療を終え、被せ物が入るまでしっかり通院していただかないと、
虫歯が進行し、残せたはずの歯を抜かなければいけなくなる、となることもあります。

お痛みがなくなっても、最後まで通っていただくことが大切です。

なにかわからないことなどあれば、いつでもご質問ください。


このアーカイブについて

このページには、2019年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年1月です。

次のアーカイブは2019年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

↑ PAGE TOP