山形県酒田市の歯医者│沢田歯科医院│予防に重きを置き地域の皆様のお口の健康を守ります

TEL0234-26-4448

休診日:日曜、祝日

虫歯の治療2

| | トラックバック(0)
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

前回は虫歯の段階(大きさ)についてお話しました。

今回からは虫歯の段階にわけて治療方法を詳しくお話します。



C0

虫歯になりかけの段階です。
この時点では、まだ削る治療はしなくても、フッ素塗布などによる再石灰化により進行を抑えることができる段階です。
詳しくは以前のブログに載せていますので、虫歯にならないような生活習慣を心掛けましょう。

C1

エナメル質が虫歯になっている状態です。
この段階であれば、虫歯の部分を削り、CR(コンポジットレジン)と呼ばれるプラスチックのような白いつめものをするだけで治療できることが多いです。
削っても痛みのない場合が多く、麻酔もせずに治療できます。
この小さい虫歯であれば1回で治療可能なことも多くなります。クリックすると新しいウィンドウで開きます


次回からまた続きをお話します。


虫歯の治療

| | トラックバック(0)
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。


今回からは虫歯の治療についてお話します。

よく、「歯医者の治療は回数がかかるのははんとかなりませんか」と言われることもありますが、虫歯の大きさ(程度)やできた場所にもよるのでなんとも言えません。

もちろん、虫歯の大きさが小さければ1回で終わることもあります。


そのため、まずは虫歯の大きさ(段階)についてお話します。

歯医者さんでの検査や診察の際、「C0・C1」などと早口で言っているのを耳にしたことはありませんか?

これは虫歯の段階を表す歯科用語です。

虫歯の段階はC0-C4まであります。

それぞれの段階と特徴について詳しくご紹介します。

C0

歯の表面のエナメル質だけが、わずかに脱灰している状態です。
歯に穴があいているわけでもなく、痛みもないかもしれませんが、それでも虫歯になりかけている状態ですので油断はできません。

適切な歯磨きやフッ素を塗るなどし、進行を予防しましょう。

C1

エナメル質が脱灰し、歯に浅い穴があいた状態です。
痛みはありませんが、ときどき甘いお菓子を食べた際にしみることがあります。

C2

虫歯がエナメル質を突き破り、象牙質まで達した状態です。
この段階までいくと、冷たい飲み物や甘いお菓子などでしみたり、痛みを自覚し始めます(しないこともあります)。

その部が色が変色していたり、歯がかけたりするため、見た目で虫歯であることが分かります。

C3

虫歯が象牙質を進行し、さらに奥の歯髄(神経)まで達した状態です。

神経が炎症しているため、何もしなくても激しい痛みを伴います。

ここまでくると、ひどい場合は痛み止めをのんでも効かないくらい痛みが続くことがあります。

C4

虫歯によってほとんど歯がなくなってしまっているだけでなく、歯の根っこまで侵されている虫歯の末期の状態です。

歯髄が完全に機能を失っていますので、痛みを感じないかもしれませんが、あくまで痛みを感じないだけであって治ったわけではありません。

状態はさらに悪化し、虫歯菌が血管を通って身体の内部に侵入し、心臓病や腎臓病など重大な病気を引き起こす恐れもあります。


このように、「虫歯」と言っても段階がいくつかあります。

次回から、段階によってどんな治療法がるのかお話していきます。



口臭について4

| | トラックバック(0)
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

前回の続きで、口臭の原因は「舌苔(ぜったい)」も関係しています。
今回は、舌のケアについてお話します。

鏡に向かって「ベーッ!」とやってみてください。

舌の表面が「うっすらと白っぽく見えるピンク色」でなければ要注意です。

「舌苔」という"臭いの素"がまとわりついている可能性があります。


一口に「口臭」といっても、種類は様々です。

歯や義歯の汚れ、歯周病などの歯茎の異常、唾液の分泌量の低下、扁桃腺炎や副鼻腔炎など耳鼻咽喉科領域の疾患、飲食物やタバコの影響などの他、実際には大した臭いが出ているわけでもないのに、「自分の口は臭い」と思い込んでしまう「精神的な口臭」というのもあります。

その中で口臭の原因として大きいものが「舌苔」です。

舌苔とは、舌の表面、特に舌の中央部から奥のほうに多く付着する粘り気のある物質です。

口の中の粘膜から剥がれ落ちた細胞や、食べ物のカス、白血球などの血液成分や細菌によって構成され、揮発性硫黄化合物という、卵が腐ったような悪臭を放つ物質を発生させます。


舌苔は、人によって「できやすさ」が異なります。

たとえば常に口を開けている癖のある人は、口腔内が乾燥するため舌の汚れがこびりついて落ちにくくなります。

ストレスなどによって唾液の分泌量が少ない人も同様です。

また、加齢などで舌の運動機能が低下したり、唾液の分泌が少なくなると、口の中の汚れを落としにくくなり、舌苔も増えてきます。

さらに舌の位置もポイントです。

通常の舌は上あごにくっついているため摩擦によって汚れが落ちていきますが、口呼吸の人や受け口の人などは舌の位置が低く、上あごに擦れることがないため、どんどん汚れが溜まっていきます。


口臭を抑えるためにも、舌をキレイにして舌苔を取り除いてあげましょう。

そのケア方法をご紹介します。


1.適度な舌磨き
専用の舌ブラシを使い、舌苔を落とします。

ポイントは優しく丁寧に行うこと。

まずは鏡を見ながら舌を突き出し、舌苔の範囲を確認しましょう。

そして水に浸した舌ブラシを舌苔の一番奥に当て、軽い力で手前に引いてください。

この時強い力をかけると舌を傷つけてしまい、逆に臭いの原因となるため、あくまで優しく行いましょう。

一度引くごとに舌ブラシを水で洗います。

これをブラシに汚れがつかなくなるまで繰り返しましょう。

キレイに舌苔を落とせるはずです。

ただし、磨きすぎには注意してください。

1日に1回、起床時のみで充分です。


2.薬用マウスウォッシュの使用
舌磨きの時間がない時や、より舌磨き後の仕上げのケアをしたい時などは、殺菌作用のある薬用マウスウォッシュの効果的な使用がおすすめです。

嫌な臭いの元となる細菌を殺菌することができます。

お口が渇きやすい方はアルコールが入っていないものを選ばれるといいと思います。

舌ブラシと併用する場合は、舌磨きの後に行うと効果的です。


このように、お口の中を清潔に保ち、口臭のない生活を送りましょう。

なにか気になることがあればご連絡ください。



口臭について3

| | トラックバック(0)
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

今回は「口臭の予防」についてお話します。


虫歯や歯周病が原因の口臭を防ぐためには、日々の歯みがきが欠かせません。

ただし虫歯や歯周病をしっかり予防しようと思ったら、歯ブラシでの歯磨きでは不十分です。

歯ブラシだけで取り除ける歯と歯の隙間の「歯垢(バクテリアの塊)」は、全体の約60%に留まります。 

そこで有効なのがデンタルフロスです。歯ブラシとデンタルフロスを組み合わせて使用し、正しく使用できれば、80%以上の歯垢を取り除けます。

さらに歯科での定期検診を受けていれば虫歯・歯周病対策は万全です。


ていねいな歯みがきで、虫歯や歯周病を原因とする口臭は予防できますが、口内のバクテリアが食べかすなどを分解して不快なニオイをまき散らす「生理的口臭」の対策としては十分とはいえません。

生理的口臭を防ぐには、餌となる食べかすをゼロに近づけることに加えて、バクテリアの数を抑えることがポイントです。

ところが歯磨きで取り除けるバクテリアは一部にとどまります。

なぜならその多くは「歯」ではなく「舌」に棲みついているからです。

舌の表面には「舌乳頭」という微細な突起が、無数にあります。

この突起と突起の隙間こそが、バクテリアの住処(すみか)です。

ここにバクテリアの餌となる食べかす、剥離した舌の上皮細胞、代謝産物がこびりついてできたものを「舌苔(ぜったい)」と呼びます。

鏡で自分の舌を見てください。舌の表面を白く覆っているものが、舌苔です。

中央がやや白っぽくなっている程度であれば問題はありませんが、もし舌全体が真っ白なら、そこから不快なにおいを発している可能性があります。


次回は舌のケアについてお話します。


口臭について2

| | トラックバック(0)
おはようございます!

酒田市の歯医者、沢田歯科医院の沢田です。

前回に続いて、口臭についてお話します。

ひとくちに口臭と言っても、種類があります。

1、誰にでもある「生理的口臭」
2、飲食物、嗜好品による口臭
3、病的口臭

です。

1、生理的口臭

誰にでもあるにおいで、起床直後(起床時口臭)、空腹時(飢餓口臭)、緊張時(緊張時口臭)は特に口臭は強まります。
これは唾液の分泌が減少し、細菌が増殖して口臭の原因物質である揮発性硫黄化合物(VSC)がたくさん作られるためです。
しかし、歯みがきで細菌やVSCが減少し、食事をしたり、水分を積極的に補給するようにすることで唾液量が増加すれば急激に口臭は弱まります。
したがって生活習慣の改善でよくなり、治療の必要がありません。

また女性の生理・妊娠時などホルモンバランス変化に伴う口臭、乳幼児期、学童期、思春期、成人期、老齢期、それぞれの年代固有の臭気(加齢臭)、民族的な口臭もあります。


2、飲食物、嗜好品による口臭

ネギ、ニラ、ニンニクなとを食べた後の口臭は、口のなかに残った食べかすが直接に追う場合と、体内でしょうか吸収された臭い物質が血液によって運ばれ、やがて肺から呼気として排出されてにおう場合があります。
アルコールも体内で吸収され、肺から揮発性のアルコール成分が排出されるため、お酒を飲んだ人の吐く息はくさくなります。
たばこを吸う人の口のにおいは、主にタールやニコチンです。このような飲食物や嗜好品による口臭は、時間の経過とともに減少する一般的な口臭です


3、病的口臭

鼻やのどの病気、呼吸器系の病気、消化器系の病気、糖尿病、肝臓疾患などが原因で口臭が起こる場合もありますが、病的口臭の90%以上は口の中にその原因があり、歯周病、むし歯(う蝕)、歯垢(しこう)「歯の周りに付く細菌の固まり」、歯石、舌苔(ぜったい)「舌の表面に付くコケ状の細菌の固まり」、唾液の減少、義歯(入れ歯)の清掃不良などがあげられます。

病気の原因を治療することで口臭を減らしたり、治すことができますので歯科医院、病院の診断を受けてください。


このように、原因によって対処法が違います。


気になる方は一度ご相談ください。


↑ PAGE TOP