山形県酒田市の歯医者│沢田歯科医院│予防に重きを置き地域の皆様のお口の健康を守ります

TEL0234-26-4448

休診日:日曜、祝日

器具の滅菌について

| | トラックバック(0)
こんばんは!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。


今回は、患者さんの歯を削るときに使う器具の滅菌についてお話します。

2014年5月の新聞記事や様々なマスコミの報道により、日本の歯科における感染対策、滅菌について関心が高まってきていると感じています。

そのときの記事では、安心で安全な医療を提供してほしいという国民の要求が非常に高まっている、歯を削るときに使う道具(タービン、ハンドピース)の滅菌を行っている歯科医療機関は3割しかないという調査結果でした。

沢田歯科医院では、歯科用の最新型のオートクレーブ滅菌器であるドイツ製シロナ社の
「DAC Universal」 [ダック・ユニバーサル]を導入しています。

歯を削るときや歯のクリーニングに使う道具(タービン、ハンドピース)を完全に滅菌できる優れものです。
この滅菌器のすごい所は「DAC Universal」一台で、タービン、コントラ、ストレートハンドピース(歯を削る機械)を、精製水や電解水を用いて、機械の内部、外部の洗浄し、内部まで完全滅菌し、しかもオイル注油ができること。
これは世界初です。

さすがに、滅菌対策では、日本よりも遙かに厳しいヨーロッパ基準の滅菌器です。

さらにはバックフラッシュというこの器械独自の工程があり、機械内部にいたるまでの厳密な滅菌(完全にすべての菌を死滅させる滅菌)を一気に行えるという優れものです。

現在、日本の多くの歯科医院で使用されているオートクレーブでは、コントラやタービンに入り込んだ血液や唾液の除去や滅菌を完全に行うことができません。

当医院では「DAC Universal」を使用することにより、より安心な歯科治療を受診していただけるようになりました。


カートリッジに、滅菌するタービン類を差し込んで、スイッチを押すと、自動でスーと沈んでいきます。
そして、洗浄から、滅菌、注油まで、約17分程度。
その後、自動で、スーと上がってきます。
これなら、患者さんの治療が終わった後、すぐに滅菌作業に入れます。

一般的なオートクレーブだと、洗浄、滅菌、注油で一時間以上かかってしまいます。
しかも、内部まではきれいにならない。

大きな違いです。


患者さんの治療ごとに、内部まで綺麗になった必要な器具を使用できます。

驚くほど、タービンの表面もきれいに洗浄、滅菌されています。 

電解水を作り出す機械もあり、その電解水を用いて、DACユニバーサルにで滅菌を行っています。

正確な調査はありませんが、現在の日本では、患者さんごとにタービンの滅菌を行っている歯科医院は、10数パーセントしかありません。

しかも、タービンの内部まで、完全に滅菌できる機械は限られていて、通常の滅菌器具では性能的に無理でした。


この「DAC Universal」を導入しているのは、庄内地方で4台と言われています。


滅菌しているかどうかは、目に見えるものではありませんし、手間とコストばかりかかってしまいますが、何より大切なのは、「安心、安全な治療をおこなうこと」「自分が受けたい治療をすること」です。


安心して治療を受けに来てくださいね。



こんばんは。

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。


前回までは保険で行える方法の、ブリッジと入れ歯についてお話ししました。

今回はインプラントについてお話しします。

インプラントとは、顎の骨に歯の根の代わりになる金属を埋め込み、その上に土台を立てて被せる方法です。

最大のメリットは、周りの歯に影響することなく、歯を抜いた部分を補えるということです。

保険で行うブリッジの場合は、隣の歯が健康だとしても削る必要があり、その歯の虫歯のリスクや歯周病のリスクが上がります。
入れ歯の場合も、違和感が大きかったり、隣の歯にバネをかけるため、悪影響が出てしまいます。

また、自分の歯のように違和感がなく噛める、というのもメリットです。

インプラントのデメリットは、
保険が使えないため、高額になること。
治療期間が長くなること。
治療後のケアができていないとインプラント歯周炎になってしまうこと
などがあげられます。


沢田歯科医院では、インプラントの専門のドクターにお願いしているため、そのあたりの心配も少なく済むと思います。


インプラントができない場合もあるため、なにかご質問などあれば、専門の先生に治療相談することもできます。

なにか聞きたいことなどあれば、お声掛けください。



こんばんは。

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

前回はブリッジについてお話ししました。
今回は入れ歯についてお話しします。

入れ歯は大きく分けて二つに分かれます。
・全部床義歯(フルデンチャー)
・部分床義歯(パーシャルデンチャー)
です。

字の通り、全部床義歯は歯がすべてなくなってしまった場合に入れる入れ歯です。
部分床義歯は、歯(歯冠)が1本でも残っている場合に入れる入れ歯です。

ブリッジに比べた利点は
・抜いた歯の隣の歯を大きく削らなくてもすむ。
・長時間、お口を開けていなくても済む。

欠点は
・違和感が大きい。
・ブリッジに比べて噛みにくい。
・抜いた歯の隣の歯や反対側にバネが必要(保険外のものはバネなしにできる場合もあります)
・バネをかけている歯に負担がかかる。
・夜寝るときは基本的に外さなければならない。

です。


入れ歯にもいろいろ種類があるため、また詳しく説明しますね。

なにかわからないことがあれば、スタッフ、ドクターにお声掛けください。

次回はインプラントについてお話しします。

抜歯した後に補う方法

| | トラックバック(0)
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

前回は、歯を抜いた後に放置したらどうなるかをお話ししました。

では、歯を抜いた後はどのようにその部分に歯をつくっていくでしょうか?


保険で治すとすると2つ方法があり、
・ブリッジ
・入れ歯
があります。

自費(一般)で治す場合は3つ方法があり、
・ブリッジ
・入れ歯
・インプラント
があります。

抜いた(無い)本数によってもブリッジができなかったり、
顎の骨の状態や身体的な問題があり、インプラントができない場合もあるため、
細かくはドクター、スタッフへ聞いてみてください。

まずはブリッジについてお話します。

ブリッジとは、抜歯した歯の両隣の歯を削り、型取りをして作り、セメントでつけるものです。


メリットは、入れ歯に比べて、違和感が小さいことです。
セメントでくっつけるため、食事後や夜間に外す、という必要もありません。

デメリットは、抜いた両隣の歯を削らなければいけないことです。
神経のある歯を削ると麻酔が切れた後に冷たいものがしみることが多く起こり、
症状がきつい場合は神経をとらなければいけない場合もあります。
また、削っていない歯と比べると、虫歯や歯周病になるリスクが上がります。

見た目が銀歯になるか、白いものになるかは、歯の位置によっても変わります。
また、自費の場合いは素材もいろいろ種類があるためそれによってもお値段は変わってきます。

次回は入れ歯についてお話します。



おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

今回は残せない歯を抜歯した後に放置した場合はどうなるか、ということについてお話します。

親知らずなど、噛み合わせに関わっていない歯を抜いた場合はそのまま放置する場合がほとんどです。
噛み合わせに関わっている歯の場合は、抜いた後は、
ブリッジ、入れ歯、インプラントなどで補います。

この違いは「噛み合わせに関わっているかどうか」ですが、なぜでしょうか?

「噛みにくくなるから、」もちろんその理由もあります。
意外と1本くらいは無くてもても噛めるんです。

歯は、上下の歯が噛むことによってその高さにとどまっています。
抜歯をして噛む歯がなくなると、歯が下がってきます。
見た目は歯が長くなってしまったように見えます。

そうなると
・噛み合わせに影響が出るため、他の歯の噛み合わせも悪くなる。
・歯が下がり、将来的に入れ歯やインプラント、ブリッジなど入れるスペースがなくなる。
・歯が下がることによって隣の歯との隙間が大きくなり、虫歯や歯周病のリスクが上がる。

などがあり、抜歯して何年かは問題ないかもしれませんが、将来的にみるとしっかりと噛み合わせを作ってあげることが大切になります。


次回から、抜歯した部分を補う方法についてお話しますね。


↑ PAGE TOP