山形県酒田市の歯医者│沢田歯科医院│予防に重きを置き地域の皆様のお口の健康を守ります

TEL0234-26-4448

休診日:日曜、祝日

2019年1月アーカイブ

虫歯の治療5

| | トラックバック(0)
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

前回は、「抜髄」についてお話しました。
今回は「感染根管処置」についてお話します。


感染根管処置とは、細菌が歯髄(神経)に到達後、根管壁の象牙質に及んでいる場合、その根管を感染根管と言います。
根の先まで細菌が進み、根の先に病巣ができる、根尖性歯周炎を伴う事が多いです。

感染根管の状態になるには、次の2つの経路が考えられます。
?歯髄が細菌に感染し、歯髄が死んでしまい(歯髄壊死)感染根管となる。
?根管治療が終わり、根管充填したが、一定期間後に再び根管が細菌感染する。

抜髄とは違い、感染が起きてしまっているため、治るのにも時間と回数がかかります。

また、感染根管治療は治療をして100%治るとも限らず、難しい治療となります。
治療をしても治りが悪い場合は抜歯となります。

神経をとる治療になる前に、定期的な検診で予防しましょう。

虫歯の治療4

| | トラックバック(0)
おはようございます!

遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願い致します。


ブログは前回の続き、「神経の処置」についてお話します。

神経の治療には「抜髄」、「感染根管治療」があります。
今回は神経が残っている歯の神経の処置「抜髄」についてお話します。

「歯髄」の画像検索結果

歯の中には神経「歯髄」があります。
虫歯が神経まで進行したり、何かしらの原因で神経の状態が悪くなると、
何もしていない状態でも歯が「ズキズキ」と痛くなります。

神経まで虫歯が進んでしまった場合、神経をとる治療となります。

1.麻酔をし、上の面から削って穴をあけ、神経をとります
2.神経が入っていた管(根管)をきれいにする
3.神経に変わる薬(材料)をいれる

おおまかにこのようなステップがあります。

また、歯の神経の治療(歯の根の治療)は、
・根の先は細く、直視できない
・根が曲がっていたりすると治療の器具が届きにくい、届かない場合がある

などの理由で、どうしても回数がかかってしまう治療です。

「根管治療」の画像検索結果
 
神経をとると強い痛みがなくなるため、治療に来なくなる患者さんもいますが、
この後の治療をしっかり完了させずにいると、いずれまた痛みが出てくることがあり、
最悪の場合、抜歯をしなければいけなくなります。

神経をとって痛みがなくなっても、しっかり最後まで治療を終わらせることが大切です。

このように、虫歯が神経まで進んでしまうと、治療回数、期間もかかるうえに、
痛みが強いときは麻酔も効きにくくなるため、
普段からの定期検診で、ここまで虫歯を進行させないことが大切です。



このアーカイブについて

このページには、2019年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

↑ PAGE TOP