山形県酒田市の歯医者│沢田歯科医院│予防に重きを置き地域の皆様のお口の健康を守ります

TEL0234-26-4448

休診日:日曜、祝日

歯周病と関節リウマチ2

| | トラックバック(0)
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。
暑くなってきましたが体調はいかがですか?
暑くなり、体力が落ちると歯ぐきが腫れやすくなったりしやすくなります。
何か気になることがあればいつでもご連絡ください。

今回は、前回の続きで関節リウマチについてお話します。


関節リウマチの予防、改善はできるのでしょうか?

関節リウマチには、いまだこれが原因と特定されるものがなく、いくつもの要因から複合的に起こると考えられています。
その中でポイントとなるのが遺伝要因と環境要因です。
関節リウマチは遺伝病ではありませんが、両親、祖父母など血縁者に関節リウマチの人がいる場合、なりやすさを受けついている可能性があります。
ただし、それだけで決まってくるのではありません。
生まれてからのいろいろな刺激(環境因子)が加わって免疫異常を起こしてしまうのです。
現在では、喫煙習慣、歯周病のある人は関節リウマチになりやすいことがわかっており、それらが重なることでさらに発症のリスクが高まると考えたほうがよさそうです。
このほか、細菌やウイルスの感染、腸内細菌の構成にもかかわりがあるといわれており、今なお盛んに研究されています。

口腔ケアと関節リウマチ
関節リウマチと歯周病とは双方の関係性があり、歯周病の人は関節リウマチを発症しやすく、関節リウマチの人は歯周病になりやすいことがわかっています。
歯周病原因菌のPg菌はアルギニンというもともと体内にある蛋白をシトルリンという物質に変化させることで知られています。
それを異物と認識して作られる抗体が、関節リウマチの診断に有用な抗CCP抗体です。
この抗体が体のあちらこちたで、シトルリン化蛋白に対してどんどん炎症反応や免疫異常の反応を引き起こします。
つまり歯周病が原因で免疫異常が引き起こされて、それが関節の炎症に結びついてしまうのです。
逆に、関節リウマチの人が治療薬などで免疫力が低下していれば、容易に歯周病を併発しやすくなります。
また、関節症状が進行すれば歯磨きなどが難しくなり、口腔内の清潔が保たれずに歯周病が悪化することもあります。
さらに関節リウマチではシェーグレン症候群という唾液分泌を低下させる膠原病を合併することもしばしばあり、口腔内衛生が一層保ちにくくなります。
悪循環に陥らないように歯周病は悪化させず、きちんと管理することが大事です。

普段からのメンテナンスをしっかり行い、健康に過ごしましょう!

歯周病と関節リウマチ1

| | トラックバック(0)
こんにちは!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

今回は「関節リウマチと歯周病」についてお話しします。

関節リウマチは免疫の異常が背景にあって起こる全身疾患です。
関節リウマチと歯周病とは双方の関係性があり、歯周病の人は関節リウマチを発症しやすく、関節リウマチの人は歯周病になりやすいことがわかっています。

関節リウマチは免疫の異常が背景にあって起こる全身疾患です。
免疫とは細菌やウイルスなど外から入ってくる異物から体を守る、非常に重要な生体防御システムです。
その働きの基本は自分(自己)と自分でないもの(非自己)を見分けることにあり、非自己と判断したものを攻撃します。
ところが、何らかの原因で自分の中にもともとあるもの(自己)を異物(非自己)だと見誤って攻撃してしまうことがあります。
これを自己免疫異常と言い、関節リウマチの場合では関節を取り巻いている「滑膜」がその標的になります。
異物だと間違って認識された滑膜には炎症細胞が集まり、攻撃が始まります。
滑膜に炎症が起こると、関節は赤く腫れあがって熱を持ち、痛みを生じます。
これが関節の炎症です。
炎症のかたまりが関節を構成している軟骨や骨をむしばんでいくと関節は本来の形が壊れ、変形していしまいます。
こうした関節破壊が進行すれば、元の状態に戻すことはできなくなります。
このような免疫の働きが自分自身を攻撃してしまう全身性の自己免疫疾患には、関節リウマチのほかに、シェーグレン症候群や全身エリトマトーデスなど、比較的若い女性に多く発症する病気もあります。
一般にこれらを総称して「膠原病」と呼んでいます。

関節リウマチの症状は、手の指や足の指のような小さな関節から起こることが一般的です。
女性の場合は、炎症を起こしている関節が腫れて指輪が入りにくくなったり、朝の家事や身支度の時に手のこわばりや痛みが続いて気付くことも多く、はじめは1か所だけだったのが、徐々に複数の関節に症状が及ぶようになります。
必ずということではありませんが、典型的な関節リウマチの患者さんでは関節症状は左右対称に現れます。
このほか微熱、倦怠感、貧血、骨がもろくなる(骨粗鬆症)といった全身症状を伴うことがあります。
微熱や気だるさが長く続いて、色々と検査をしたら関節リウマチだったということも少なくありません。
さらに肺や皮膚、目、心臓、血管、腎臓、消火器など様々な臓器に関節外病変が現れることもあります。

また日々の生活での注意として、痛みが強い場合には痛みのある関節に負荷をかけないことが大切です。
例えば、日常的にパソコンを使うなら手関節に負荷がかからないようにクッションをおく、荷物を持つときには手で持つよりも、大きな関節である肘や方にかけるといった工夫をするといいでしょう。
ただし、痛みがあるからと言って関節を動かさないでいると、筋肉が弱まるだけでなく、筋肉と骨を結び付けている腱も短縮してしまい、関節の可動域が損なわれて動かなくなってしまいます。
炎症が悪化しない程度のストレッチなどで関節の動く範囲を保たせ、筋肉の衰えを予防することも大事です。

次回続きをお話しします。

おはようございます!
沢田歯科医院の沢田です。
前のブログから期間があいてしまいました。

本日は新型コロナウイルスと歯周病についてお話しします。

下記のような記事を見つけました。

新型コロナウイルス感染症で死亡した人から歯周病菌が大量に見つかったという英国発の研究報告が、医療関係者の間で話題になっている。感染予防策では「ワクチン、マスク、手洗い」に加え、「口腔ケア」を取り入れる必要がありそうだ。

 新型コロナウイルス感染症が初めて報告されてから、まもなく1年になります。

今、話題になっているのが7月に英国の医学雑誌にオンラインで公開されたリポートだ。リポートのタイトルは(COVID-19での口腔内細菌の役割)。英国リーズ大学歯学部などの研究チームの報告です。

 新型コロナウイルス感染症の死亡や重症化リスクを高める要因として、これまで言われていた心臓病、高血圧、糖尿病などだけではなく、口腔内細菌(歯周病菌など)も関係しているということです。

 研究チームが新型コロナウイルス感染症で死亡した人を調べると、歯周病菌が大量に見つかりました。口腔内の衛生状態が悪い、つまり口の中が汚れていて歯周病などがある人は、感染した場合に重症化リスクが高まる可能性があることがわかりました

歯周病がインフルエンザの感染リスクを高めることは以前から知られていたが、このリポートによると、新型コロナウイルスでも同じことが言えるそうです。

 歯周病研究の第一人者で日本歯周病学会元理事長の伊藤公一・日本大学名誉教授によれば、「歯周病がウイルスや細菌の感染リスクを高めることは、歯周病研究者や臨床医にとって、"常識"と言えます。多くの論文もあり、古くは100年前のスペイン風邪(インフルエンザ)でも、むし歯や歯周病のある患者はインフルエンザに感染しやすいという報告があるくらいです」。

では、なぜ歯周病がウイルスや細菌の感染を助長するのでしょうか。

伊藤名誉教授によると、主な原因は歯周病菌が出す毒素や酵素、さらに歯周病による歯ぐきの炎症が関係しているといいます。

 「歯周病菌はプロテアーゼという酵素を出しますが、これが粘膜を傷つけてウイルスを侵入しやすくしています。また、歯周病で歯ぐきに慢性的な炎症が起きていると炎症物質(IL-6)が産生され、ウイルスによる感染を促進するのです」(伊藤名誉教授)

 子どもが新型コロナウイルスに感染しにくく軽症や無症状ですむのも、子どもには歯周病がほとんどないことが理由のひとつだといいます。

 日本では、歯周病は20歳代で約7割、30?50歳代は約8割、60歳代は約9割がかかっているとされる「国民病」です。

世界で最も多い感染症としてギネスブックにも登録されているほどで、世界中で流行を繰り返すインフルエンザ患者数よりも多いとされています。

 新型コロナもインフルエンザも歯周病が原因で感染しやすく重症化しやすいなら、口の中を清潔にして歯周病治療や予防をすれば、インフルエンザや新型コロナ感染症予防にもなると考えられそうです。

歯周病が口の中だけの病気ではなく、心臓病、糖尿病、肺炎、認知症、早産、がん、肝炎などの病気のリスクを高めたり悪化させたりすることは、1990年代から知られていました。

 特に心臓病が多い米国では歯周病と心臓病の関係を示す研究も多く、1998年、米国歯周病学会ではいち早く歯周病が循環器系疾患や糖尿病、低体重児出産の大きな危険因子になっていることを発表し、当時大きな反響を呼びました。

 高齢者に多い誤嚥性肺炎が歯周病や口腔内細菌と関係があること、さらに歯科衛生士による口腔ケアで口の中を清潔にするだけで予防できることも、この頃から次第に明らかにされてきています。

誤嚥性肺炎は食物や唾液などを気管から肺に誤って吸い込んでしまい発症する。睡眠中に唾液の誤嚥で起こることが多く、唾液に含まれる細菌やウイルスなどが肺に入って炎症を起こします。

 口腔ケアが不十分で口の中が汚れていると、肺炎を何度も繰り返すことになり、この肺炎で亡くなるのはほとんどが高齢者です。

 災害時の避難所で高齢者が誤嚥性肺炎を起こしやすいのもよく知られています。

被災地では歯みがきが十分できないこともあり口の中の状態が悪化するからだと考えられています。

 誤嚥性肺炎を減らす手段として効果的なのが口腔ケアだ。専門的な口腔ケアで誤嚥性肺炎やインフルエンザの罹患が激減する例が数多く報告されています。

中でも有名なのが、21年前の1999年に「ランセット」誌に発表された米山武義・米山歯科クリニック院長と東北大学医学部の佐々木秀忠教授(当時)らの研究です。

 全国11カ所の高齢者施設で2年間にわたり行われたもので、口腔ケアが高齢者の誤嚥性肺炎を減らす効果があることが実証されました。

この場合の口腔ケアは歯科衛生士による専門的な口腔ケアのことです。

専用の器具などを使って口の中を徹底的にきれいにしています。

 このプロの口腔ケアを行うと高齢者の誤嚥性肺炎が40%減少し、さらに発症しても軽症ですみ、死亡者数も減少、認知症の進行まで抑えられたといいます。

 他にも国内で同様の臨床研究がたくさんあり、たとえば、正しいブラッシングや舌磨きを行うと、インフルエンザ発症率が10分の1に減った例や、歯科衛生士が週1回、口腔ケアや歯のクリーニングを実施したところ、インフルエンザの発症率が87%も減少し、風邪の発症率も24%減少した例などが挙げられます。

もう一つ、感染症予防で忘れてはいけないのが、唾液の効用です。

唾液には天然の抗生物質といわれるラクトフェリンや免疫物質IgA抗体など細菌やウイルスの侵入を防ぐ物質が含まれ、傷ついた粘膜を修復する働きがあります。

また、発がん物質の毒性を消す酵素の存在も確認されています。

 唾液が減少すると口腔内細菌が繁殖しやすく、口の中の粘膜も傷つきやすくなります。

そうなるとインフルエンザや新型コロナウイルスが侵入しやすい環境になってしまいます。

 つまり、唾液が減少して口の中が乾くドライマウスの人は、インフルエンザや新型コロナウイルスに感染しやすいといえます。

 唾液量は年齢を重ねるとともに減少していき、ストレスや生活習慣病、自己免疫疾患(シェーグレン症候群)、薬の副作用なども原因になります。

唾液の分泌を促すには、唾液腺のマッサージや口腔ケアも効果があります。

また、口腔ケアで舌の汚れを落とせば、新型コロナウイルスの感染予防になるということもわかってきました。

 新型コロナウイルスは細胞表面のタンパク質ACE受容体にくっついて細胞に侵入する。このACE受容体は口腔粘膜にも存在しているが、特に舌の表面に多いといいます

 唾液の研究で知られる槻木恵一・神奈川歯科大学副学長は「歯と口の健康シンポジウム2020」(日本歯科医師会主催)で、舌に付く細菌の塊である舌苔(ぜったい)には新型コロナウイルスが感染しやすくなる酵素が大量に存在すると話しています。

 口の中が汚れていて舌苔が多い人は新型コロナウイルスに感染しやすいということになり、逆に、口腔ケアで舌を磨いて舌苔を落とせばこれもまた感染予防につながるわけです。

 新型コロナ感染症やインフルエンザ予防の基本は「ワクチン、マスク、手洗い」とされているが、ここに口腔ケアを加えると効果はより高まると考えられます。

まずは手軽にできる予防から始めてみてはいかがでしょうか。

おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

今回はメタボリックシンドロームと口腔ケアについてお話しします。


メタボリックシンドロームとは、肥満をきっかけに動脈硬化のリスクが相乗的に高まっている状態をメタボリックシンドロームと言いいます。
メタボリックシンドロームの診断基準のうち、陽性項目が多い人は、歯周病のリスクが高まるという報告があります。

メタボリックシンドロームってなに?
 資質や糖質の多い食習慣、運動不足といった生活習慣を続けていると、徐々に内臓の周囲に脂肪(内臓脂肪)が蓄積していきます。
過剰となった内臓脂肪からは炎症物質などが放出されるようになり、その結果、インスリン抵抗性(インスリンの効きが悪くなり血糖値が下がりにくくなる)が引き起こされて血管の状態が悪化し、動脈硬化の危険因子となる糖尿病や脂質異常症、高血圧症などが重複して生じるようになります。
こうした内臓肥満をきっかけに動脈硬化のリスクが相乗的に高まったいる状態をメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)といいます。
 メタボリックシンドロームの診断基準は、内臓脂肪の蓄積の程度を見る「ウエスト(へその高さ)の周囲径」に加え、「血中脂質値」「血圧」「血糖値」のうち2つ以上が一定の数値を超えることが条件となります。

メタボリックシンドロームになるとどういう症状が出るの?
 メタボリックシンドロームはそれだけの状態であれば基本的には無症状です。
しかし、放置すると糖尿病や脂質異常症をはじめとした代謝性疾患や、高血圧症を発症し、ひいてはそれらを基盤として発症する冠動脈疾患(虚血性心疾患)、脳血管障害(脳卒中)などを引き起こす可能性が高くなります。
つまり、重症化するまで自覚症状がないことが一番の危険であり、症状がない間にも動脈硬化は着々と進んでいるのです。
・冠動脈疾患(狭心症、心筋梗塞など):運動負荷時の息切れ、胸痛
・脳血管障害(脳梗塞、脳出血など):四肢の麻痺、構音障害
・糖尿病の合併症:失明(糖尿病網膜症)、手足のしびれ(糖尿病神経障害)、むくみ全身倦怠感(糖尿病腎症)
・その他の血管の病気:歩行した時の足の痛み(抹消動脈疾患)激しい足先の痛みと腫れ(痛風)


このように、症状はなくても放っておくと様々な健康への害があります。

次回はメタボリックシンドロームの予防や、口腔ケアとの関連についてお話しします。



口腔ケアと認知症

| | トラックバック(0)
こんにちは!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。


前回は認知症についてお話ししました。
今回もその続きについてお話しします。

認知症は予防できるのでしょうか?
認知症を予防するには、生活習慣病(糖尿病、高血圧、脂質異常症)の改善が大切です。
特に、糖尿病の有無は認知症との関連が大きいと言われています。
糖尿病の人は血管性認知症に約2.5倍、アルツハイマー型認知症に約1.5倍なりやすくなります。
このほか、バランスのとれた食事、適度な運動習慣、禁煙なども有効です。
アルコールの是非については意見が分かれるところですが、大量の飲酒やおつまみだけの食事になることでビタミンB1不足になると、ウェルニッケ脳症(意識障害や眼球運動の異常などが現れます)を発症して認知症になることがあります。
また、アルツハイマー型認知症の人が脳梗塞を併発した、肺炎になった、転倒して足を骨折したなど、病気やけがを合併すると認知症はどんどん悪くなります。
動けていた時は気付かなかった脳の変化が、骨折をきっかけに表面化しやすくなります。
日常の過ごし方としては、一人でぼんやりする時間を減らし、人と話したり、体を動かしたりすることが大事です。
刺激の多い生活をできるだけ心がけましょう。


◎口腔ケアと認知症
高齢になると歯や口の機能が低下し、それがさまざまな病気を引き起こす要因になります。
認知症もその一つです。
噛むことが脳の活性化につながることは知られていますが、歯の喪失はアルツハイマー型認知症のリスクを高めることも明らかになっています。
歯を失う主な原因は歯周病とう蝕です。
中でも歯周病は糖尿病と密接な相互関係にあることに注目です。
歯周病の人は糖尿病が重症かしやすく、逆に糖尿病の人は歯周病が重症化しやすくなります。
認知症と糖尿病も同じような関係性にあることを考えると、歯周病で糖尿病が悪化することによって認知症も増悪するという悪循環に陥る可能性があるのです。
最近では、国立長寿医療研究センター、名古屋市立大学などの研究グループによって、血液を介して脳内に入り込んだ歯周病原因菌がアルツハイマー型認知症の原因の一つであるアミロイドβ蛋白を増やし、認知症を悪化させることがわかってきました。
認知症においても歯周病予防や歯の喪失防止はとても重要なのです。


このように、口腔ケアは認知症への予防にも大きく関わります。

定期的な口腔ケアをご希望の方はご連絡お待ちしています。


↑ PAGE TOP