山形県酒田市の歯医者│沢田歯科医院│予防に重きを置き地域の皆様のお口の健康を守ります

TEL0234-26-4448

休診日:日曜、祝日

被せ物の種類(前歯)

| | トラックバック(0)
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。


今回は、前歯(犬歯を含む)の被せ物についてお話します。


沢田歯科医院では、前歯の被せ物の種類は5種類から選んでいただけます。

自費のもの
・オールセラミック(ジルコニアレイヤリング)
・オールセラミック
・メタルセラミック
・メタルハイブリッド

保険のもの
・硬質レジン前装冠

の5種類です。



特徴をお話していきます。


・オールセラミック(ジルコニアレイヤリング)
丈夫で白いジルコニアにセラミックを焼き付けたもの
長所
  • 自然の歯に近い美しい色で変色しない
  • 磨耗に強く耐久性に優れている
  • 清潔感が高く、プラーク(細菌)がつきにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
短所
  • かみ合わせによっては欠けることがまれにある
  • 高価

・オールセラミック(e-max)
上のものに比べると透明感(白さ)は強いセラミック
長所
  • 自然の歯に近い美しい色で変色しない
  • 磨耗に強く耐久性に優れている
  • 清潔感が高く、プラーク(細菌)がつきにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 上のもの(ジルコニアレイヤリング)に比べ安価
短所
  • かみ合わせによっては欠けることがまれにある
  • 高価
  • 土台の色が反映されることがある

・メタルセラミック
金属にセラミックを焼き付けたもの
長所
  • 自然の歯に近い美しい色で変色しない
  • 磨耗に強く耐久性に優れている
  • 清潔感が高く、プラーク(細菌)がつきにくい
  • 金属を使っているため、ある程度の耐久性がある
短所
  • 欠けることがまれにある
  • 金属アレルギーになる可能性がある

・メタルハイブリッド
セラミックとプラスチックを混ぜたものを金属につけたもの
長所
  • 保険の前装冠より変色しにくい
  • オールセラミック、メタルセラミックより安価
  • 裏側に金属を使っているため、ある程度の耐久性がある
短所
  • 多少の変色がある
  • 欠けることがまれにある

・硬質レジン前装冠
金銀パラジウム合金の表面にプラスチックを貼り付けたもの
長所
  • 保険適用なため経済的
短所
  • 変色する
  • 歯ブラシでも削れてしまうことがある
  • プラーク(細菌)がつきやすく歯周病になりやすい
  • 金属アレルギーになる可能性がある

このように、同じかぶせ物でも長所、短所があり、見た目も保険のものと自費のものでは全然違います。

詳しくは、またいつでも質問してください。

おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。


前回は土台までのお話をしました。
今回からは被せものちついてお話します。

被せ物にはいろいろな種類があります。

保険適用のもの、自費のもの。
部分によっても違ってきます。

まずは保険のものです。

保険のものには
・レジン前装冠
・プラスチックの被せもの
・FMC(銀の被せ物)

があります。

自費のものには
・オールセラミック
・メタルボンド
・ジルコニア
・ゴールド

があります。

この中に、色が単色のみで作るものや、何層も色を重ねることで歯の自然感を出せるもの、
があります。
それぞれお値段が変わってきます。




次回からまた詳しくお話します。

虫歯の治療7

| | トラックバック(0)
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。



虫歯の治療の続きです。

前回は根管充填についてお話しました。
レントゲンで、神経に代わる材料がしっかりと入っていれば、根の治療は終わりです。


根の治療をした歯は歯の頭の部分(歯冠)に大きく穴を開けて治療しているため、
その部分を材料で置き換えなくてはいけません。

歯の根より上の部分の歯がどのくらい残っているかで、治療法は少し違います。

歯が少ない場合は、型取りをして技工士さんに土台となる部分を作ってもらいます。
この土台を「コア」と言います。

歯が多く残っている場合は、歯に直接土台の材料を入れることができるため、
回数も1回分減らすことができたり、歯を削る料を少なくすることができます。


この根の上の土台ができたら、最後のかぶせ物を作っていきます。


「コア 歯科 フリ...」の画像検索結果


また次回お話しますね。


おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。



今月より、当医院は、「かかりつけ歯科機能強化型診療所(か強診)」に厚生労働省より認定されました。

かかりつけ歯科機能強化型診療所(か強診)とは、
平成28年4月より新設された制度で、特定の基準や条件を満たし、厚生労働省の認定を受けた歯科医院のことです。


認定を受けた歯科医院では、今まで保険適応外となっていた予防のための処置を保険内で行えるようになりました。
それにより、患者さんの費用負担が大きく軽減され、長期的に継続した口腔メンテナンスを行いやすくなりました。
費用負担軽減=継続して通いやすくなったということです。


かかりつけ歯科機能強化型診療所(か強診)になったことで、患者さんへのメリットは
・軽度の虫歯(Ce)へのフッ素塗布を、毎月保険で行える。
  →か強診でない場合、3ヶ月に1回しか保険ではできませんでした。
   酒田市の中学生までのお子さんは毎月無料で行えます。
保険診療での歯周病のメインテナンスが毎月できるようになりました。
  →か強診でない場合、3ヶ月に1回しか保険ではできませんでした。




かかりつけ歯科機能強化型診療所(か強診)になるための施設基準は

・歯科医師が複数名いる、または予防やメンテナンスを常勤の歯科衛生士が1名以上いる
・医療安全対策・高齢者の口腔機能管理に係る研修を受けた常勤の歯科医師がいる
・今まで、訪問歯科診療、歯周炎のメンテナンス、補綴物の維持管理を行った実績がある
・AEDや酸素、血圧計、救急蘇生薬剤などの対応できる設備や体制が整備されている
・地域の、保健医療サービスや福祉サービス、緊急時の連携している保険医療機関がある
・感染症等の防止のため、十分な衛生管理体制や設備が整っている
(滅菌機器、使い捨て器具・空気洗浄機(口腔外バキューム)など)

この基準を満たし、かかりつけ歯科機能強化型診療所(か強診)として認定されている医院は全国でも10%ほどと言われています。

当院では、これからも地域の皆様の、かかりつけ歯科医院としてお口の健康を守っていきたいと思います。
痛くなる前の定期検診・ケアを推奨しています。お気軽にご相談下さい。



虫歯の治療6

| | トラックバック(0)
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

今回も前回の続きのお話をします。

抜髄、感染根管治療ともに、神経が入っていた管を綺麗にする処置が終わった後は、
根管充填を行います。

根管充填とは、神経の変わりになる材料を、神経が入っていた管に入れる治療です。

この材料自体に抗菌性などはありませんが、この材料を入れていない場合に比べ、
また細菌の感染が起こりにくくなります。


根管充填後は、材料がしっかり入っているかを確認しするためにレントゲンを撮り、
問題がなければ根の治療が終わりとなります。


以前もお話しましたが、根の治療を始めると、痛みは消えることが多くなり、
治療の途中で来院の途絶える方がいますが、
根の治療を終え、被せ物が入るまでしっかり通院していただかないと、
虫歯が進行し、残せたはずの歯を抜かなければいけなくなる、となることもあります。

お痛みがなくなっても、最後まで通っていただくことが大切です。

なにかわからないことなどあれば、いつでもご質問ください。


↑ PAGE TOP